グルコサミンの賢い選び方<知っておこう> | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンの賢い選び方<知っておこう>

グルコサミンはサプリメントの中でも有名な物です。グルコサミンにはどんな成分が配合されていて、効果があるのか、摂取方法などを紹介します。

ひとつ言うならば、グルコサミンサプリを一日2回から3回に分けた摂取方法なら、グルコサミンをより効率的に吸収できると考えられています。
グルコサミンの選び方として、次のようなポイントがひとつの基準となりますので参考にしてみてください。
1. 不純物のないもの
不純物が多いとせっかくの有効成分の働きを阻害してしまう恐れがありますので、購入する際は必ず成分表をチェックしましょう。
2. 分子量の小さいもの
同じ量のグルコサミンを摂るとしたら、分子量の小さいもののほうがより効率的に摂取できます。
3. 飲みやすい形状のもの
一般的には錠剤のものが多いのですが、錠剤やカプセルが苦手な方は、水などにサッと溶ける顆粒のものもありますので、飲みやすい形状のものを選びましょう。
軟骨の成分となるのがグルコサミンです。
人間の体内ではブドウ糖を元に生成されています。
関節痛がある方におすすめのサプリメントです。

グルコサミンとは

グルコサミンはかにやエビなどの甲殻類に多く存在しています。
ですが、甲殻類を毎日食べるのは大変です。
グルコサミンはアミノ糖ともよばれる物質で、私たちの身体の中でもブドウ糖を原料にしてつくられている健康成分です。身体の中でつくられたグルコサミンも食べ物から摂ったグルコサミンも、軟骨の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料になります。軟骨の成分にはそのほかに、コラーゲンなども含まれます。軟骨の健康を維持するには、グルコサミンはもちろんですが、多様な健康成分を摂取することが重要です。
最近では、グルコサミンがどのようにして関節・軟骨に作用するのか、そのメカニズムについて詳しく研究が進められています。それによるとグルコサミンは、単純に軟骨成分の原料となるだけではなく、軟骨の代謝を調節して軟骨修復を促したり、痛みがある部位で起こっている炎症を鎮めるはたらきがあることなどが確認されています。
グルコサミンは体内にも合成されている成分ですが、グルコサミンが減少すると、関節炎などを発症する恐れがあるとされています。

グルコサミンの成分と効果

関節痛があるからと言って、用法や用量はサプリメントの説明書に従いましょう。
過剰な摂取は、副作用の危険が伴います。

一日の摂取回数

ある程度の期間飲み続けるので、持ち運びに便利なサイズの物を選択することが大事です。
錠剤でしたら小さな容器などに入れて持ち運べます。
飲みやすさは個人差がありますので、自身が一番摂取しやすい物を選択することが重要となります。
1日2から3回でしたら、食事時が一つの目安では無いでしょうか。

摂取期間の目安

だいたい1ヶ月ほどで効果の期待ができます。
症状の程度によって、摂取期間は異なります。
グルコサミンは、サプリメントの中でも副作用も少なく、効果の期待が大きい物です。
関節痛などで悩んでいる方は、手軽に始められるサプリメントをおすすめいたします。

グルコサミンを服用する期間は、関節痛の症状の度合いで異なります。

軽症であれば、1ヶ月程度を目安に服用し続ければ、かなりの確率で症状を改善することが可能です。

正座ができないなどの中程度の症状であれば3ヶ月、立つ・歩くなどの動作が極めて困難なほど重症の場合は、半年から1年の服用が必要となります。

グルコサミンは人間の体の中で合成される成分であり、サプリで適切に摂取することについても大きな危険性はないと考えられます。しかし、グルコサミンを過剰に摂取することによって、胃痛や胸焼け、便秘、下痢などの軽い胃腸症状が発生する危険性が指摘されています。

1日あたりのグルコサミンの適切な摂取目安は、1,000mg~1,500mgとされています。何でもそうですがグルコサミンもまた摂取すればするほど良いというものではありません。摂取し過ぎることによって好ましくない影響が出る可能性があることを知っておきましょう。

飲み過ぎはダメ

どのようなタイプが良いのか

グルコサミン摂取方法

グルコサミンは、細胞と細胞どうしを結びつける結合組織としての働きがあり、 特に 膝 や腰 などの間接部分の細胞の新陳代謝において効果を発揮しています。
グルコサミンは、もともと体内でも合成される成分ですが、 加齢とともに、だんだんとグルコサミンの合成力は減少していきます。
そして、グルコサミンが減少していくと、関節と関節をつなぐ軟骨がだんだんと すり減りっていき、関節炎などを引き起こす原因になるといわれています。
グルコサミン(Glucosamine、化学式C6H13NO5)は、グルコースの2位の炭素に付いている水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つである。
グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在している。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |