ローヤルゼリーって、実際はどのように作られているんでしょう。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ローヤルゼリーって、実際はどのように作られているんでしょう。

健康食品として昔から人気のローヤルゼリー。製品になった物は見たことが有っても、どうやって作られているかを知る人は少ないはず。そこでローヤルゼリーが私達の口に入るまで、どのように作られているのかを調べてみました。

公正取引委員会によって決められた厳密な基準による分類であり、生タイプは「女王蜂を育成するために、みつばちが咽頭腺等を通じ王台中に分泌したもので、移虫後72時間以内に採取したもの」です。
直接採取したそのままのゼリーであり、加熱・乾燥したり、加工をしていないので、ほかの2タイプと比較して、より本来の栄養を損なうことなく摂取することができます。
しかし新鮮なだけに保存が難しく、すぐに品質が低下してしまうために取り扱いに注意が必要です。
乾燥タイプは「生ローヤルゼリーを凍結乾燥その他の方法によって乾燥処理したもの」とされています。
粉末になっており、水分を飛ばしているために長期保存が可能で、取り扱いも生タイプに比べ簡単、持ち運びに便利です。
カプセルにするなど、より飲みやすくなっている商品もあります。
調製タイプは「生もしくは乾燥ゼリーに、乳糖、はちみつなどの調整剤・添加物等を使用して調製したもの(錠剤・カプセルその他剤型品の調製は、品質保全のために必要な場合に限る)であって、生ゼリーの重量が全重量の6分の1以上」と決められています。
生ローヤルゼリー・乾燥ローヤルゼリー・調製ローヤルゼリーの3つに分けられるそうです。公正取引委員会で基準を決めているとは知りませんでした。栄養的には生ローヤルゼリーが一番のようですが取り扱いが難しいようです。手軽に摂るなら乾燥タイプか調整タイプですね。
、現在では前述のミツバチの習性を利用して、できるだけ多くのローヤルゼリーを採取する方法が採用されています。
ローヤルゼリーについて、もっと深く知っていただきたいので、その過程をご紹介させて頂きたいと思います。
   
まず最初に巣箱の中に空間を作り、「孵化したての働き蜂の幼虫」を入れます。
その場所に人工王台の枠を挿入して、女王蜂として育てさせます。そうすることで、人口王台の中にローヤルゼリーが貯まり始めます。人工王台にローヤルゼリーが貯まるのが約3日程度で、そのあたりで幼虫を取り除き採取するのです。
巣箱の中に女王蜂の幼虫を入れ、自然界の物よりも大きな人工王台を作り、そこにミツバチにローヤルゼリーを沢山入れて貰い、養蜂家がそれを採取する仕組みのようです。

ローヤルゼリーの製品の作り方

ローヤルゼリーとは…
ローヤルゼリーとは若い働き蜂が花粉やはちみつを食べ、体内で分解・合成し、下咽頭腺と大あご腺から分泌する物質です。女王蜂だけが食べ続けることを許されるパワーの源です。 ビタミンB群やタンパク質(アピシン、ロイヤリシンなど)、アミノ酸(必須アミノ酸8種など;アミノ酸スコア100)だけでなく、ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸も含まれます。 栄養補給として用いられ、美容や健康維持にも良い素材です。
若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、アゴなどから分泌する液がローヤルゼリーの原料なのですね。女王蜂だけが食べる事を許されているとは、栄養豊富なのも分かります。
ローヤルゼリーとは?まず最初に読んで頂きたいページ

ローヤルゼリーの採取方法

おう だい わう- [0] [1] 【王台】
ミツバチの巣の中で,女王蜂になる幼虫が育てられる特別の小部屋。または,シロアリの王・女王のすむ部屋。
女王蜂になる幼虫の為の小部屋(王台)の中に、ミツバチがローヤルゼリーを入れ、女王蜂の幼虫はそれを食べて成長すると言う事のようです。まさに女王蜂の為に作られる特別な栄養源です。女王蜂がひときわ大きくて強そうなのも納得です。
ミツバチが王台へこのローヤルゼリーを入れるのですが、小さなヘラなどを使用したっぷり溜まったローヤルゼリーを王台から採乳します。
これがローヤルゼリーが王乳と呼ばれる所以ですね。
以前までは、ミツバチの巣箱から採取できる量はとても微々たるものでしたが、王台を増やすことによってローヤルゼリーの採取される量もアップしたそうです。
ローヤルゼリー

ローヤルゼリーの原料

そうすることで、栄養が豊富なローヤルゼリーを人工王台に乗せた幼虫に与え続けます。
幼虫を移動させてから72時間以内に人工王台を取り出します。
取り出した人工王台には働きバチが分泌し幼虫に与え続けたローヤルゼリーが巣の中にぎっしり詰まっています。
72時間を過ぎると幼虫がローヤルゼリーを食べてしまいますので、72時間で取り出すのが重要です。
中には42時間で取り出すことをしている所もあるようです。
量は少ないですが新鮮なローヤルゼリーを採取するためです。
72時間で採取とは、思ったよりも早く採れるんですね。ミツバチがいかに働いているかが良く分かります。ミツバチからすればローヤルゼリーを作っても作っても増えない、ちょっとかわいそうかも。
でも養蜂家の人も新鮮な物を短期間で採取しつづけるんですから大変ですね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |