【住宅ローンの審査】自己破産後だと組めるまで何年かかる? | キュレーションメディア

【住宅ローンの審査】自己破産後だと組めるまで何年かかる?

自己破産をしたけれども、将来的には住宅ローンを組んでマイホームを購入されたいと考える方も少なくないですよね。そこで知っておきたいのが、住宅ローンは自己破産後どのくらいの期間で組むことが出来るのかと言うことです。組めるまでの期間や、住宅ローンを組む際の注意点について紹介します。

自己破産後の住宅ローン

Free illustration: House Insurance, Protect, Home - Free Image on Pixabay - 419058 (12547)

自己破産をしても、その自己破産をしてから一定の期間が経過すれば住宅ローンを組むことは可能です。
自己破産をすると、信用情報機関というところに「○○という人が自己破産をした」という情報が登録されることになります。

顧客から住宅ローンなどローンの申請があったローン会社(銀行など)は、その信用情報機関に対し、住宅ローンの申し込みをした顧客の過去の借金の返済状況などを照会することができます。
当然、信用情報機関に照会をして過去に自己破産をしたという「事故情報」のあることが判明すれば、ローン会社はローンの申請を却下することになります。

この信用情報機関における自己破産の事故情報としての登録期間は「5年」とされていますから、自己破産の後最低5年間は住宅ローンは組めないということになるのです。

自己破産後に住宅ローンを組みたいと考える場合、基本的に自己破産後すぐにとは生きません。
信用情報機関に掲載されてしまいますので、その情報が消えない限りは難しいと考えるのが普通です。
銀行にしても消費者金融にしても、信用情報機関に加盟しておりその中でも情報を共有しています。

どのくらいの期間なのか

Free photo: Clock, Pocket Watch, Gold, Valuable - Free Image on Pixabay - 597435 (12548)

住宅ローンを申し込めば、金融機関は信用状況を照会します。自己破産の情報があれば、まず審査は通りません。しかし永久に無理なわけではありません。登録情報は5年から10年で抹消されます。まだ若いならば、その間に頭金を貯めて登録が抹消されたら晴れて住宅ローンを申し込みましょう。
まれに抹消期限が来たにもかかわらず手違いで情報が抹消されないこともあるようです。「いずれ消える」と構えずに、定期的に確認しましょう。もしも期間経過後に情報が残っていたらその旨連絡すれば抹消してもらえます。
信用情報機関に掲載される期間というのは、信用情報機関によって異なります。
5年で消えるところもあれば10年かかるところもあります。
1箇所が消えれば大丈夫と言うことはなく、全ての信用情報機関から消えるまで待ちましょう。
そこまでの期間は10年と考えるのが良いですね。

情報開示をする

Free illustration: File, Document, Internet, Paper - Free Image on Pixabay - 1235934 (12561)

住宅ローンを組む前に、自分の信用情報を確認する必要があります。情報は各情報機関に直接行く方法と、郵送で取り寄せる方法があるので、どちらか都合のいい方法で情報開示をしましょう。

信用情報の開示を入手すると、破産記録も事故情報もないことに驚くと思います。この金融取引が全くない状態をスーパーホワイトと呼びます。これで事故情報が載っていないことが確認されたので、いよいよ住宅ローンの申し込みをします。

信用情報機関に掲載されている情報は、当事者ご本人でしたらいつでも開示請求を行うことが出来ます。
開示請求を行う際には、手数料などが必要となります。
ご自身があとどのくらいの期間で信用情報から消えるのかを確認するためにも、開示請求は行っておきたいですね。

免責をしてもらった金融機関は避ける

ところがAという銀行に借金の免責をしてもらった場合、社内情報として10年経過後もその本人の情報を保有し続けます。

簡単な話、一度自分のところに迷惑をかけた人にはローンを組ませませんということ!結構な確率で否決されるので細心の注意を払ってください。

Free illustration: City, Skyscrapers, Ball, Mirroring - Free Image on Pixabay - 408952 (12563)

自己破産で免責をしてもらった金融機関から住宅ローンを組むのは避けた方が良いですね。
金融機関では、すでに二度と貸してくれないリストに入ってる可能性があります。
免責を受けていない金融機関に住宅ローンを申し込むのが良いですね。

金利の重要性

Free vector graphic: Compound Interest, Finance - Free Image on Pixabay - 1296451 (12562)

金利の審査です。
金利の審査とは住宅ローンを変動金利で借りた場合に、将来金利が上昇したときに払えますか?ということを考えるものです。
現在の日本の住宅ローン金利は、著しく低下しています。
ですので、借りいれするときの金利はとても低いかも知れません。
ですが変動金利で住宅ローンを組む際に注意しなければいけないのが、将来的に金利の上昇がおきても返済出来るのかどうかと言う点です。
こういった点に注意をしながら、住宅ローンを組むことが重要ですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |