空を飛ぼう!鳥になろう!パラセーリングを楽しもう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

空を飛ぼう!鳥になろう!パラセーリングを楽しもう!

パラセーリングは、割とお手軽な値段でできるマリンスポーツです。海の上を空で飛ぶのは気持ちいい体験だと思います。風にも揺られたりすると思いますが、それもスリルがあっていいですよ。

パラセーリングとは

パラセーリングはパラシュートを装着してボートに引っ張られて、上昇し、空中から海の上を眺めることができるというマリンスポーツです。沖縄の海の青さと空の青さを一度に感じることのできるスペシャルな体験をすることができます。ダイビングやシュノーケルはライセンスを取ったり、器具をそろえれば自分でもできますがパラセーリングはそうはいきませんよね。だからこそ特別感があるんです。

でも特別感の割に、とても気軽にできるというところが魅力となって人気を呼んでいるようです。パラセーリングは水にぬれる心配もないので普段着で何の準備もせずに体験することができるのでとても気軽なんですよね。

何も難しいことはなく、ただスタッフの言うとおりにしているだけで良いので、初心者でも安心です。この気軽さこそがパラセーリングが人気である大きな理由なのです。

パラセーリングには、大きい数人が乗れるボートも必要ですし、1人では飛ばすことができないので体験プランでやるのがコスト的にも一番良いです。
気軽に体験できる割には、格別の景色を見れるので最高ですね。
結構な高さまで飛べるプランもあるので、スリルを味わいたい方はおすすめします。

こんな感じ♪

Parasailing at Protaras,Cyprus|GOPRO Onboard View|XS Watersports – YouTube

The music in this video, "Mr. Scruff-Kalimba" is administered by JazzeeBlueRecords and [Merlin] Ninja Tune Ltd. I am not the owner of the music audio used in…
パラセーリングからの眺めですね。
これは、とても高いところまで行きますね。
海の景色も町の景色も見えてすごいです。

パラセーリングの流れ

現地集合
まずは予約していたマリンハウスに集合します。基本的に現地集合現地解散なので旅行中レンタカーなどを借りない場合は、どうやって現地に向かうのかをしっかり考えておいた方が良いでしょう。

受付・着替え
受付を済ませたら、必要であれば水着に着替えます。水に濡れたくないという人は、水着ではなく普段着での参加も可能です。靴も履いておかなければいけませんが特にどんな靴が良いという決まりもありませんから安心してくださいね。

港を船が出発
準備が完了したら船が港を出発してパラセーリングを行うポイントまで移動します。

ポイント到着、パラセーリング体験
船がポイントに到着したらいよいよパラセーリング体験です。だいたい十分間くらい上空での空中散歩を楽しむことができます。

船の上に離陸、港へ帰る
船の上に離陸後、舟は港へ戻ります。

現地解散
港へ戻った後は各自、着替えを済ませて現地解散になります。ここまでの所要時間は大体1時間強です。

割と短時間で楽しめます。
老若男女誰でも、楽しめるので家族旅行でも全員で楽しむことができます。

必要な持ち物

必要な持参品は水着とタオルに日焼け止め。そのほか、防水カメラなら海中でもバッチリ撮影できるので、思い出に残るショットを撮りたい方は必携です。現地のデスクでは使い捨ての防水カメラも販売していました。あと、あると便利なのがビニール袋です。

ジェット・スキーやパラセーリングなどは、海上での待ち時間中に波しぶきをかぶるので、荷物はビニール袋に入れておくのがポイント。でないと、海から上がってきて身体を拭こうと思ったら、タオルの方がビショ濡れだった、なんてことになりかねません。

日本では、飛ぶ時はカメラを写すのは危ないので禁止されている場所もあります。その場合はスタッフの方などにお願いして撮ってもらうのもいいと思います。
とても良い写真が撮れると思いますよ。
海外では、飛んでる時も撮影可能だと思います。
海に着水することは、あまりないと思いますが、波しぶきはかかるかもしれないので、タオルなどは持っていた方が安心ですね。
天気としては、晴天の日に行えば、綺麗な海や景色を眺める事ができると思いますが、その分、日に焼ける可能性もありますので、パーカーなどを着ていく事をお勧めします。
波の照り返しなどもありますので、日焼けが気になる方はパーカーや水着の上から着れるラッシュガーなどドを着用しましょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |