離婚は大変…マイホームはどうすれば…任意売却で解決! | キュレーションメディア

離婚は大変…マイホームはどうすれば…任意売却で解決!

離婚を行う際に大変なのが、住宅に関する事です。財産分与はどうするのか、売却はどうするのか、住み続けるのはどちらにするのか等々、数多くの問題が出てきます。それぞれのケースでどう対処していけば良いのか、任意売却をした方が良いのか紹介します

離婚をするときの任意売却

 (7808)

最近では、夫婦共有名義で住宅を購入するケースが多く、離婚をした場合、住宅をどうしていいかわからないというお悩みの方が増えています。
夫婦共有名義の場合、住宅を売却するという両者の意思が必要です。離婚後、時間が経過してしまうと、売却に同意しなかったり、連絡が取れなくなってしまったりという場合もあります。
このようなトラブルを避けるためにも、早期に住宅の問題を解決しておくことが大切です。離婚による住宅売却、住宅ローンが残っていても大丈夫です。
住宅を売却して全額返済出来ない場合でも任意売却なら売却できます。
離婚したときに、問題になるのが住宅をどうするのかという問題です。
離婚で起きる最も大変な作業ではないでしょうか。
離婚後の住宅は、色々なケースで対応をしていかなければいけません。
どういったケースがあるのでしょうか。

マイホームを所有している場合

 (7811)

マイホームを所有している状態での離婚。
夫婦どちらもその家に住む予定がない場合には、処分してから離婚したいものです。
自宅の売却方法としては、「通常の売却」と「任意売却」とがあります。 自宅を売却して住宅ローンが完済できるか、できないかによって、どちらの方法になるかが決まります。
通常の売却①:自宅を売却する事により、住宅ローンを全額返済できる。
通常の売却②:自宅を売却しても住宅ローンを全額返済できないが、不足分は自己資金で補える。
任意売却:自宅を売却しても、住宅ローンを全額返済することができない。.
どちらもマイホームに住まないと決めたのなら、売却を検討された方が良いです。
賃貸などにするのも一つの手段ですが、その賃貸料の分配なども大変です。
通常に売却できるのが一番良いのですが、手っ取り早く売却したいときは任意売却を行った方が良いですね。

夫(所有者)が家に住むケース

 (7810)

財産分与の話し合いの結果、夫がローンを支払いながら そのまま住み続けることになったので、所有名義も住宅ローン名義も夫単独に変更し、連帯債務者である妻は連帯債務から外れ、全てスッキリしたいと希望するケースです。
家を出る妻が、所有名義を外れる(共有名義から夫の単独名義に変更する)ことは、 銀行との話し合いによっては可能な場合もありますが、連帯債務者の責務を逃れることは難しいでしょう。
住宅ローンの名義変更は難しいが、 基本的には銀行との交渉次第なので、とりあえずトライしてみる。
離婚後に起こり得る名義変更トラブルを想定し、ローンを組む時は慎重に決める。
住宅ローンは支払い可能な範囲で組むようにする。
それでもなおかつ、ローンが払えないとなれば、住宅(不動産)を売却することも選択肢のひとつとして考えてみる。
連帯保証人が妻である場合で夫が住んでいた物件に住み続ける場合は、妻は連帯保証人から受けたくて無抜けることが出来ません。
どうしても連帯保証人から抜けたい場合は、銀行に何度も話をしていくか、物件の売却を検討しなければいけません。

妻が住み続ける場合

 (7809)

この場合は、住宅ローンの名義人である夫が家を出て行くため、住宅ローンの前提である「住宅ローンの名義人がその住宅に住んでいること」が守られないことになります。
そのため、これを理由に債権者(銀行など)は一括返済を求めることができることになります。

夫が住宅ローンの返済を直接行う場合、返済が滞った場合の対応策が妻にはありません。
しかし、離婚協議のときに妻を間に挟んで返済を行う約束をしてもらうことで、返済が滞ったときに妻は夫に対して「求償権」を得ることができます。
これをさらに確実にするため、離婚協議書を公正証書にする、またはこの内容を調停調書に盛り込んでもらうことで、債務不履行時に元夫の財産を差し押さえることも可能になり、リスクを減らすことができます。
ただ、これらの手続きをご自身で行うことは難しいかと思いますので、専門家に相談なさったほうがよいかと考えます。

妻が連帯保証人で、夫が家を出て行く場合は、債権者一括で返済を行う可能性もあります。
妻に安定した給与があれば問題が無いのですが、そうで無い場合は、夫が住宅ローンを支払うことになります。
この際に夫が住宅ローンを支払わなくなったときに妻には対応策がないのですが、離婚調停で夫が納得すれば返済の保証がされる可能性はありますが、そういったことがうまくいくのかどうかと言うのも大変な作業です。
こういった場合は任意売却を考えた方が良いかもしれません。

相談をすることが重要

 (7812)

妻が連帯保証人や連帯債務者から外れたい場合も、家を売っても住宅ローンが残りそうなので任意売却する場合も、銀行などの債権者の同意なしには進みませんので、まずは相談から始めましょう。
不動産屋さんも、任意売却のことをよく知っている方が好ましいので、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することが必須です。
売却査定額も不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません。
どちらにせよ、弁護士や司法書士などに相談をするところから始めるのが一番良い方法です。
ケースごとにより解決策を考えてくれます。
離婚はとても疲れることです。
少しでも早く離婚を行うためにも、任意売却を行い住宅のことは専門家に任せてしまうと言うのも一つの方法です。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |