【空中散歩】パラセーリングを楽しむコツとは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【空中散歩】パラセーリングを楽しむコツとは?

海を上から眺めることのできるマリンスポーツ、パラセーリング。2人で乗れることこら、カップルなどに大人気だそうです。そんなパラセーリングについてまとめてみました。

こんな感じ♪

パラセーリングやってみた。 – YouTube

沖縄で初のパラセーリングに挑戦!続きは旅行で!
パラシュートの色が空と合っていて素敵ですね。
パラセーリングは、最高で200メートル近くまで高く上がるプランもあるそうです。
高い場所が好きな方は、挑戦してみてもいいかもしれません。
スリル満点な体験ができること間違いなしです。
パラセーリングの魅力をまとめてみました。

人気急上昇中のパラセーリング

パラシュートを付け、モーターボートに引かれながら海上約40~50mまで上昇し、空中散歩を楽しむエキサイティングなマリンスポーツ。上空から眺める沖縄の海の美しさは格別です。

ライフジャケットを着てボートに乗り、ポイントに到着したら、安全上の注意点などレクチャーを受けてからテイクオフ! 体がグングン大空に舞い上がり、息をのむ大パノラマを楽しみながら空と海との一体感を味わうことができます。飛行後は船上または水上にゆっくり着水。服を濡らさずに体験することもできますが、水着の着用がおすすめです。

沖縄の海は、上からみるとすごいでしょうね。
サンゴも近くから見るのもいいですが、上から全体的に見てみるのも新しい体験になりそうです。
海風などもあると思うので、水着がおすすめです。

予算はどのくらい

せっかく体験するならできるだけ安いところが良いと思う人は、色々なマリンハウスを比較してみてください。でも比較してなかなか決められない状態になると時間ももったいないですよね。

実はパラセーリングは店によって値段がそこまで大きくは変わらないんです。だから、価格を必死で比較していると疲れてしまうかもしれません。大体のお店で7000円という価格設定をしていますから、それくらいを予算にしておくと良いと思います。

どうしてもお得に体験したいという人にはインターネットの割引がおすすめです。インターネットで体験の予約をすると、いくらかの割引を受けられるという店もあるようなので参考にしてくださいね。

沖縄などには、とても多くのマリンハウスがあります。
値段がある程度、同じなのはいいですね。
高さを制限していたり、飛行時間がそれぞれのマリンハウスでちがうかもしれませんので、自分が体験したいプランがある場所を選びましょう。

楽しむコツ

せっかくパラシュートに乗って空に浮かび上がるのですから、記念に撮影しておきたいと思う方も多いと思います。

そんな時には、自分が飛んでいる姿を全体的に撮ってもらえるように船上で待機しているスタッフにカメラで写真を撮ってもらえるか依頼をしましょう。

場合によっては、安全性を考慮して、写真撮影には応じてもらえないことも考えられますが、余裕のありそうな場合にはスタッフが撮影を承諾してくれるはずですので、後々沖縄での記念として残るような写真を撮ることが出来ます。

パラセーリングに参加する際の注意点としては、当日体調が良くない場合や、泥酔状態だと参加することができません。

浮遊感によって、体調がよけい悪くなる可能性があるからです。
気持ちよく参加するためにも当日は飲酒を控え、前日もあまり飲み過ぎないようにすることが大切です。

滅多に見ることのできない場所から海の景色を見ることができます。
体調は、万全に整えてから行けたら最高ですね。
また、体験の時に船に乗り下りすることになりますから、女性ならばヒールの高いものなどは極力避けるようにして、色々な動作をしても支障がないような靴を履くことがポイントです。

沖縄でパラセーリングに参加する場合、持ち物については海水浴に行く時のように、タオルや日焼け止め、羽織る物などを準備して、水分補給用に飲み物もあると安心です。

フラットなシューズがいいですね。
海用のブーツなどでも良いと思います。
レンタルできる場所もあると思うので、気になる場合は借りることをお勧めします。
日焼け防止の、ラッシュガードは是非着けた方がいいと思います。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |