任意整理なら特定の債権者を選べる!《自己破産・個人再生は×》 | キュレーションメディア

任意整理なら特定の債権者を選べる!《自己破産・個人再生は×》

複数の金融機関からの借り入れや、複数の滞納などの負債を抱えている状態を「多重債務」といいますが、その解決方法として債務整理をする場合、いくつかの選択肢があります。ここでは任意整理を使った債務整理の利点について紹介します。

債務整理はひとつだけじゃない

消費者金融などからの借り入れを返すことが出来ず、督促状や催促の電話から逃れたい、
そんな気持ちの焦りから、つい他の金融機関からお金を借りて、それを返済に充ててしまい
それぞれの借金や利子が膨れ上がってしまった状態、それが「多重債務」の典型的なケースです。
多重債務を解決する方法として「債務整理」という手続きがありますが、一般の人には
債務整理=自己破産だと勘違いしている方が多いようです。
Free illustration: Money, In Debt, Debt, Without Money - Free Image on Pixabay - 1248598 (14322)

借金返済問題の解決方法を総じて「債務整理」と呼びます。この債務整理には,具体的な方法として,いくつかの方法があります。

主要なものは,自己破産・個人再生・任意整理です。また,払いすぎた利息(過払金)の返還も,債務整理の一種といってよいでしょう。

さらに,債務整理のための特殊な裁判手続として特定調停もあります。消滅時効の援用,相続放棄なども,場合によっては,債務整理の方法として利用することが可能です。

生活の建て直しには、まず債務整理手続きをはじめる!

それぞれの債務整理の方法などについては省略しますが、
今現在の状況を脱するためには、始めることが大事です。
債務整理の手続きを開始することで、確実に一歩前へ進むことが出来ます。
Free photo: Hiking, Walking, Hiking Shoes - Free Image on Pixabay - 1149891 (14323)

債務整理の手続を始めると…
(1)返済額を確定するために、請求が止まります。
(2)返済する金額は、15%、18%、20%の利率で初回借入日から再計算します。
(3)今までに払い過ぎていた利息は元金を返済したものとみなされるので、返済額が確実に減少します。

※請求が止まり、返済額が減れば、生活の立て直しがしやすくなります!!

借金がすべてチャラに!?自己破産のメリット・デメリット

債務整理の中で、もっとも強力な効力があるのは「自己破産」です。
消費者金融からの借り入れから、個人的な借金まで全ての負債をまとめてチャラに出来る
という強力な債務整理の手続きです。
しかし一方で、所有する全ての資産や財産を処分して換金出来るものは換金しなければなりません。
家やクルマ、長年かけてきた生命保険なども全て手放さなければなりません。
Free photo: Money, Danish Kroner, Danish Ears - Free Image on Pixabay - 965587 (14324)

自己破産すると、目立った財産はすべて失うことになります。破産手続きに入ると、破産管財人が就任して、申立人(破産者)は自分の財産をすべて管財人に預けます。管財人は、預かった財産を管理して、それらをすべて現金に換価し、債権者に対して平等に配当していきます。

たとえば破産者に不動産や預貯金、生命保険などの財産があっても、それらは債権者に配当されてしまうことになるのです。よって、債務者は、自己破産によって目立った財産をすべて失うことになります。

借金はなくしたいけど、残したいモノもある・・

人によっては複数の金融機関からの借り入れや負債があるけど、
中にはそれほど高額でない負債があったり、クルマなど手元に残しておきたい
財産がある人もいます。そんな人には自己破産は向いていないかもしれません。
Free photo: Model, Car, Auto, Transport, Red - Free Image on Pixabay - 1364607 (14325)

債務整理は、債権者平等の原則を重視しながら抜本的な経済的再生を目指すため、基本的には債務の一部のみに絞ることはできません。しかし任意整理では、ローンや保証人付きの債務などは対象から外すことも可能です。

一部の債権のみ対象にすることで、債務者が得られるメリットがいくつかあります。住宅ローン・マイカーローン、保証人との関係などです。またクレジットカードがしばらく使えるという点も、カードを利用することが多い人にとっては魅力になります。

このため債務整理を行うと持ち家が競売にかけられたり、車を信販会社に引き渡さなければなりません。しかし任意整理でこれらのローンを対象から外せば、持ち家や車を所有し続けることができます。

いいことばかりじゃない!任意整理のデメリット

ずいぶんと小回りがきく、便利な手続きだなあと思ってしまいますが
けっして良いことばかりではありません。
任意整理のデメリットについて説明します。
Free photo: Brown, Brunette, Female, Finger - Free Image on Pixabay - 18335 (14326)

任意整理の場合、今までのお借入期間やお借入金額、お借入時の利率によっては、現在の借金の残高からあまり減らないこともあり得ます。

この点で、個人再生や自己破産と比べると、借金を減額させる効果があまり高いとは言えないことがあります。

貸金業者の中には、その業者の方針として任意整理に応じないとして、任意整理に協力的でない業者もいます。

また、お借入期間中に何度も支払いが滞ったことがあったり、はたまたお借入期間が非常に短期間の場合には、任意整理に応じてくれないこともあります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |