知ってビックリ!グルコサミンにはどんな働きがあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

知ってビックリ!グルコサミンにはどんな働きがあるの?

TVや雑誌、ラジオ、ネットなどで「グルコサミン」という言葉をよく聞きませんか?そんな「グルコサミン」、一体どんな働きをするんでしょうか。まずはグルコサミンを摂取しないとどうなるかから見ていきましょう。

グルコサミンが減るとどうなるのか?

グルコサミンは関節の痛み以外にも色々と効果があります。
膝痛を治そうとしたら、他も一緒に改善された♪という風になるかもしれないのです!
美肌と育毛ができればウハウハですね。
一度試してみてはいかがでしょうか。
過剰摂取しても大きな副作用がないというのはありがたいですね。
ただあまり多くとりすぎる意味もありませんが。
とりあえず目安どおりに摂取しておきましょう。
飲んだかどうかわからなくても、とりあえず飲んでおけば大丈夫です。
そういった面では副作用がないというのは大助かりです。
グルコサミンは食べ物からでも摂取できますが、
吸収に関してはかなり非効率ですし、そればかり食べているわけにもいきませんよね。

そこで、「サプリメント」に頼りましょう!
かといって、サプリメントというと1日の摂取許容量や副作用が気になりますよね。
そのあたりはどうなのでしょうか?

なんと、グルコサミンは加齢により生産量がどんどん減少していくのです。
20歳がグルコサミンの生産量が最も多く、50代では20歳のときの半分に!

この減少を一刻も早く止めたいですが、無理ですよね。
それなら、外からグルコサミンを摂取すればいいんです!

グルコサミンの効果として血液の中の血小板の凝固作用を抑えることで血流のながれをよくしスムーズにする効果があるとされていますが、血流だけではなくより細かい毛細血管を拡張して血行を促進する働きがあります。

この毛細血管まで拡張するということからグルコサミンは育毛にも効果があると考えられており、最近ではグルコサミンを成分のなかにいれている育毛剤なども商品としてあります。

体内の血流が悪くなると、夏場でも手足の冷えに悩まされるほか、血液がドロドロになり、さまざまな病気の原因となる動脈硬化を引きおこすおそれがあります。

ドロドロ血液とは、血小板が互いに結合し、血塊を作っている状態のこと。血塊が多くなると血管を流れる血液が滞り、血栓などができやすくなってしまいます。

グルコサミンには血小板の過剰な凝集作用を抑制するはたらきがあり、血液の流れを促して血栓の生成を予防することができます。

美しい肌をつくる効果があるともいわれています。グルコサミンの効果である美しい肌をつくる効果として、具体的には、保湿力のある潤った肌を生成する成分ももち、肌に対するアンチエイジング効果があるともいわれています。

育毛を促進する効果

血流を改善する

美しい肌をつくる

グルコサミンの働きは関節だけじゃない

グルコサミンは、エビ、カニなどの甲殻類の殻を形成するキチン質に含まれています。ですから、甲殻類からグルコサミンを摂取する際は、殻ごと食べられる桜エビなどがオススメ。また、軟骨成分だけに、鳥や豚の軟骨にも含まれているほか、きのこ類やフカヒレ、山芋、おくらといった食品にもプロテオグリカンとして含まれています。

このプロテオグリカンは、グルコサミンを原料として構成されている軟骨の主成分。しかし、食品から摂取したプロテオグリカンは、一部のみが体内でグルコサミンとして吸収されるため、食事からグルコサミンを補うのはあまり効率のよい方法とはいえません

グルコサミンをどうやって摂取すればよいの?

グルコサミンの摂取の目安は?

・1日の目安は1,500ミリグラム

食事だけで取り切るのは難しいので、基本的にはサプリメントの成分表をチェックしてください。
1,500ミリグラム前後であれば利用に問題はありません。
ちなみに、過剰摂取したからといって大きな副作用があるわけでもないので、使い勝手の良い成分です。

グルコサミンはもともと体内で合成される成分ですが、その生成量は、生まれた時をピークに、年齢とともに減少してしまうと言われています。グルコサミンの生成量が減少し、体内のグルコサミンが減ると軟骨が形成されにくくなるので、関節を曲げるたびに骨と骨がこすれ、痛みや炎症をひき起こす恐れがあります。また、肌の水分保持に必要なヒアルロン酸は、グルコサミンを原料に体内で生成されるため、不足すると、肌の乾燥を引き起こす可能性も。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |