着付けには資格がある!? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着付けには資格がある!?

着物の着付けというのは慣れれば簡単と言いますが、実は資格が存在します。今回はその内容と魅力を紹介します。

着付けの資格とは

着付け技能士

平成21年10月15日付けの政令改正により「着付け」が新たに技能検定試験の対象職種となり、平成22年2月1日付けで、一般社団法人全日本着付け技能センターが「着付け」技能検定に関する指定試験機関として、厚生労働大臣から指定を受けました。
この試験は、着付けに関する知識と技能を問うもので、学科試験と実技試験が行われ、合格者には等級に応じて「○級着付け技能士」の称号が付与されます。
目的
他装(他人に着物を着付ける業務)に係る技能の向上及び他装業務に従事する者の経済的社会的地位の向上を図るとともに、消費者が選択する際の指標を示し、消費者利益の擁護に資することで、着付け技能の振興、発展に寄与することを目的とする。
着物関係の会社で働くには必須そうですね。

着物着付指導士

私が所属しております
一般財団法人
全日本和装コンサルタント協会
の社内検定であります
「着物着付け指導士」は
着付けの指導において唯一
厚生労働省の認定を受けている
資格でもあります

ですので、その試験は厳しく
年に一度しか行われません

省庁が認定している試験ですから、難易度も高いわけですが、取れればそれだけの実益があるという事ですね。自分でできる事と、人に教える事の両方が出来るわけですから。

着物免許

『着物免許』とは、一般財団法人 民族衣裳文化普及協会が推薦し、京都きもの芸術文化協会が発行する着付けの民間資格です。

着物免許は、単独の資格ではなく、 5級(準師範)から最上級資格の1級(教授)まであり、「ハクビ京都きもの学院」で規定のカリキュラムを学び、認定試験に合格することによって、資格の取得が可能となります。

はじめは5級を目指すことからスタートします。着物の名前と種類などの基礎知識にはじまり、基本の着付け、帯結びの基本から多彩なヴァリエーションまで学び、専門知識とテクニックを修得していきます。

ステップアップの段階は次の通りです。

5級準師範(免許取得)

4級師範(きもの国際免許が与えられます)

3級上級師範(自宅で着付け教室が開業可能になります)

2級助教授(着付け師を職業とすることが可能になります)

1級教授(「ハクビ京都きもの学院」の講師が目指せます)

『着物免許』の特色は、着付けの知識とテクニックだけでなく、和装の際の礼儀作法(立居振舞や歩き方・座り方、訪問したときのマナー)まで学べる点にあります。

5級からあるのですね。順々に取っていけば「達成感」がありそうですね!
1級まで行けばプロクラスです。

資格習得で出来る事

着付けで綺麗に

着付けで綺麗に

あなたが着つけた女性が有名人になるかもしれませんよ。
それでは資格習得でどのような事が出来るかが気になりますよね。そういったものを見ていこうと思います。
今の時代、自分で着付けが出来る人が少ないので、
写真スタジオや美容室などで、
その技術を活かし、収入を得る事ができます。
七五三、入園式、卒園式、入学式、卒業式、結婚式そしてお正月など、
着物を着る機会というのは、一年中あります。
つまり、着付けの仕事というものは無くなることがないのです。
将来的には、着付けの先生になって、自宅でお教室を開くというのも
夢ではありません。
つぶしが効くという仕事は、大きなアドバンテージといえますよね。しかもパートの様に利用する事が出来るようです。

どの位で習得できるの?

きものの知識・技術は一生もの。
それを身ひとつで始めてムリなく通える費用とカリキュラムで
だれでも1年で習得!
「このままじゃ私、何も手に職がナイ!」
というあなたには、きものビギナーを1年で独立も可能な
インストラクターにまで育て上げるこの講座がおススメです。

何一つ知識がなくてもきものの全てを一から学べます。
着付けだけでなく作法、ヘアー・メイク、ウォーキングなども習得。
女性インストラクターとして総合的に学びます。費用は、きもの初・中級講師資格やマナー講師資格の取得、
講師看板の発行まで含まれています。(教科書代別途)
きものや帯などは教室に用意されているので、わざわざ購入しなくても大丈夫。
また、急なスケジュールが入っても振替制度があるので安心。身ひとつで始めて1年間ムリなく通って
いただけます。

1年で習得できるのはいいですね。とはいえ日々バージョンアップしていく事が大切です。

求められるもの

“センスが良く、常に美しく完璧な着付けができる人”。などと、アートな着付けで高い評価を得ている着付け師が、婚礼衣装の着付けなどを任されることがあります。

この時ばかりは、自分の気がすむまで凝った着付けをする“アーティスト”の気分は封じなくてはなりません。

正確に早くやる事が求められます。

こういうところが資格を認定している

先ほど厚生労働省が認定していると述べましたが、様々なところが認定しているようですね。
東洋きもの文化協会は、平成27年6月1日をもちまして、一般社団法人東洋きもの文化協会に改組致しました。
当協会は、昭和53年に[着物を通じ日本文化を継承し、更に発展させること]を目的に設立されました。
協会員は、認定教室の講師、及び認定教室の卒業生の方々で現在教室を開講したり、プロとして活躍されています。
そして、着物文化の継承と発展のため、教科書等の作成、また、長きにわたり着物に携わることができるように、会員相互の親睦を図る活動を行ってまいりました。
こういった協会や会社が認定しています。ものによっては、厚生大臣名で認定するものもあるので、ぜひそれを目指して頑張ってほしいと思います。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |