シュノーケリングで魚を捕まえよう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

シュノーケリングで魚を捕まえよう!

シュノーケリングの魅力は、綺麗な魚を見るだけではありません。食べられる魚をモリで捕まえるのも大きな魅力です。今回は魚突きの楽しみ方をご紹介します。

魚突き(スピアフィッシング)とは?

スピアフィッシング(英語:spearfishing)とは、素潜りで銛や水中銃を用いて魚類を捕らえる水中スポーツの1つである。スピアとは英語で魚突きのためのヤスを意味する。
スポーツとしてのスピアフィッシングにおいては、生態系保護の観点から、あらかじめ競技が可能な時間、場所、対象魚類の種類や大きさ、捕獲数の上限などが定められており、漁獲を主たる目的に銛や水中銃を用いて行なう銛突き(銛刺し)とは区別される。
魚突きとは、海に潜って魚を突いて捕る遊びである。そして、魚突きは基本的には磯遊びの延長であると考えても良いと思う。しかし、例えば山を楽しむことが目的のハイキングをとことん突き詰めていくと、それはやがてアルパインクライミングあるいはフリークライミングというスポーツに昇華するのと同じで、磯遊びの魚突きをとことん突き詰めていけば、それはやがて一つのスポーツ、あるいはそれすらも超えて人生を懸けたライフワークにも昇華しえる。各人が魚突きをどのように捉えているかは私の知る由ではないが、それだけの魅力をもつ素晴らしい行為であることは間違いないだろう。

 “魅力” と一言で言っても、その内容にはいろいろある。まず、何よりも自然の中で遊ぶということ。そして魚を突いて捕るということ。自分で食べるものを自分で捕るというのは、生物が行う行為として至極自然なことであり、本能的な行為である。以前、当サイトのゲストの方が「アウトドアとは、生き物を殺すことである」と言ったことがあるが、まさに「生きる」ことの本質を突いた言葉だと思う。

2015総集編!関西お魚突き79  spearfishing(polespear) – YouTube

ブログも見てね!この日の 関西お魚突きhttp://ameblo.jp/osaka-osakanatuki/entry-12111012616.html 関西を拠点にスピアフィッシングしてます^^ GOPRO HERO4silver での海中動画を公開 メイン手銛:ジャックナイフ ファルコン チタン2本継 ゴム:…

手銛(ヤス)の種類

竹ヤス

初心者がまずお世話になるであろう手銛が竹ヤスです。文字通り柄の部分が竹でできており、軽くて短いので、取り回しが容易なのが特長です。価格も1,000円以下とお求めやすいです。
欠点は、軽いので貫通力が弱く、硬くて大きな魚に当たっても、跳ね返されてしまったり、耐久性に難がある点です。

ステンヤス

ステンヤス:マルシン漁具

柄の部分がステンレスでできた手銛です。竹ヤスよりも重くて長いため、耐久性があり、貫通力にも優れています。
但し、重くて長いので、竹ヤスよりも扱いづらいという欠点があります。
ホームセンターでステンレスのパイプを買ってきて、自作する方もいます。
価格は数千円程度です。

カーボンヤス

軽量で頑丈なカーボンを使ったヤスです。上級者やプロが使う道具になります。
カーボンは非常に軽量なので、柄の部分を長くとることができます。そのため射程が長く、魚に警戒心を与えることなく仕留めることができます。
価格は数万円します。

都道府県漁業調整規則に注意!

都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で使用できる漁具・漁法(海面のみ)

☆ 釣り等の遊漁では、この一覧表で示された漁具・漁法以外の方法を使用することはできません。

例えば、「やす」、「徒手採捕」は一覧表にあるので使用できますが、「潜水器(簡易潜水器を含む)」や「水中銃」は一覧表にはないので使えません。

そのため、「潜水器(簡易潜水器)」を使い「やす」や「徒手採捕」で水産動植物を採捕することはできません。

☆ また、この一覧表で使用可能となっている漁具・漁法であっても、使用できる海域、漁具の大きさや個数等、さらに制限されている場合があります(特に、まき餌釣りや灯火の利用等については注意
が必要です。)。

必ず、各都道府県の水産担当部局に詳細を確認するようにしてください。

水産庁/都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で使用できる漁具・漁法(海面のみ)

水産庁/都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で使用できる漁具・漁法(海面のみ)
場所によっては手銛の使用が禁止されているところもあるので注意が必要です。
また海水浴場や人の多い場所で使用することは絶対にやめましょう。
スピアフィッシング 魚突き ( 釣り ) - クック諸島 ラロトンガ 滞在記 - Yahoo!ブログ

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |