【曖昧な人はみて!】裁判所は使うけど個人再生と自己破産は何が違うの? | キュレーションメディア

【曖昧な人はみて!】裁判所は使うけど個人再生と自己破産は何が違うの?

個人再生と自己破産は何が違うのでしょうか?どちらも裁判所を介入させた債務整理には違いがありません。では、どこが違うのかまとめてみました。

自己破産とは

 (3980)

裁判所に破産申立書を提出して免責許可ををもらって、全ての借金を帳消しにしてもらえる手続きなのです。
破産するためには、財産があっては出来ません。
財産もなく支払い不能となる場合には、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されて自己破産が出来るのか判断されると言う訳です。

メリットについてですが、
自己破産することによって借金をゼロにすることができます。
人生のリセットボタンを押すことにより、やり直しができます。

反対にデメリットについて考えます。
まず、信用を失います。
ここで言う信用とは社会的なものになります。
そのため銀行などのローンをしばらく受けられなくなります。
実際には受けられないわけではなく、審査がほとんど通らなくなります。

次に、財産を失います。
自己破産を申請した場合、20万円以上の価値のある財産はすべて没収されることになります。
そのため家や車といったものは失うことになります。

最後に、しばらくの間、自己破産ができなくなります。
一度自己破産をするとしばらくはその状態で頑張らなければなりません。
すぐの再度の自己破産というのは認められません。
以上が自己破産のメリットとデメリットになります。

自己破産は借金をチャラにできる代わりに全てを失う手続き、ということになります。
そこまで追い詰められていれば借金がなくなりさえすればいいかもしれません。
しかしながら、これはこれで非常に極端な手続きでもあります。
では、個人再生とはどんな手続きなのでしょうか。

個人再生とは

 (3995)

個人再生というのは、ちょっと乱暴な言い方をすると、自己破産と任意整理の中間のような制度です。
つまり、自己破産と同様に裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。減額幅は、任意整理よりは大きくなります。
債務を大幅に免責(5分の1程度)にし、それを3年で支払うという計画案(再生計画案)が裁判所に認可されれば、債務は計画案に記載された額まで減額されます。そして、3年での分割支払いが終われば、すべての債務がなくなります。返済期間については、特別な事情がある場合には、5年までの長期分割弁済が認められます。
個人再生は、裁判所を通すのは自己破産と同じですがすべての債務が免責されるわけではないんですね。しかし、これはかなり助かる制度です。自己破産のようにゼロサムではないところに使いやすさがあるのではないでしょうか。

個人再生のデメリット

 (3996)

信用機関に事故情報が載る
自己破産者と同じくブラックリストと言われる信用情報機関に、債務整理をした情報が載ることになります。
これにより、個人再生後に再びお金を借りることが難しくなることが考えられます。
信用情報に掲載される期間は最短5年~10年と言われています。

官報に載る
国が発行する新聞である官報に住所・氏名などが載ることになります。
しかし、官報にいちいち目を通している一般人は非常に少ないので、ご近所などにバレるのではないか?などとそこまで心配する必要はないと思います。

認められる為の条件が厳しい
個人再生は借金の金額や収入などの点においても条件があります。
以下の条件をしっかりと把握してから個人再生を検討してみてください。

1.返済能力があること
再生する資格がある人として、住宅ローン以外の名目の債務は3年以内に弁済を終える必要があるので、この間は定職で得た収入をある程度弁済金に充てる必要があります。

2.借金総額が5千万円以下
住宅ローンを除く借金総額が5選万円以下であること。

官報に載ることや事故情報が信用機関に載る(ブラックリストに載るということですが)、というのは自己破産と変わりませんね。しかし、やはり債務者に有利な仕組みにはある程度制約があるようです。きちんと返していけるだけの借金額で、その圧縮した借金を返せる収入があるか否かが重要になってきます。

個人再生のメリット

 (3998)

1.借金を大幅に減らすことができます
 個人再生は、裁判所での手続きを通じて、現在の借金のうちの「一定の金額(約2割、ただし最低100万円)」を、「原則3年(最長5年)の分割払い」で債権者に返済し、「残りの借金については免除」してもらう方法ですので、借金の残高が大幅に減額されることがメリットとなります。
 ただし、自己破産とは異なり、借金の返済義務がすべて無くなるというわけではありません。

2.自己破産では借金が免除されない人でも利用できます
 浪費やギャンブルでの借金など、自己破産では「免責不許可事由」に該当しそうな方であっても、個人再生であれば利用できる可能性があります。
 また、自己破産申立が可能な方でも、心情的に「少しは返したい」という方や、「自己破産だけはいやだ」という方は、あえて個人再生を利用することもできます。

3.特定の資格を有する職業の方でも利用できます
 自己破産申立てとは異なり、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱主任者、生命保険外交員、損害保険代理店、警備員などの資格を失わずに済むことも、個人再生のメリットです。

4.マイホームを残せます
 自己破産と違って、マイホームを残すことができる可能性があります。住宅ローンがある人などは、そのまま住宅を残してローンを払い続けることができる事が大きなメリットと言えます。

5.業者からの取立て行為がなくなります
 個人再生手続をした旨を業者に通知することで、業者からの取立てがなくなります(ただし、ヤミ金など一部の悪質業者の中には、これに従わないものもいます) 。
 また、貸金業者による給与の差押などの強制執行を中止させることもできます。

デメリットが信用情報ぐらいの問題でしたが、自己破産と比べてメリットはかなりあります。
借金が減るのは当然ですが、自己破産での免責不許可な債務者も利用可能であり、自己破産のような資格停止もなく、財産を取り上げられることもない。
いい事尽くめではありますね。

自己破産と個人再生の違いとは

 (3997)

自己破産と個人再生を比較してみると大分違いますね。やはり個人再生のほうがある程度なら借金が返せる余力を持っている人は圧倒的に有利になりますね。
自己破産はゼロサムになりすぎて、今もっている財産も全て失ってしまいますので。
しかし、任意整理の方法にはまだ様々な方法があり、これらだけではありません。
そうした任意整理の中から最も自分に適した方法を利用するべきでしょう。
自己破産ぐらいしか知らない、というのであれば専門家などに相談し、自分に最適な方法を見つけてもらうのがいいでしょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |