ローヤルゼリーって国内産と外国産どっちがいいの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ローヤルゼリーって国内産と外国産どっちがいいの?

健康に良いと言われているローヤルゼリーには国内産と外国産があります。両者で違いはあるのでしょうか?調べてみました。

生ローヤルゼリーは国産で

鮮度が重要でもあり酸化するのも早いため、生ローヤルゼリーの状態で摂取を希望するのであれば、出来る限り国産を購入することをオススメします。
しかし、国産のものを手に入れるためには、高価でもあり希少なため手に入りにくいとも考えられます。また、国産と明記してある場合にも採取された原産地や、管理方法などをしっかりとチェックする必要があります。純国産の物を選びましょう。

生ローヤルゼリーなら国産ということですね。
鮮度を大事にするなら覚えておきましょう。

外国産ローヤルゼリー

国内産と外国産のどちらがいいの?-ローヤルゼリーの選び方ガイド
現在日本国内で販売されているローヤルゼリーは、外国産のものが多く出回っています。蜂たちの活動時期や、日本の養蜂規模などを考えると、外国産の原料に頼らざるを得ないと思います。また原料だけを輸入し、生産と販売は日本で行うというパターンもありますから、原産国が気になる人はチェックを。

ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類に分かれています。
生のローヤルゼリーは液状で、王台という女王蜂の個室に働き蜂が分泌してから、72時間以内に採取した液状のものです。
見た目はカスタードクリームのようで美味しそうなのですが、かなり味に癖があり、飲みづらいという意見も多いです。
台湾は沖縄よりもさらに南にある島国で、一年中温暖な気候が続く場所です。
ハチにとって花粉や蜜が一年中安定して確保できる環境にあるため、
ハチミツはもちろんローヤルゼリーについても継続的に採取することが可能です。
同じく中国の青海省についても、大陸性の気候で冬の間も暖かく、
夏は短く涼しいという特徴を持っているためハチが動きやすい環境にあります。

国内産と外国産のメリットとデメリット

国産のメリット

国産のメリットの1つには国産ローヤルゼリーの環境や材料の安全性、きちんとした品質管理があります。
花が育つ健全な土壌と残留農薬に対する見解・PM2.5等の大気汚染は、原料の花にも影響が及び健康食品であるローヤルゼリーの品質にまで深く関わって来るからです。

国内産は安全で品質も確かだけど価格が高い。
外国産はその逆といったところでしょうね。
ちなみに、はちみつなどでも中国産は品質にばらつきがあります。
私は中国の友人からよくお土産をもらうんですが、メーカーによって全く違うんですよ。
ですから中国産に関しては一括りにして考えないほうがいいと思います。

ローヤルゼリーには外国産が多い

実はローヤルゼリーの大半は外国産です。
9割以上は占めていると思います。
かつては日本もたくさん作っていたのですが、環境の変化や外来種の影響でミツバチが減ってしまったんですよね。
それで今は外国産が増えているというわけです。
ちなみにローヤルゼリーは圧倒的に中国産が多いです。
中国産というと品質に問題があるような気もするかもしれません。
ただ、中国はローヤルゼリーの歴史が古いので、選び方さえ間違えなければ問題はないでしょう。

ローヤルゼリーの生・乾燥・調整とは?

中国産の食品と聞くと、メディアで取り上げられるように汚染問題や管理の心配があるかもしれません。ローヤルゼリーを生み出すミツバチは、農薬や化学物質に非常に弱い性質を持っているため、日本に輸出されるローヤルゼリーは、厳格な管理基準で安全性を持つ農場や工場で生産されています。

中国産に次いで、近年、人気が高まっているのが台湾産です。日本のように四季があり、緑や草花が豊富にある台湾は、温暖な気候のためミツバチにとっても生息しやすい土地です。生産体制にも安心感があり、良質のローヤルゼリーが採れることから輸入量が増加しています。

日本ほどではないですが、台湾は食品の安全基準に関してはかなりうるさい国です。
自分たちは中国とは違う!って現地の人が言ってるくらいですからね。
台南の話ですけどね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |