スイスフランの特徴って何? | キュレーションメディア

スイスフランの特徴って何?

pics2574
http://www.civillink.net/sozai/images/pics2574.gif

スイスフランとは

スイス・フラン(ドイツ語: Schweizer Franken(シュヴァイツァー・フランケン)、フランス語: franc suisse(フラン・スュイス)、イタリア語: franco svizzero(フランコ・ズヴィッツェロ)、ロマンシュ語: franc svizzer(フランク・スヴィッツェル))は、スイスとリヒテンシュタインの通貨。くわえて、イタリアの飛地カンピョーネ・ディターリアの通貨、ドイツの飛地ビュージンゲンの非公式な通貨である。
通貨記号はFr.、SFr.、CHF(ラテン語国名のConfoederatio Helvetica Franc の頭文字)。ISO 4217の通貨コードはCHFで表す。補助単位はそれぞれの言語でラッペン(ドイツ語: Rappen, Rp.)、サンチーム(フランス語: centime, c.)、チェンテージモ(イタリア語: centesimo, ct.)、ラップ(ロマンシュ語: rap, rp.)と呼ばれ、1フランの100分の1に値する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3
1FR1995
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c6/1FR1995.jpg

スイスフランは、主にスイスの通貨ですね。その他の国でも使用されています。
FXではCHFと表記されています。

スイスフランの特徴

永世中立国のスイスは政治的中立性ゆえに、世界で最も優れたセイフヘブン(隠れ家・安全)通貨として広く認知されています。スイスフランの流動性は低いですが、戦争や紛争など世界的な不安定や不確実性の時代には、投資家の資金の安全な避難先通貨としてよく買われます。
世界で最も安定した通貨のひとつといわれています。スイスフランの金利水準が非常に低く、キャリートレードで使用されるます。

http://www.mo-ney.net/about/currency/chf.html

スイスフランはスイスという国自体に世界的な信頼が厚いことから、安定した通貨として知られています。
世界で何かが起こって時などによく買われる通貨の一つです。

金利が低いのも特徴

スイスフランで儲けを出していこうとする場合、スワップなどは向いていないと言えるでしょう。
その理由は、日本や米国と同じく非常に金利が低いからです。低金利の通貨というのは多くの投資家にとって周知の事実で、スワップ狙いでスイスフランを利用するトレーダーは皆無でしょう。
スイスフランで儲けを出していく場合はスワップではなく、キャリートレードが一般的です。キャリートレードとは低金利の通貨を使い高金利の通貨を買う事で、その金利差で利益を出していく方法です。
スイスフランと同じく金利の低い日本の円なども、このキャリートレード用としてよく用いられます。比較的ユーロと連動性が高く、その為ユーロの動向を見守る事で予想が立て易い面も持っています。

http://fx-works.jp/chf/

スイスフランはとても金利が低い通貨です。
それは、世界的見てもに安定しているからにもよります。
日本円にとても似ており、スワップで儲けを出すのは難しい通貨ですのでキャリートレードで儲けを狙うのが一般的です。

スイスフランが動くとき

最近ではユーロのリスク回避から買われる傾向を見ても、ユーロの動向が直接影響を与える要因となることが分かっています。
ですからユーロのネガティブな情報は常にチェックしておき、なおかつユーロ加盟国の先進国でもあり隣国ドイツの経済状況というものが一つの指標になると言えます。
アメリカドルに影響を与える経済指標は以下になります。
KOFスイス先行指数
KOFスイス経済研究所が発表する先6ヶ月の景気状況の予測。
失業率と貿易収支
スイス経済自体安定していますが、一番の貿易相手国のドイツの動きには注目しなければなりません。
スイス以外のキャリートレード通貨の値動き(低金利通貨・円・ドルなど)
ユーロ危機や金融恐慌等世界で為替の大きな動きがある時は買われる傾向にありますのでそちらも常に頭に置いておくと良いでしょう。

http://point-g.rakuten.co.jp/fx/currency/chf.html

スイスは安定した経済を行う国ではありますが、日本と同じように近隣諸国の景気にも左右される通貨です。
ドイツには多くの隣国がありますが、特にユーロの中でも一番の経済力を持つドイツの動向は注視しなければいけません。

円と似ているスイスフラン

ドルスイスはドル円とよく似た動きをし、長期トレンドが出来やすい傾向に有ります。
けれど日本同様貿易が主流の国ですから、スイスフランの高騰時にはスイス中央銀行の介入が入ると思っていいでしょう。
高騰時を狙い、「売り」で入るのも一つの方法ですが、対ドルで、有事のキャリートレードの流れに乗るのが一番やりやすいと思います。
経済リスクが高まると、円・フランは買われるというのを頭に入れておきましょう。

http://fxism.jp/archives/1034

スイスフランは円ととても似ている通貨です。
低金利でもあるスイスフランに日本人はあまり興味を持ちませんが、スイスドルの動きと円ドルの動きは比較的近い物があります。
こういった点から、スイスフランの取引を行う際には、円の動きも見ておくと取引が有利に運べます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |