法的基準はあるの?借金の合計金額がどのくらいから自己破産は可能になる? | キュレーションメディア

法的基準はあるの?借金の合計金額がどのくらいから自己破産は可能になる?

自己破産はどのくらい借金があると裁判所に認められて借金の免責がされるのか、分かりにくいですね。法的な基準をまとめました。

多くの人が考える自己破産のイメージは、借金の総額が数千万円単位で、絶対に返済は無理に感じるような膨大な借金がある人というかもしれませんね。
実際の自己破産に関しては、特定の借金総額ラインのような基準は設定されていません。

自己破産が認められるボーダーラインは?

 (2323)

こういう質問もありました

自己破産って、金額的にいくら位から出来るのでしょう。友達でサラ金5社で合計230万ほど借りていて、月の返済が10万位あるそうです。それで彼の手取りが12万しかないのです。これって普通に考えて生活できませんよね。この場合、破産宣告すれば出来るのでしょうか?
手取りの給料が12万円で、毎月の返済が10万というのは、明らかに破綻状態です。
でも、借金の総額は230万円ですから、それほど大きな借金ではないですよね。

支払い不能状態かどうかがポイント

自己破産の要件として「支払い不能状態」であることが挙げられます。
つまり、借金がいくらだから自己破産できるかできないかではなく、借金がいくらであろうと支払い不能状態であれば、自己破産手続を取ることができるということです。
多少極端な話ですが、たとえば生活保護の方は、受給している生活保護費を借金の返済に充てることを禁じられています。
つまり、すべての生活保護の方は借金の支払い不能状態であるといえます。
まずポイントは、支払い不能であるということです。
生活保護受給中のケースでは、ケースワーカーとの相談になるでしょうけれど、基本的に任意整理などの債務整理はできなくて、自己破産になるそうです。
「いくらの借金があれば自己破産できるのか?」
「100万円以下の借金でも自己破産できるのか?」

いくら以上の借金がないと自己破産できないという決まりはありません(・ω・)/

自己破産ができるかどうかは
支払い不能状態であるかどうかがポイントですポイント

負債額が低額であっても、
資産がなく、
生活保護を受けていたり、
収入が少なかったり、
一定の収入を得ていても
借金の返済に回す余裕がない特別な事情がある場合は、自己破産の申立てができます(^-^)/

「任意整理でも支払っていけるけど、どうせなら0にしたい」、
「返済したくないから自己破産する」ということは認められませんが、

支払い不能といえる場合であれば、
総債務額がいくら以上でないと自己破産ができないという決まりはありません(

自己破産が裁判所に認められるかどうかは、任意整理での債務整理が可能かどうかという判断基準があります。
任意整理の場合、金利を免除して借金の総額を3年から5年の分割払いで返済できる見通しがあることが条件です。
最大5年の分割払いではとても返済不可能な金額であれば、自己破産になります。
自己破産の手続きに関してはいくらから出来るのかという決まりは特に設定されていません。自己破産の手続きが出来るかどうかは支払不能状態にあるかどうかがポイントとなります。したがって借金の額がいくらからであっても自分が返済が出来ないと判断すれば手続きが出来ることになります。
債務者が支払不能の状態にあるかというのは、借金の総額だけではなく債務者の財産や収入、また借金が出来るまでの経緯によって裁判所が総合的に判断して決めることになります。現時点で借金の額が大きいものであっても収入の額や資産の額をまとめた総額が大きいものであれば、自己破産を行う必要はなくなります。
結局のところ、法律事務所のアドバイスを受けて、自分が返済できないと思ったら自己破産の手続きを行う事ができます。
自己破産を認めるかどうかは裁判所の判断となるということです。

裁判所の判断基準

支払不能かどうかの目安

借金総額が年収の1.5倍を超えている
約3年で分割返済することが不可能な借金総額であること
債権者との交渉によって任意整理しても返済が不能なこと

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |