費用の相場を比較!債務整理にかかる費用をそれぞれ比較しました | キュレーションメディア

費用の相場を比較!債務整理にかかる費用をそれぞれ比較しました

カードローン等の借金がかさんで返済が難しい方も債務整理という制度を活用しましょう。ですが、ハードルを上げるのはかかる費用の事です。債務整理の相場等について調べました。

債務整理で借金苦から解放されて安心できる生活を!

最近はキャッシングローンも利用しやすくなり、非常に身近な存在になってきました。
それに伴って、だんだんと借金がかさんで返済できなくなってくる方も少なくありません。
ですが、そういう方にも救済処置はあるのです。もし、借金でお悩みでしたら債務整理を前向きに検討しましょう。
OKサインを出す主任の男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (982)

債務整理の種類は?

債務整理と一口に言っても色々な方法があります。その一つ一つを見てみましょう。

任意整理

任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる手続きです。裁判所は関与しません。
すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。
高金利(利息制限法の上限金利を超える金利)の消費者金融等と取引がある場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して借金額を減らします。
そして、利息制限法引き直し計算による減額後、将来の利息はカットして分割払いをするという交渉や、過払い金や親族の援助などで一括返済するので借金額を減額して欲しいというような交渉をしていきます。将来利息のカットについては、ほとんどのケースで可能ですが、一括返済による減額は、必ずできるわけではありません。

裁判所は関与しませんので、自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を用意していただく必要はありません。

個人再生

個人再生とは、裁判所を介しておこなう債務整理手続きの中の1つで、借金の減額を目的とした手続きをいいます。

借金の返済額を減らすることによって、多重債務問題に悩まされている人の再生を図るということから、個人再生と呼ばれています。

また、個人再生手続きは、借金を減らすだけでなく、住宅を守ることができるという特徴があります。

ではなぜ、個人再生を利用することによって住宅を守ることができるのでしょうか?

任意整理(特定調停)であれば、住宅ローンの返済をそのまま行うことは可能です。
しかし、どうしても他の借金を返済できないのであれば自己破産を取るしかありません。
個人再生は、この2つの手続きの中間にあるものだと理解すると、イメージがつかみやすいはずです。

自己破産

「借金の支払い義務を逃れ(「免責」といいます)、高価な財産を
 処分する手続きです。」
経営している会社の採算悪化や勤めている会社の悪化による退職、病気、小額でのカードローンが積み重なってしまったなど、借金問題で立ち行かなくなった時に、生活を再建する手段として最終手段として残されているのが「自己破産」です。
自己破産には何かと悪いイメージが先行しており、正しい認識を持たずに「夜逃げ」をしたりするケースがありますが、これでは解決になりません。正しい認識をすれば、自己破産も選択肢の一つです。
ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1527)

気になる自己破産にかかる費用の相場

お金が無いからこそ債務整理を考えていらっしゃるからこそ、気になるのが費用です。
債務整理の費用は一体おいくらなのでしょうか?

任意整理にかかる費用の相場

例えば、任意整理の費用ということであれば、一社あたり5万円くらいが相場となります。
この他にも、報酬金として一社につき2万円ほど必要となったり、過払金を受けることができた場合は、
過払金の中から21%以内までを返還請求費用として支払う必要があります。

個人再生にかかる費用の相場

個人再生の費用《個人で手続きをする場合》
そして個人再生の手続きをするには自分でやる場合は裁判所に申し立てる費用として2万数千円が必要になり、さらに個人再生委員への報酬として25万円くらいの費用が必要になります。

個人再生の費用《弁護士に依頼する場合》
また弁護士に依頼して手続きをしてもらう場合には上記の述べた実費の他に弁護士報酬が必要になってきて、これも30万円から40万円前後の費用がかかってきます。

自己破産にかかる費用の相場

●最低でも40万円程度の費用がかかる?

一般的な自己破産の申立てには、印紙代1,500円、郵便切手代4,100円、裁判所への予納金(管財人費用等)約22万円、弁護士費用15万円~40万円の合計の金額が必要になります。

債務整理も結構お金がかかるものですね。

そんな大金準備できない!という時は?

経済的に苦しいからこそ債務整理を行うのです。ですので、そのお金を工面できないという方は決して珍しくはありません。何か手はないのでしょうか?
費用が無くても債務整理はできる

このように見ていくと、とても債務整理の費用を支払うことはできないと思ってしまいますが、そもそもお金がなくて債務整理をするわけです。

そのため、すぐに全額支払うことができなくても、分割で毎月返済していく方法も用意されています。
各弁護士事務所によって話が違ってきますが、依頼する前にしっかりと金額についてチェックしておきたいものです。

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1528)

まとめ

債務整理の気になる相場、いかがでしたでしょうか?
やはり、経済面に悩んでいるからこそ債務整理をしたいのにお金がかかるようでは…、と二の足を踏んでいた方も多いのではないでしょうか?

債務整理にかかったお金は後から分割払いも出来るので安心ですね。
債務整理にかかるお金を心配されている方は、後から分割払いが可能かどうかを確認する事は大切です。

借金の無い生活は精神的にもとても楽です。借金に悩んでいる方は債務整理を検討しましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |