【マイカー】債務整理を行っても車は所有し続けられるか? | キュレーションメディア

【マイカー】債務整理を行っても車は所有し続けられるか?

債務整理を行う時に、心配になることの一つに、今ある車はどうなってしまうのかと言うことがあります。車は処分しなければいけないのでしょうか。債務整理には主に四つの方法がありますので、そのケースごとに車が所有できるのかどうかをまとめます。

債務整理を行っても車は持っていられるの?

 (8281)

自動車は,民事再生・任意整理では処分されませんが,高価な自動車の場合,自己破産では処分されてしまうのが原則です。ただし,自己破産の場合も,自動車を家族等の第三者に適正価格で買い取ってもらうことにより,自動車を事実上維持することが可能な場合もあります。
 ただし,自動車をローンで購入し,そのローンの返済が残っている場合には,自動車の所有権はローン会社に留保されていますので,いずれの手続であっても原則として自動車は処分されてしまいます。
債務整理を行っても、車を手放す必要はありません。
車を手放さなければいけないのは、自己破産の時です。
問題なのは、ローンは残っているときは、そのローンを組んだ金融機関に引き取られることがあります。

車を残したいとき

任意整理の場合

 (8278)

任意整理では車のローンがあってもなくても、車を残すことができます。
というのも、任意整理は、借金を整理する業者・会社を選ぶことができます。
車のローンが残っている場合は、車のローン以外の借金を整理することで車を手放さずに残すことができます。
その場合には、車のローンを含めて残りの借金の返済もしなければいけないので、金額的には少しきつくなります。
車のローン以外の利息はなくなるので、それで返済できる場合に、選ぶようにしましょう。
任意整理の場合は、債務整理を行う物を選ぶことが出来るので、ローンが残っていても車が残る可能性があります。
車のローンの支払いが難しくない場合は、任意整理後も車をそのまま持つことは可能です。

特定調停の場合

 (8279)

車のローンが残っていて、特定調停の申し立てをしてしまうと、車(所有権留保のある車)は没収されてしまうでしょう。
車の所有権が、ローン会社(債権者)になっているためです。
特定調停は特定の業者を選んで申請することができますので、車を残しておきたい場合、その債権者の分は手続きしないようにすれば大丈夫です。
ローンがない場合は、もちろん手元に残ります。
特定調停も任意整理と同じように、整理を行う債務を選択する事が出来るので、自動車ローンを支払っている金融機関を特定調停のリストから外せば問題ありません。

個人再生の場合

 (8280)

個人再生は住宅ローン以外の債務を整理する制度なので車のローンも望む望まないに関わらず整理対象になります。
そうなった場合、所有権留保の条項に従い、車を失います。
所有権留保がないローンの場合は車を残せますが、個人再生で許される財産の保有は返済額以下しか認められないため、個人再生後の返済額が100万円だった場合、車の価値とその他の財産の合計が100万円以内であることが車を残す条件になります。
また、保持したい財産が100万円を超えてしまった場合でも、超えた分を100万円にプラスして返済すれば財産保有を認めてもらえます。
ローンが残っている車には所有権留保という物が付いています。
所有権留保とは、ローンを支払っている段階では所有者がまだローン会社名義になっている状態のことです。
もしも、ローンを組んだ際に所有権留保がなければ車を手放さずに済みます。
後は車の価値が高すぎると車を持っていることが出来なくなるので注意が必要です。

自己破産の場合

自動車のローンを現在も払い続けている場合には、間違いなくローン会社によって自家用車は引き上げられてしまいます。
自動車ローンの支払いを終えている場合についてですが、自己破産をする場合には20万円以上の財産価値がある物については、現金に換価して債権者へ分配することになっています。

自己破産で管財事件として財産が処分される項目のひとつに財産の合計が99万円以上という項目があります。
裁判官の裁量によって稀に自家用車を処分せずに所有を認められるケースがあるのです。
仕事上どうしても自家用車が必要不可欠だという理由では、自家用車の所有が認めれるケースはほとんどありません。
例えば、持病があり、どうしても病院に行く際に自家用車が必要だとか、家族に介護を要する人がいる場合などに自家用車の所有が認められるケースがあるようです。

自己破産の場合でも車の所有が認められるケースもあります。
まずは、20万円以下の財産価値である場合は、債権者に分配しなくても良いので、使用する自動車の価値から判断することが出来ます。
自己破産をしても、99万円以内の財産は所有できますので、20万円以下の価値の車であれば問題ありません。
その他、病気のためや介護のために使用をする条件の下では、自動車を保有し続けることが出来ます。
自己破産を行う前に、家族名義にかえると言う方法もありますが、裁判所がそのことを知ってしまうと悪い印象を与えるので、その場合は車を家族へ売却という形を取るのが一番良い方法です。

以上の様に債務整理を行っても車の所有権がなくなることがないことがあるので、弁護士や司法書士に相談をしながら車をどうするのか決めていくことが重要ですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |