グルコサミンはサプリで摂るのが良い? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンはサプリで摂るのが良い?

グルコサミンは、テレビCMでもよく出ていたので誰でも知っているせいぶんではないでしょうか。主に関節炎に効くと言われています。グルコサミンの、成分やなぜサプリメントから摂取する方がいいのかなど、まとめてみました。

グルコサミンの成分

グルコサミンとは

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」のひとつで、動物の皮膚や軟骨、甲殻類(エビやカニなど)の殻に含まれています。わたしたちの体では、皮膚と軟骨のほか、爪や靭帯(じんたい)、心臓弁などに糖タンパク質の成分として存在しており、細胞や組織を結びあわせる役割を担っています。

このように、もともと体内でつくられている成分なのですが、年齢を重ねていくにつれて減ってしまうという特徴があります。それにより、軟骨関節がすり減りやすくなり、関節の痛みが生じるといわれています。

そこで、不足しているグルコサミンを定期的に摂取することで関節軟骨を強化し、関節炎や変形性関節症の予防や改善を目指そうという理由から、グルコサミンを配合したサプリメントなどが数多く出回っています。

グルコサミンは骨と骨の間に存在する、軟骨の構成成分のひとつ。軟骨は弾力性に富んでおり、体を動かす際、骨と骨が直接当たって擦り減るのを防いでくれます。

軟骨は70%前後が水分。残りの30%はグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどで構成されています。

グルコサミンはもともと人間の身体に存在する成分ですが、加齢や肥満、運動不足などが要因となり、20歳を過ぎた頃から生成量が減少していきます。

グルコサミン不足で軟骨がすり減るようになると、関節を動かすたびに痛みが走るようになります。より柔軟な軟骨を作り続けるため、グルコサミンを補う必要があるのです。

他には、激しい運動をし続けた人も関節炎になってしまうことがあるそうです。
ですので、スポーツ選手が多く愛用しているみたいです。
グルコサミンの効果・効能で最も注目されるのが関節痛についてです。
関節痛の原因はこのすり減り、骨と骨があたってしまう様になり痛みが発生してしまうことです。
その軟骨はプロテオグリカン、水分、コラーゲン、軟骨細胞で出来ています。この軟骨の主成分でもあるプロテオグリカンという成分をを作り出してくれるのがグルコサミンなのです

プロテオグリカンは軟骨の水分を沢山保ち、スポンジのように水分を調節させ関節を曲げた時にかかる圧力を分散してくれて吸収もしてくれるクッションのような 働きをしています。そして水分を吸収し元の形に戻します。またグルコサミンは関節の炎症も抑えてくれる働きもあり、軟骨を修復し再生させてくれる効果もあ るとされ変形性関節の治療でも注目を浴びています。

関節炎を発症してからでも遅くないですね。ただ、効果が出るまでに少し時間がかかるそうです。徐々に痛みがなくなっていったりなど効果が現れてくるでしょう。
グルコサミンが有名になったのは、1997年のことです。
アメリカ人医師がグルコサミンの効果と働きについて本で紹介したのが始まりだそうです。
グルコサミンは、人間の体内で生産されますが、年を重ねるにつれて生産されにくくなります。
20歳を過ぎたあたりからだそうです。
関節にたくさんの負荷をかけるスポーツや仕事をしている方は、グルコサミンを摂ることをおすすめします。
無料の写真: 丸薬, 食品のサプリメント, 黄色, オメガ 6, Efamol, 4 - Pixabayの無料画像 - 347606

膝の関節炎では、医療用の治療としても使用されているそうです。
食品からも摂取することはできますが、サプリメントで摂取した方が高濃度の成分を手軽に摂取できるでしょう。1日1回サプリを飲めばよいので、いつでもどこでも気軽に摂取することができます。また食事では毎日一定量のグルコサミンを摂取するのは極めて難しいのですが、サプリメントであれば含まれる量はきまっていますので、同じ品質で同じ量のグルコサミンを摂取し続けることができ、効果を実感しやすいでしょう。
たしかに、毎日食品から摂り続けるのは難しいですよね。
それに、吸収の面では食品よりもサプリメントの方が吸収されやすいので、
サプリメントをおすすめします。
サプリメントだと時間を気にせずいつでも飲めるので楽ですよね!

グルコサミンをサプリで摂取する理由

グルコサミンの効果

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |