【正しい知識を習得】着物のお手入れの仕方について | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【正しい知識を習得】着物のお手入れの仕方について

着物を着終えたときのお手入れの仕方や、洗濯の方法、保存する方法やしまい方についてご紹介します

着物はきちんとしたお手入れが重要です。
次の世代に向けて残しておくためにも、メンテナンスの仕方を覚えておくことが大切になっていきます。

着物を着終えたときは

1、着物を脱いだらすぐに衣紋かけや、なければハンガーに掛けて1日吊るしておきます。湿気をとって、シワを伸ばすためです。
ただし、あまり長く吊るしておくと布が伸びて、裾が袋状になったりしますから気をつけましょう。
2、 その間、衿・袖口・裾の汚れがあるようなら、ベンジンやホワイトガソリン(アウトドア用品で売ってます)などを しみ込ませた布で軽く拭いて置きます。
3、 シワがとれずアイロンをかける場合は、スチームアイロンを使うのは水垂れになったり、着物が縮んだりするのでさけましょう。
ドライアイロンにするか、あて布を使用します。
あまり押し付けたり力を入れ過ぎると、テカリの原因になるので軽くあてます。
着物を着終えたら、すぐにお手入れ体制に入ってください。
まず着替えることが先決です。
着物はとてもデリケートな衣装ですので、着物を着たまま家の中を徘徊したりするのはやめておきましょう。

洗濯できる物

肌着類、足袋は洗濯へ

【肌襦袢、裾よけ】
直接肌に触れるものなので、着るたびに、すぐに洗濯します。 絹物以外のものは、手洗いか、洗濯機でも洗えます。
【足袋】
足袋も、すぐに洗濯します。 木綿の白足袋は、普通の洗濯用洗剤で洗濯機洗い。 特に汚れのひどいときは、洗濯石鹸を塗りつけるか、ブラシなどでざっと落としてから、洗濯機に。 色足袋や刺繍のあるものなどは、おしゃれ着用洗剤を使って手洗いしたり、クリーニングに出すのがよいでしょう。
【半襟】
長襦袢から半襟を外し、洗濯します。 正絹の半襟は、おしゃれ着用洗剤で軽く手洗い。 化繊や木綿の半襟は洗濯機で洗います。洗濯したら、仕上げにアイロンを。

アイテムによっては洗濯しておけます。
肌着や半襟は洗濯機に入れて洗えるので、なるべく早く洗ってあげることが重要です。
草履は手洗いの方が良いので、自分では難しい方や、忙しい方はクリーニングに出すのも一つの手段です。

着物のしまい方

着物、長襦袢、帯はそれぞれ別にして、文庫(たとう紙)に包んでからしまいます。着物の保管は防湿の高い桐タンスか、せめて普通の和ダンスに。絶対に避けたいのは通気性が悪く湿気のこもるものプラスチックの収納ケースや、湿気を呼び込む段ボールなどの紙製の箱です。コーリンベルトなどのゴム製品と、箔を使った着物や帯は、必ず別々に保管します。一緒に保管すると、ゴムの硫黄成分が箔を黒変させる恐れがあります。
着物は、アイテムによって保管場所を変えることが大事です。
変色などしてしまったら、大事です。

防虫剤を入れておく

存にあたっては防虫剤を入れて、虫がつかないようにすることが大切です。 防虫剤といっても薬品を使用しない天然のものがありますので、からだの為にも天然のものを使用した方が良いでしょう。防虫剤は着物に直接ふれないように注意いたしましょう。 乾燥剤は、湿気を吸い取ってくれるので、お着物の保存状態を良くしてくれます。 ただし、「除湿剤」など液体が入るものは、除湿した水がこぼれてしまう可能性があるので 充分にご注意ください。
折角の綺麗な着物が、虫に食べられないように注意しておくことも大事です。
防虫剤や除湿剤などで対策を取っておきましょう。
我が家では、畳(たとう)紙に包んで防虫剤を入れ、桐箱にしまってありますよ。
たとう紙は擦れや湿気、紫外線による劣化を防いでくれますし、防虫剤は虫食いを防ぐ為には欠かせません。
最低限、この二つは使用して下さい。絹は、元を辿ればお蚕さんの吐いた糸から出来る繭です。虫が喰わない筈がないですよ。
あとは、必ず密閉出来て比較的空気が遮断されたスペースが必要です。
桐タンスが無い方は桐箱を購入するのも有りですね。
後はスペースの確保が大事です。

高価で大切な着物ですから、大事に保管することを心がけたいですね。
次回も綺麗に着られるようにしておいてあげることが大切なことです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |