悪徳弁護士に注意!『過払い金詐欺』『和解詐欺』手口まとめ | キュレーションメディア

悪徳弁護士に注意!『過払い金詐欺』『和解詐欺』手口まとめ

債務整理を行う時に依頼をする先が、弁護士や司法書士ですが、その中に悪徳な事務所が存在します。過払い金を着服したり、色々な手口で詐欺を働いてきます。そんな許すことの出来ない悪徳弁護士の手口とは何でしょうか?過払い詐欺や和解詐欺についてもまとめます。

過払い詐欺

 (9130)

過払い金請求を依頼したところが、悪徳弁護士や司法書士であったというのも詐欺被害の相談として耳にする機会があります。
悪質なところに依頼をしてしまうと
「過払い金を着服された」
「全く依頼したものが進んでいない」
「確認のないまま勝手に過払い金を減額された」
などの事態が発生するおそれがあります。
全員がそうなわけではないですが、こういった問題を起こしている方は、あまり過払い金などの知識もなく、ほとんど事務員任せの50代~60代の年配の先生が多いような気がします。(事件になっているのは概して年配層です。)
実際に電話や面談で相談を行って、「なにかしっくりこないな…」というところには依頼をしないことです。
債務に関する問題について専門家に依頼をして、詐欺を働かれてしまうといったケースがあります。
これは通常ではあり得ないことですが、弁護士にもかかわらず過払い金を着服したりする人がいるのです。
一部の人間だけがそういった詐欺を働いているのですが、弁護士全体の評価を下げていることにもなっていますね。

和解詐欺とその手口

 (9076)

最近は、貸金業者が利用者に返済負担を減らすかのような示談話を持ちかけ、本来払わなくていいお金を払わせる「和解詐欺」も目立つという。
過払い金が出ている利用者に対し、貸金業者が「利息はゼロにしてあげる。元本だけを分割で払ってもらうだけでいい」などと持ちかけ、和解に持ち込んでしまう手口だ。
和解詐欺は、消費者金融側から持ちかけられることの多い詐欺です。
今ある債務の利息をなくすから、過払い請求しないで欲しいと言った手口のようです。
これを、消費者金融などから提案してくると言うのはそれだけ過払い金が多いと言うことです。
そういったことに応じてしまうと、損をする可能性が非常に高まります。
和解という名の、自分たちの利益確保でしかありません。

弁護士が行う手口とは?

 (9078)

弁護士に無料相談をしたところ、依頼をしていないにもかかわらず過払い金の請求を行われ、返還金を着服されていた
弁護士が、実際に返還された返還金よりも少ない金額を債務者へ申告し、差額を着服していた
弁護士やボランティア団体を名乗る者が債務者に債務整理の勧誘を行い、高額の着手金と称する金銭を要求する
過払い金が出ている債務者に対し、貸金業者側が「利息をゼロにする」などと持ちかけ、和解に持ち込む(和解成立後は過払い金を取り戻せる確率が著しく下がる)
弁護士に依頼してもいないのにもかかわらず、その弁護士が勝手に過払い請求をしてそれを着服してしまう、実際の返還金よりも少ない金額を依頼者に申告して残りを着服する。
こんな事のをする弁護士がいるのですからとても残念ですね。

返済が必要と言ってくる

 (9129)

「返済が必要」と偽って着服
払い過ぎの利息があった場合、元金が残っているならまずは元金の返済にあてられます。
その結果、元金(残高)より払い過ぎた利息が大きい場合に、はじめて過払い金が発生するのです。
つまり、過払い金が発生した時点でその借入先への返済はゼロということになりますね。
にもかかわらず、「D社から過払い金50万円が還ってきたので、そこからD社に30万円返済し、残りの20万円をお渡しします」などと話す悪徳弁護士がいます。
必要のない返済を捏造し、過払い金(今回の例では30万円)を着服するケースですね。
過払い金が発生すると言うことは、もう過払い請求している金融機関には債務が無いことです。
なのにもかかわらず、返済金を差し引いてなどと言ってきたらそれは悪徳弁護士です。
こういった手口にも注意しておきましょう。

悪徳弁護士の見抜き方

 (9077)

悪質法律事務所かどうかを見分けるポイントをいくつかあげておきます。

弁護士が一度も直接面談しない。
報酬規程を作っていない。
費用の後払い・分割払いを認めない。
取引履歴や引直計算書のコピーが欲しいと頼んでも渡してくれない。
進行状況を聞いても2週間以上連絡がない。
債務整理を依頼したのに、過払金の回収しか行わない。
依頼者の承諾なしに勝手に業者と和解を進める。
提訴を頼んでも減額和解しか行おうとしない。
業者との和解書のコピーを渡してくれない。
過払金の入金日を聞いても教えてくれない。
過払金を回収しているのに、「途中だから」と過払金を返してくれない。
過払金の回収額、費用、実費の明細書を出さない。

これらに当てはまる事務所は、要注意です。

まず相談をした段階で、まともな弁護士なら費用や仕事にかかる日数などの見積もりを当然してくれるはずです。
その他にも、おかしいなといった行動全ては悪徳弁護士に繋がっている可能性がありますので、要注意です。
過払い詐欺や和解詐欺は、消費者金融側と結託して行っている場合もあります。
おかしいと感じたら、警察などに相談してみるのも良いでしょうね。
詐欺に遭わないように、良い弁護士に相談しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |