【すぐに実践!】黒酢の効果的な飲み方とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【すぐに実践!】黒酢の効果的な飲み方とは?

健康に良いと言われている黒酢ですが、効果をより高くするための飲み方はあるのでしょうか?注意点と共に調べてみました。

黒酢は食品衛生法によって、賞味期限が製造から2年までと定められています。ただ黒酢はもともと長期間発酵・熟成させて造る「発酵食品」なので、2年を過ぎても品質が落ちたり体に良くないということはありません。むしろワインのように、長年寝かせるで、味も風味もまろやかになることもあるので、多少賞味期限が過ぎていても心配はありません。

寝る直前に飲むと歯を悪くするので注意しましょう。
(1)「ダイエットしたい!」

黒酢に含まれている豊富なアミノ酸やクエン酸には、ダイエットには欠かせない脂肪燃焼効果の他、基礎代謝の維持・向上も期待できます。黒酢を空腹時に飲むと胃に負担をかけてしまう場合があるため、食後に飲むようにしましょう。身体が温まっていて代謝が高い時に飲むのも効果がありますから、運動後や入浴後もオススメです。

黒酢はサプリか液体か?

黒酢の効果的な飲み方と注意点

サプリメントならまだしも、生の黒酢の酸は胃を刺激しやすいため、空腹時や胃腸が弱っている時の摂取は、なるべく避けるのがベター。食事といっしょに摂ったり、食後の一服に用いたりといった飲み方がおすすめです。

また、疲労回復を目的としているのであれば、朝起きてすぐに飲むと効果的といわれています。

ダイエットのために飲むのであれば、運動する直前や、新陳代謝が活発になる就寝時に飲むことで、効率よく脂肪燃焼ができます。

黒酢は体に大変よいものですが、良いからといっても多量に飲んではいけないようです。
基本的な摂取量というものが設定されているわけではありませんが、大体1日に15ml~30mlが適量だと言われています。
また、黒酢は強い酸性であるため、空腹の状態で毎日飲み続けると胃に負担が掛かってしまいます。
ですから必ず胃の負担を少なくするために食中や食後に飲んでください。
一番効率よく黒酢を摂取する方法は料理に使うことなので、毎日の食事に使ってみてもいいと思います。

黒酢の賞味期限と保存方法について

黒酢の飲む量とタイミング

黒酢が苦手だという方にとってはサプリメントは非常に有効だと思います。
一日に数粒だけ飲むだけでいいので手軽です。
また、旅行など外に出かけるときも便利だと思います。
もちろん、いくら飲みやすいといっても、飲み過ぎないように注意しなければなりません。
あと、苦手な方には料理に使ってみると、酢の風味が和らぐのでお勧めします。
黒酢の味や酸味がどうしても苦手という方は、黒酢の栄養成分を手軽に摂ることのできるサプリメントを利用しても良いでしょう。また、サプリメントならではの優れた点もあります。黒酢を効率的に摂取するには、液体とサプリメントを使いわけることも有効です。
飲むタイミングは?

空きっ腹で飲むと胃が荒れる可能性があるため、胃の負担を少なくするためということで食中、食後が良いと言われています。
食後や寝る前に飲む際には注意が必要です。黒酢は酸性ですので口の中を酸性にし、歯のエナメル質を溶かす恐れがあります。食中ですと、食事のときに唾液で口の中が中和されますが、食後や寝る前は水で口をゆすいで酸性の状態を和らげると良いでしょう。

また酸性で柔らかくなった歯が削れるのを防ぐため、黒酢を飲んだ直後よりも30分以上経ってから歯磨きをするのがよいそうです。

肉・魚料理に
黒酢は、油を使った肉料理や魚料理とも相性がよいです。黒酢を購入したけど、どうしても味が苦手で飲めないという方は、料理に使ってみると良いでしょう。肉料理や魚料理に黒酢をかけると、味もまろやかになり、健康にも良い食事になります。酢が入ると、後味もすっきりするかもしれません。
黒酢は酸が強いので日持ちするとは思いますが、味や効果が落ちてしまう可能性もあるので、出来る限り正しい方法で保存しましょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |