【苦手】な方もこれなら大丈夫!青汁の美味しい飲み方 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【苦手】な方もこれなら大丈夫!青汁の美味しい飲み方

ビタミンやミネラルなどが豊富で健康や美容に良い青汁ですが、味がが苦手という方もいると思います。そんな方にお勧めの、青汁の美味しい飲み方を調べてみましたので、是非参考にしてみてください。

カルピスと牛乳のバランスがちょうどいいと思います。
お子さんがいる家庭に特にお勧めしたい青汁ドリンクです。

カルピス・牛乳入りの青汁ドリンク♪

「青汁+牛乳」
青汁と牛乳を混ぜて飲むことで、青汁独特の苦味や青臭さが緩和されて飲みやすい味わいになります。
抹茶ミルクのような味わいは、大人だけでなくお子さんにもおすすめです。はちみつやレモン果汁を加えるとさらに飲みやすくなりますよ。

「青汁+豆乳」
青汁も豆乳もどちらも独特のにおいやクセがありますが、混ぜることで互いのクセが消え飲みやすくなります。
栄養面においても、豆乳に含まれる栄養素と青汁に含まれる栄養素は影響しあうことがないため、豊富な栄養を余すところなく摂取できます。

「青汁+ジュース」
青汁をより飲みやすくするなら、野菜ジュースやフルーツジュースなどジュース類もおすすめです。
フルーツの中でも、りんごとの相性は抜群です。
りんごに含まれる水溶性食物繊維のペクチンが、消化を促し胃酸のバランスを整えてくれ、抗酸化作用を持つカテキンも多く摂取できます。

「青汁+スムージー」
スムージーを飲む習慣のある方は、いつものスムージーに青汁の粉末を混ぜるのもおすすめです。
緑の野菜の代用として青汁を使用すれば、簡単にグリーンスムージーがつくれます。

青汁プラスで美味しい飲み方

ドリンクが苦手なら料理に使ってもOK

材料 (1人分)
カルピス原液(今回ダイエットカルピス使用)大さじ1
牛乳(低脂肪でも)150cc
青汁粉末3グラム

①今回は小袋に入った青汁粉末1袋(3グラム)を使用しました。
②グラスに青汁粉末カルピスを入れてよく混ぜ最後に牛乳を入れてかき混ぜて完成★(氷を入れる場合は最後に入れる)
③どうしても青汁が時間がたつと下に沈むのでかき混ぜながら飲んでください♥

これ以外でもスープ系の料理なら何でも合います。
お勧めなのは、豆乳スープ、カレー、シチュー、コーンスープ、中華スープあたりです。

また、クッキーやケーキ類などの焼き菓子とは非常に相性がいいです。
是非、ご自宅で試してみてください。

・グリーン・パンケーキ
 市販のパンケーキミックスに、青汁の粉末を混ぜて、説明通りに焼きます。
 思った以上にきれいなグリーンが出るので、おもてなしにもぴったりです。

・お味噌汁
 お味噌汁に青汁の粉末を入れると、香りが良くなり、野菜のかわりにもなります。食卓に緑の野菜が足りないな、と感じた時、お味噌汁やスープに青汁の粉末をちょい足ししてみてはいかがでしょう。

これ以外には、便秘解消効果が高くなる乳酸菌飲料もお勧めです。
また、ダイエット効果の高くなる黒酢やリンゴ酢もサッパリしていいです。

少しプラスするものとしては、はちみつ、メープルシロップ、黒蜜、ジャム、オリーブオイルなどが美味しいと思います。
あと、相性のいい果物は、バナナ、林檎、苺、オレンジ、キウイ、マンゴーあたりですね。

熊笹の青汁はまだ馴染みが薄いかもしれませんね。
しかし、売れ筋の青汁にもよく使われているように、栄養が豊富で飲みやすいので、最近特に人気になっています。
鉄分はケールよりも豊富で、免疫アップ効果も高く、血液サラサラ作用もあるんですよ。

苦手な方にお勧めの青汁②『熊笹(クマザサ)』

熊笹(クマザサ)とはその名の通り、熊が冬眠前に食べる笹です。
効果として期待できるのはまずビタミン群、ミネラル、食物繊維などのいろんな栄養素がたくさん含まれています。

しかも熊笹青汁は一般的な青汁よりも青臭さがなく、口当たりがまろやかでとても飲みやすいです。

大麦若葉の青汁はケールのような青臭さがありません。
しかも、ビタミンやミネラルも豊富なので、毎日続けるなら最適です。
特に牛乳と混ぜると、抹茶オーレに近い味になって美味しいですよ。

苦手な方にお勧めの青汁①『大麦若葉』

大麦若葉の青汁は、全般的に、青臭さが気にならない程度で飲みやすく仕上がっています。飲みやすい青汁がいいという人は、大麦若葉の青汁をおすすめします。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |