膀胱炎を予防できる!ブルーベリーがもたらす効果♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

膀胱炎を予防できる!ブルーベリーがもたらす効果♪

人に相談しにくい膀胱炎ですが、最近ブルーベリーが膀胱炎に良いと注目されているのをご存知でしょうか。ブルーベリーのどの成分が膀胱炎に効くのか、今回ブルーベリーと膀胱炎の関係について詳しく調べてみました。

アルブチンは尿中で分解され、ハイドロキノンを生じます。
ハイドロキノンは腎細胞を刺激し、利尿作用をもたらします。さらに殺菌効果も持つことから、尿路消毒薬や利尿薬として、膀胱炎や腎炎などによる尿路感染症や尿路結石の治療などに用いられています。
アルブチンが体内で加水分解されてヒドロキノンになり,これが尿路殺菌作用を示すとされています.
体内でのアルブチン濃度が不足なく生成されていても、どんどん外に溢れてしまうという病気もあります。

尿の検査をした時に「タンパクが降りている」と診断結果を受けたことはありませんか?
トイレの我慢をして膀胱炎を患ってしまった時などに、このような症状がでることがあります。

尿路殺菌作用があり、膀胱炎の予防に効果的

細菌の侵入も防いでくれます。

ブルーベリーの利尿作用

利尿を促進することが、膀胱炎を早く治す秘訣です。

ブルーベリーのアントシアニンに様々な効果が

膀胱炎の原因になる最近の粘着を防ぐ抗付着性があります。

尿路感染症予防に効果的なアルブチン

膀胱炎は細菌が原因の事が多いです。

眼の効用から始まったブルーベリーの研究ですが、現在までに臨床試験や研究によって様々な機能が確認されています。

1、毛細血管の透過性を低下→透過性が上昇すると多くの病気の二次原因となる
2、血小板の凝固を抑制→血栓症を予防
3、コラーゲン基質を強化
4、尿路感染症(膀胱炎)の治療に有効→膀胱炎の原因になる最近の粘着を防ぐ抗付着性
5、抗ガン作用
6、糖尿病での血糖値を調整→インスリン注射量を減らせる
7、老化に伴う脳神経細胞能力の回復効果
8、強力な抗参加作用

などです。

ブルーベリーに含まれるポリフェノール類は、アントシアニン、クロロゲン酸、プロアントシアニジン、フラボノール配膳体、カテキンなど。

アルブチンは膀胱炎には非常に有効です。
尿路感染症には抜群の効果があるので、
ウイルス性の膀胱炎の予防や治療にはブルーベリーが大きな仕事をしてくれます。

アルブチンを含む薬を飲むのは副作用などのリスクがありますが、
ブルーベリーなら果物ですので安心ですね。

膀胱炎・健診の異常・その他 いぐち腎泌尿器クリニック

膀胱炎は頻尿の症状、つまりオシッコが近くなります。
利尿作用があるブルーベリーをとれば症状が悪化しそうですが、利尿と頻尿は全く違います。

何かしら原因があるので頻尿になるのですから、
利尿を促して尿路や膀胱の掃除をすれば、状況は改善されることが多いのです。

ブルーベリーにはそうした利尿を促進させる成分が含まれています。

ブルーベリーにも健康効果の高いアントシアニンが多く含まれています。
普段からブルーベリーを食べれば、膀胱炎になりにくい体をキープできます。
膀胱炎の原因は様々ですが、最も多いのが細菌感染によるものです。
ウイルスを防ぎ尿路を綺麗にすることが、ウイルス性の膀胱炎の予防や治療に重要です。

ブルーベリーはそうした膀胱炎予防にはぴったりの健康食品と言えます。
抗ウイルスの作用もありますし、尿と一緒に排出する作用もあります。

ブルーベリーに含まれるビタミンAは皮膚や目、鼻や喉などの粘膜を保護する働きによって病原菌などの細菌の侵入を防いでくれますし、尿路殺菌作用をもつアルブチンを含んでいることから、女性に多い膀胱炎などへの予防改善に効果的であるという報告もされています。

ビタミンCの含有量自体が多いわけではありませんが、捨てる部分がないことと、生のままビタミンCを壊さずに食べることができますので、実質摂取できる量を考えると決して少なくありません。ビタミンACEをまとめて摂取できるフルーツと言えるでしょう。

栄養成分的に見ると採れたての熟したブルーベリーを生食するのが最も効率よく有効成分を摂取できます。

ブルーベリーを体内に取り込むと、俗に言う「オシッコ」の出が良くなるのだそうです。

その取材を受けてくれた人物は、高齢男性の親族になるので、人柄もよく知り尽くしていますが、決していい加減な事を言う人間ではありません。それに、この「尿の出が悪い」という問題は、高齢に達すると深刻な悩みになるらしいですね。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |