FX取引の「チャート」を知る | キュレーションメディア

FX取引の「チャート」を知る

FX取引のチャートとは

FX取引を始める上で必ず知っておくべき知識の1つに「チャート」があります。

基礎中の基礎とも呼べる知識となっており、1にも2にもチャートの見方が売買時の収益の大きな要因となるでしょう。

一流のFXトレーダーともなるとチャートを見ただけでその銘柄が上昇トレンドにあるかどうかも瞬時に把握できると言います。

FXで勝ち続けるためには勝つための分析というのが絶対に不可欠です。勉強しない奴がFXで勝てるわけがありません。そこで重要なのがテクニカル分析です。テクニカル分析とはFXの為替チャートを見て、その動きから将来の動きを予測する分析方法です。しかしそのテクニカル分析をするためには、チャートを読むことができなければ話になりません。そのチャートを読むのに、絶対必要な知識が 「ローソク足」 です。

http://finalrich.com/fx/fx-technical-candle-stick.html

303_2
http://ilovefx.info/images/files/303_2.jpg

チャートとは為替相場の値動きを把握するために欠かせないもので、これをもとに売買の判断をするFX取引の軸となるものです。

いくつかあるチャートの種類の中でも、まず最初に覚えておきたいものが「ローソク足」というもので、その図形がローソクに似ていることからその名が付けられています。

黒と白の図形で表され、始値よりも終値が高い陽線を白、始値よりも終値が安い陰線を黒となります。

価格の動きをグラフ化したものをチャートと呼びますが、代表的なものがローソク足です。ある期間の始値、高値、安値、終値の4つの値段をもとにローソク足を作ります。ローソク足のうち、日々の動きを対象にするものを日足と呼び、週単位なら週足月単位なら月足と呼びます。ローソク足では、始値よりも終値が高い場合には白地で表し、陽線といい、逆に始値よりも終値が低い場合には黒地で表し陰線といいます。

http://www.wakaru-fx.jp/fxbasic/jissen/tec02.html

つまり1本のローソクがあらわすのは

・レートがいくらから開始されたか
・最安値、最高値はどこまで届いたか
・最終的にいくらで終了したか

という情報です。

この4つの情報を「4値」「4本値」といいますね。

ですから上下にヒゲのついた1本の陽線があったとしても、どこの段階で下値を探ったのか(下ヒゲ)、どの時点で上値を求めたのか(上ヒゲ)は不明です。
でも単純な折れ線グラフのチャートに比べれば、得られる情報ははるかに多いですね。

http://www.practical-fx.jp/candlestick-chart/002/

陽線と陰線は区別がしやすいよう別々の色に表示され、使うチャートソフトによっては自由に色を変更できます。

ローソク足の種類

ローソク足は4つの種類に分かれそれぞれ一日単位の「日足」、一週間単位の「週足」、1ヶ月単位の「月足」、一年単位の「年足」と変わります。

自分が選択する取引スタイルによって見るべきローソク足の種類も変わりますが、どんなスタイルにも対応できるよう全てのローソク足の見方を覚えておきましょう。

日足・週足・月足の使い分けローソク足チャートは、ローソク足をつなげてグラフにしたもので、日足のローソクをつなげたものは日足チャート、週足をつなげたものは週足チャートになります。2、3年の中期の値動きを把握するなら、週足チャートが向いています。現在の相場の動きをつかむのであれば日足チャートが便利ですし、デイトレーダーが必要とするリアルタイムに近い状態の値動きを知るには分足チャートを使います。

https://africagoodnews.com/column/fx-how-to-analysis/about-fx-chart/

売買の目安となるチャート

Granbil
http://www.fxmemo.net/images/Granbil.jpg

チャートの中で一つの売買の目安となるものが「移動平均線」と呼ばれるものです。

為替相場の売買タイミングを図るのに利用され、この見方を知っておくのと知らないのでは利益の大きく違いが出てくることも考えられます。

FX取引を始めたばかりで何を指針に売買すればいいか分からないという初心者の方は、移動平均線の見方を覚えておいても損はしないでしょう。

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を結んだものです。一般的に移動平均線が上向きに転換したら「買い」、下向きに転換したら「売り」と言われます。

また、期間の異なる複数の移動平均線を用いて売買サインを出す方法もあります。短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けする「ゴールデンクロス」と短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けする「デッドクロス」と呼ばれるもので、「ゴールデンクロス」は買いサイン、「デッドクロス」は売りサインと考えられることが多いです。

http://www.phillip.co.jp/fx/beginner/charts_moving_average.php

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |