★ブースターオイルとしても使える!【アルガンオイル】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

★ブースターオイルとしても使える!【アルガンオイル】

肌が乾燥して何とかしたい時には、アルガンオイルをブースターとして使うと、シットリした感触でその後のスキンケアが浸透しやすくなるとか。その使用方法や疑問、感想を調べてみました。

ブースターとして使用するアルガンオイル

アルガンオイル

アルガンオイル

いつものスキンケアの最初に、アルガンオイルをブースターとして使用すると、驚くほど潤い肌に。

ブースターとしてオイルを一番最初に使うのって、どうなのかな?とも思いました。

オイルの膜でその後のスキンケアが浸透しないのでは?

そこのところを調べてみました。

◆30代からは美容オイルが強い味方

30代を過ぎ、肌になんらかのトラブルを抱えている方は多いもの。その理由のひとつに、20代まで活発だった皮脂分泌が低下しはじめることが考えられます。肌の角質層では細胞がレンガのように並び、細胞間に皮脂が行き渡ることで水分の蒸発を防いでいます。しかし、皮脂が不足すると水分が蒸発するため、それが原因で乾燥肌になることも。特に空気が乾燥しやすい秋冬こそ注意が必要です。
そこで活躍してくれるのが美容オイルです。細胞間脂質は油性のものとなじみやすい特徴があるため、オイルは肌の皮脂バランスを整えてくれる強い味方。抗酸化作用もあり、エイジングケアにも最適といわれています。

注目の万能美容オイル

注目の万能美容オイル

◆美容オイルを使う順番

ところで、美容オイルを使う順番はいつもどうしてますか?「油=フタ」というイメージが強く、スキンケアの最後につけることが多いかもしれません。けれど実は、美容オイルの場合は化粧水よりも前に使うほうが効果的だと言われています

化粧水の前にブースターとして

アルガンオイルを使うことで

そのあとに使う化粧水の成分が

肌に浸透しやすくなります。

美容オイルは、ブースター美容液と同じような役割を持っています。ブースター美容液は、肌の角質層を柔らかくして、その後に使う基礎化粧品を浸透しやすくしてくれるもの。美容オイルは皮脂膜の構成成分であるオレイン酸を多く含み、お肌に馴染みやすいことが特徴。洗顔後に美容オイルを馴染ませると、角質層の水分と油分のバランスが整い、その後に付ける化粧水や美容液を浸透しやすく、効果を高めることができるんです
油分が含まれているものは、水をはじくから最後に使う!と考えている方が多いですが、これは半分正解で半分不正解。油の種類がどのようなものかにより、その使い方も変わります。ブースターとして使用するオイルは、アルガンオイルやココナッツオイルなど肌の皮脂と組成が似ている成分のものがオススメです。

アルガンオイルをブースターにすれば、お肌が化粧水をぐんぐん吸収!

 (4163)

アルガンオイルの浸透しやすい性質が、ブースターとして非常に大きな役割を果たすことです。

ブースターといっても、いまいちピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる導入液ということ。

洗顔後にアルガンオイルを使用すると、化粧水の浸透を非常に高めてくれるので、肌の内側へ効率よく美容成分を取り込むことができます。

実際に体験してみた人からは、「オイルが肌と水分をくっつけてくれるイメージで、化粧水がぐんぐん入っていくのがわかりました」との感想も!

オイルということで、最後に蓋をする目的で使うイメージをもった方もいるかもしれません。

もしアルガンオイルをすでに使っていても、最後のパックにだけ使っているなら、ぜひブースターとしての使用方法もお試しくださいね !

 (4164)

朝晩の洗顔後、ブースターとして、2プッシュ。顔、首周りに手早くつけて、
化粧水ばしゃばしゃするだけで、うるっうるのつやつや肌。

ファンデのノリも保ちもよくて、
モデルさんみたいなぴかぴかつや肌になるのでびっくり。
これは、使い続けます!!

 (4165)

◆保湿オイルとしてもブースターとしても、とても優秀です♪

乾燥が気になるこの季節、お風呂上りの顔に1プッシュ分のばします。
それだけでももっちりとお肌が輝くのですが、さらにその上から手持ちの化粧水をつけると
ぐんぐん肌に浸透*!
化粧水単品で使うより、何倍も化粧水の効果を実感できます。

1週間使い続けてみただけで 朝の肌にかなりの違いを実感!
毛穴が目立たなくなってるし、ハリツヤもいい感じ。
お化粧した後 いつも気になってた部分粉吹きもなくなってる。

洗顔後、オイルを数滴手に取り、お肌に馴染ませしっかりと浸透させます。
これにより肌の状態を整え、後から使用する化粧水の浸透を高めてくれるんです。
アルガンオイルをブースターとして使用することで普段のスキンケアもより効果的に。
高い保湿力に加え肌の再生を助けてくれるのでシワの改善や、炎症を抑える作用もあるのでニキビの改善にも良いんだそう。

アルガンオイルの使用例

 (4169)

肌などの状態やその日の気分でご使用方法や手順を変更できるのも、このオイルの魅力です。ですが1度にオイルをつけすぎてしまいますと炎症などの肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。

そのため、適量を継続してお使いいただくことをおすすめいたします。量を多くつけすぎてしまった場合は、軽く洗い流すか他の部位に伸ばして馴染ませてください。

ローションパック

ローションパック

◆週1回のアルガンオイル+ローションパック

スキンケアにシート状ローションパックを取り入れる女性が増えています。ローションパックの効果を最大限に引き出すために、アルガンオイルを使ってみませんか?
先に数滴のアルガンオイルを顔全体に薄く延ばしてからローションパックをします。アルガンオイルがローションの浸透を高めるブースターとして作用するので、ローションパックの効果を最大限に引き出してくれます。

<肌を整えるために>

洗顔後にブースターとして1~2滴を顔全体に馴染ませます。その後は化粧水など通常のお手入れを行ってください

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |