【何歳からがおすすめ?】グルコサミンを飲むタイミング | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【何歳からがおすすめ?】グルコサミンを飲むタイミング

関節痛になったらグルコサミンということはよく知られていますが、予防のためには何歳くらいから飲むのがいいのでしょうか?また、若いうちにグルコサミンを飲んでもいいのでしょうか?飲むタイミングは?

グルコサミンは何歳からを飲むのが理想なのか?

体内でのグルコサミン生成量を生まれたばかりのときと比較すると、20代ですでに半分まで減ってしまうという説が有力です。加齢に伴う減少率の激しい成分だと言えます。

実際にグルコサミン量の減少を実感し始めるのは、40代が多いと考えられています。50代ではさらに多くなり、飲み始めるなら40歳前後が理想です。

関節が痛くなってからグルコサミンを飲むのも一法なのですが、正直それは手遅れの一面もあります。
それよりも、むしろ予防目的でその成分を含むサプリなどを飲む方がベターな一面があるのです。

関節の痛みは、そもそも生じないに越した事はありません。
痛みが生じてからグルコサミンを飲むより、むしろそれを防げるに越した事は無いでしょう。

ですので上記のような40代後半に到達する少し前に、それを飲み始めるのが良いと思われます。
具体的に言えば、40代前半あたりですね。
働き盛りの年齢になってきた辺りから、それを含むサプリメントを飲むのが良いと思われるのです。

逆に20代などでは、少々早すぎる一面がありますね。
40代にさしかかるタイミングあたりが、一般的には適齢と考えられています。

え?グルコサミンが20代で半分に!?

グルコサミンは50歳になると、ピーク時の5分の1になってしまうそうです。
これでは関節痛になってしまうのは必然のように思えます。
グルコサミンは体内では生成できないので、やはりサプリメントで補って行くのが理想ですね。
グルコサミンを始めるきっかけは関節痛だと思います。
しかし、それでは遅いようですね。

グルコサミンを飲み始める時期については、色々な説があります。
30代からという専門家もいるので迷うところですが、やはり少しでも気になったら飲み始めましょう。

同じ年齢でもグルコサミンの生成量には、かなりの個人差があります。
若いうちから体をよく使ってきた人の方が、グルコサミンは減少しています。
身体を鍛えてきた方こそ、健康なのでは?と思いがちですが、実際には逆で、身体を酷使してきた人の方が、グルコサミンを必要としているのです。

ですので、若いうちに無理をしてきたと感じる方は、少し早目の30代~40代くらいでもグルコサミンの服用を始める人もいます。
これは自分の体との相談になりますね。

体を酷使してきた人こそ早めに予防

確かにスポーツをしている方のほうが健康的に思えます。
しかし、多くのアスリートの方が引退後に関節痛に悩まされているそうです。
それを考えると、若い頃に無理をしてきた方には、30代からのグルコサミンがいいはずです。

若いうちはグルコサミンを摂取しなても良い?

ただ、グルコサミンは成長期に身長を伸ばすために重要だとも言われています。
ですので、目的によっては、早めに飲んでもいいと思います。

グルコサミンを飲む理想は朝昼晩いつ?

グルコサミンは子どものときにはじゅうぶんな量が体の中にありますから、あまり積極的に摂取する必要はありません。

子どもにグルコサミンを与えることによってどんなことが起きるのか、具体的な検証結果というのは実はまだハッキリしていません。

そして、子どもに早いうちからグルコサミンを与えることによって、自分の体の中でグルコサミンを作る働きが弱まってしまう…とも言われています。

そういったことも含め、グルコサミンは必要以上に早い時期から与えることはしない方が良いということですね。

摂取しても良い年齢ですが、やはり体の機能がしっかりと発達した18歳~20歳ごろであれば安心して摂取できるでしょう。

グルコサミンは毎日こまめに継続して摂取すると良い
とされています。

メーカーによって推奨される飲み方が異なり、
朝・昼・夕に分けて飲むようにすすめているところや
夜寝る前に飲むのをすすめているところがあります。

1日分を1回で摂取するよりも、
1日分を3回に分けて摂取することで、
体内でグルコサミンが枯渇する時間を減らすようにできるからです!

ちなみに、グルコサミンの1日の目安量は下記の通りです。

54kg未満は・・・1,000mg
54kg以上・・・1,500mg

過剰摂取しても効果は上がらないそうです。
また、トラブルにもなりますので必要摂取量を守りましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |