気楽にお手入れができる着物ってあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

気楽にお手入れができる着物ってあるの?

着物には様々な種類があります。しかし、中には気楽にお手入れができるものがあるのではないのでしょうか。それは、素材と方法様々でしょう。

着物のお手入れって大変?

「着物のお手入れって本当に大変」なんて言葉を聞かれるのではないのでしょうか。
しかし素材によってはそれほど難しくないようで、また方法によっても楽になる事があるようです。
今回はそういった面を紹介していこうと思います。

予防法

楽しく使った後は

楽しく使った後は

安心ガード加工をおススメします。
安心ガード加工をしておけば、水分が生地に染み込まないため、
雨や汚れに煩わされることなく、お着物を楽しんでいただけます。

ガード加工は絹の繊維一本一本まで薬品を浸透させる事で
高い撥水力を発揮します。お着物本来の風合いや通気性、光沢はそのままで
シミや汚れなどからお着物を守ることができます。
着物でも帯でも、また仕立てあがり品でも加工できます。

やはり着物は湿気が大敵ですからね。気楽にできるでしょう。
(1)日陰干しする
すぐにたたまずに、衣紋掛けに掛けて、日陰に一日ほど干します。陰干しして湿気を取り除くことで、着物の大敵であるカビの予防にもなります。

(2)状態を確認する
汚れが付いていないか、かならず確認をしましょう。

これだけでもだいぶん違ってきます。

部分によっては丸洗いもできます。

長襦袢はパールトーン加工はしていないと思いますので目っ立ったシミなどが無ければ普通に丸洗いで大丈夫です。汗シミなどは付いたときは目立ちませんが時間の経過と共に変質し目に見えるようになりますので、見つけた時には手遅れと言う可能性が高くなりますので、長時間お召しにならずしまっておかれるのなら丸洗いをしてからしまっておかれたほうが安心です。

着物の特性を考えよう

着物は基本的に水洗いは行なわず、ドライクリーニングになります。汗ジミは水によく溶ける特徴を持っています。本来なら水洗いすべき所、絹と言う特性のためドライクリーニングとなります。クリーニングに出しても水洗いを行なったわけでは無いため、後々汗ジミが目立ってくることがあります。汗をかいたときには、必ず汗取りをプラスしてください。
時期や着物の特性によって、ドライクリーニングが主体になる場合があります。それなら絹以外の素材はないのかが気になりますよね。

絹以外の着物ってあるの?

ウールの着物

うちで洗ってる着物は木綿・ウール・ポリエステルのいわゆる「洗える素材の着物」。
なので今回の記事では正絹のお洗濯はありませぬ。アンティーク系正絹着物なんかを
洗いたい方でそういう情報をご期待の方には申し訳なし…私は絹はまだほとんど
洗ったことがないのよね~。「洗濯実験」に回せるような着物もないし。
やっぱし絹は木綿ウールなんかに比べてデリケートな素材。
特に何も考えることなく洗えるのは大きなアドバンテージですよね。
ウールの単はネットにに入れ、おしゃれ着洗いの洗剤(弱酸性)で、一番弱い水流で洗濯する事をお勧めします。

和服のウールは繊維の撚りが強いので、ウールの中では洗濯しても縮みにくい物になります。
洗濯機の水槽は大きいので十分な洗剤液の中で洗えます、汚れはは洗剤の化学の力で落としますので洗濯液が多いことは望ましいことです。

木綿の着物

きれいになりました

きれいになりました

麻はシャワー浴びるついでに着たまま洗濯。はじめて洗う木綿は浴槽でつけおきして様子見 慣れたら手洗場かネットに入れて洗濯機のドライコース。ウール・紬は浴槽つけおき洗い いずれの素材も単衣に仕立てています。羽二重も浴槽つけおき洗いしています。失敗ではありませんが後染の白山紬 部分洗いしたら輪ジミになりましたが全体をつけおきしたら消えました。また細かいシワが出来た着物も二度洗いしたら直りました。
これもお手入れが簡単そうです。
何年か前にテレビで見た、酸素系漂白剤に重曹を入れた染み抜き剤。
久しぶりに作るので配合を確かめるのにネットでぐぐったら、カリスマクリーナーと呼ばれているらしい…
テレビで見たときは1:1だったような気がしたんだけど、ネット情報ではその後重曹1:漂白剤2が
一番効果が高いとか書いてあったので、そんな感じで作ってみた。
染み、取れてた~!

干して乾いたのを見たけれど、どこに染みがあったのか判らなかったくらい

このようにお店に任せなくても、簡単な方法で染み抜きができますし、洗濯ができるのです。ただ注意ししないといけない点もあります。

しかし注意が必要です。

絹のきものとウールのきものを一緒のタンスに入れると、ウールに取りついた虫が、絹にもついてしまいます。絹物とウールは、なるべく別のタンスに保管するようにしましょう。

絹の保管には、防虫剤よりもシリカゲルのような乾燥剤がおすすめです。防虫剤を入れるときには、注意書きを読んで、きものに向いているものを一種類のみにしましょう。

このように、着物はある程度ならば気軽にお手入れができるものです。勿論重度な状態になったら専門のお店に任せる必要はあります。また、絹でなく木綿やウールの着物を活用するとかなりお手入れが楽になります。しかしその時は気を付けて利用してくださいね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |