《華やか》結婚式のお呼ばれに振袖はいかが?《気品》 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《華やか》結婚式のお呼ばれに振袖はいかが?《気品》

華やかで気品ある振袖は 、成人式のイメージが強いのではないでしょうか。振袖は未婚女性の最上級の格式高い装いで、結婚式に着ていく着物としてぴったりです。しかし、普段はあまり着慣れない着物には、どんなマナーがあるのでしょう。

結婚式に着る振袖ってどんな振袖?

袖が長いほど格式が高くなるといわれています。本振袖ともいわれる大振袖は、花嫁が着ることもあります。その場合、ゲストが少し格を下げて中振袖を着るのが礼儀です。

中振袖は成人式や結婚式の出席などで着られていたものですが、最近は身長とのバランスから成人式に大振袖を着ることが多く、ゲストも大振袖しか持っていないことが多いようです。よほど格式を重んじる披露宴でなければゲストが大振袖を着ても問題はないでしょう。ただし主役である花嫁が振袖を着る以上、花嫁より控えめに、そしてなるべく着物の色などがかぶらないよう配慮したいものです。

着物の色ですが、新婦が和装で、打掛を着る時には、
赤、オレンジ、ピンク、金色が入った柄が多いので、
これらの色が目立たない色や柄の着物を着ましょう。

着物と帯の素材は、厚みのある絹製にします。
バッグと草履は同じ柄のものにします。

最近は、ピアスをつけっぱなしの女性も多いのですが、
着物の時のアクセサリーは、基本的に指輪以外NGです。

洋装でも和装でもやはり花嫁よりも控えめに、というのは基本的なマナーですね。
アクセサリーも指輪以外はNGなのですね。

洋装の場合は白のドレスは厳禁ですが、振袖の場合白一色という事はないので、
白がベースの振袖でも大丈夫です。しかし、手持ちの着物が白またはクリーム色で、という場合は除き、レンタル等で選べる場合は避けた方がよいでしょう。
また、花嫁が着物を着る場合、色が被らないように、事前に確認しておきましょう。

髪型は?

結婚式に着物で初参加。髪型を決めるときに気を付けたい7つのこと

その1: シンプルにまとめる
その2: 着物とのバランスを考える
その3: 花嫁より目立たないスタイルにする
その4: 着物を汚さないスタイルにする
その5: 髪飾りは着物の一色を選ぶ
その6: 髪飾りは他の小物と格を合わせる
その7: 着物スタイルが得意な美容院か確認する

着物、特に振袖はそれだけでも華やかで目を引くものです。
髪型まで盛り髪のように派手にしてしまうと、花嫁よりめだってしまいます。着物とのバランスを考え、髪飾りもできるだけシンプルなものがいいですね。

美容院を利用する人は着物のマナーを熟知している美容院を、事前にチェックしておきましょう。

何歳まで着ていいの?

振袖は成人式だけのものではありません。二十歳を過ぎても年齢に関わらずお召しいただけます。結婚披露宴やパーティに振袖を着て出かけると、場がパッと華やぎ、主催者にもとても喜ばれます。振袖姿は主催者に対する“敬意の表れ”と言えるのです。
振袖は何歳まで着ていいのか? 実はこれ多くの人が悩むところ。

未婚女性は振袖というけれど、なんとなく振袖は「若い子のもの」という印象があり、たとえシングルでも何歳までOKなのか、とても気になります。

元々は13歳から24歳の大切な儀式に着る祝着であった振袖ですが、時代が変わり、今や20代後半から30代40代のシングル女子も珍しくもありません。

未婚であり、また派手過ぎない振袖であれば、30代前半まで着てもOKということが最近の意見でしょうか。特に友人としての出席の場合はあまり気にする必要はないでしょう。ただし20歳のときにあつらえた振袖を30代で着るのであれば、派手過ぎないか、若すぎないかチェックしましょうね。

基本的には、振袖は未婚の女性の着るものなので、年齢制限はありません。
とは言え、やはり30代、40代で着る場合、それなりに大人の着こなしが必要なのですね。
30代、40代にふさわしい、上品で落ち着いた色や柄を選び、ヘアスタイルもシンプルに仕上げていきましょう。

また、桜は散るを連想させ、縁起が良くないという説もあるのでなるべく避け、おめでたい模様を選びましょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |