【個人再生前】車の名義変更してもいいの?リスクはあるの? | キュレーションメディア

【個人再生前】車の名義変更してもいいの?リスクはあるの?

個人再生を行う際に、車の名義変更を行うのは良いのでしょうか?車は手放したくない物ですよね。車を手放さなく手も良い方法とはどういった方法があるのでしょうか?車と個人再生についてどうなっているのか調べました。

個人再生と車

Free photo: Automobile, Car, Barn, Farm, Ranch - Free Image on Pixabay - 176989 (13920)

個人再生の手続は、多額の負債をある程度を免除してもらって残りを分割で支払っていくための手続きになるので、最低限支払わなければならない金額というものがあり、その基準が法律で定められています。そして、裁判所に個人再生の申立てをする際には持っている資産を申告する必要があり、その資産をお金で評価した合計金額が最低支払わなければならない金額の基準の一つになります。 車を持っている場合ですが、自動車はこの資産に含まれるので、中古自動車販売店などで査定してもらって、査定額を出します。
個人再生を行うと、財産を処分しなければいけないと言うわけではありません。
ですが、個人再生を行う際には財産を裁判所や債権者に提出しなければいけなくなります。
車に関しても査定をして売却価格の提示をする事になります。

名義変更

Free illustration: Change, Arrows, Transformation - Free Image on Pixabay - 1076219 (13923)

個人再生の時は借金の減額幅に影響し、自己破産の時は車を手放さなければいけません。
これを逃れるために、名義変更をするという方法があります。
例えば、親などに名義を変えれば、車の存在を隠すことができます。
しかし、これは財産隠しとみなされて、個人再生の認可が下りなかったり、自己破産の免責が認められなかったりします。

意図的に財産を隠すことはやってはいけないことなので、いくら車を残したいからと言って名義変更をしてはいけませんよ。

車を残したいと思い、名義変更をしたいと考えてもそれは難しいと考えておくのが良いですね。
財産隠しと見なされれば、個人再生の許可が下りなくなります。
車を残したいだけでの名義変更は止めておきましょう。

ローンの残債がある場合

基本的に個人再生は財産の差し押さえはないと考えてください。なので、車も差し押さえの対象外となります。
ほかにも、高価な家具や家電も差し押さえの対象外となっています。

ただし、借金の担保(抵当)に家具や家電を入れている場合は異なります。これは車も同じで、担保権の実行までは個人再生では防ぐことができません。

なので、自動車をローンで購入し、ローンが残っている状態で所有権が付いている場合はマイカーは自動車ローンの債権者に引き上げ(差し押さえ)されてしまいます。

Free illustration: Profits, Boom, Economy, Woman - Free Image on Pixabay - 618372 (13925)

車を購入した際にローンを組んでいるときは、車の名義はローン会社の物ですので、車は引き上げられる可能性が高くなります。
ローンの残債がある状態で個人再生を行うと車を失う可能性がありますね。

ローンを完済する

Free photo: Taxi Cab, Traffic, Cab, New York - Free Image on Pixabay - 381233 (13921)

個人再生を行っても、マイカーローンを完済していれば所有名義は債務者本人であるため、手元に残すことが可能です。しかし、返済が完了していない場合には、原則としてその車の所有権はローンの債権者にあります。そのため、債権者から車の引き渡しを求められれば債務者は拒否することができません。ただし、残債があっても、所有権がローン会社ではなく車の販売会社などにある場合は、債権者からの引き渡し要求を拒否できるとされています。個人再生の予定があってマイカーを所有している場合には、車検証で所有権がどこにあるのか確認しましょう。

車を仕事で使用する場合や親族などがローンの残債を一括返済できる場合にも車を保有し続けられる可能性があります。

車の名義は本人で有り、そしてローンの残債があれば車を失わなくて済ませることが出来ます。
特に仕事などで利用するのであれば、車の所有を認められる可能性は高そうですね。
その代わりに、車の費用に関しては清算価値と評価されますのでその分弁済額は増えてしまいます。

財産目録

Free photo: Writing, Write, Person, Paperwork - Free Image on Pixabay - 828911 (13924)

また、財産目録には、きちんと手持ちのすべての財産について記載することが必要です。

個人再生では、債務者が所有する財産分については、最低限債権者に支払をしなければならないという原則があります(清算価値保障原則)。

そこで、債権者への支払を減らしたいがために、財産目録にすべての財産の記載をしなかったり、虚偽の記載をしてしまいたくなる人もいます。しかし、そのようなことをすると、結局個人再生手続きが廃止されて手続き自体に失敗してしまうおそれがあります。

たとえば、実は高額な生命保険に加入しているのにそれを隠して財産目録に記載しなかった場合や、車を持っているのにそれを財産目録に記載しなかった場合などには、個人再生手続きが廃止されてしまいます。

個人再生を行う際には、財産目録を提出することになります。
この目録を元に弁済額などを決定していくことになります。
財産目録は虚偽の記載をしてはいけません。虚偽の記載は、詐欺罪もしくは個人再生の廃止となる可能性があります。
個人再生では財産目録はきちんと作成しておきたいですね。

個人再生で意図的な名義変更は認められないのですが、ご自身の財産として目録に記載できる状況であれば所有することが可能ですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |