育毛剤選びで悩んでいる方必見!選び方と効果的な使い方 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

育毛剤選びで悩んでいる方必見!選び方と効果的な使い方

薄毛や抜け毛に悩んでいる方や、初めて育毛剤を検討している方、育毛剤を使っているけど自分に合っているのかわからないという悩みをもっている方は多いと思います。そこで今回、自分に合った育毛剤の選び方から効果的な使い方をまとめて紹介します。

自分に合った育毛剤選びのポイント

はげ 予防|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2484)

薄毛や抜け毛は、食生活の乱れ・睡眠不足・ストレス・遺伝・頭皮環境の悪化など、様々なことが原因で起こります。そして育毛剤は、それぞれの薄毛のタイプや症状に作用するよう開発されています。ですから、育毛剤は自分の頭皮の症状に合ったものを選ぶ必要があります。

育毛剤には種類がある

育毛剤|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2477)

育毛剤には、薄毛や抜け毛の原因によって選ぶべき種類があるのをご存知でしたか?
生活習慣や遺伝的な関係で薄毛になってしまう、
そもそものご自分の原因をハッキリとさせてから合う育毛剤を探しましょう。
では、育毛剤の種類とご自分の薄毛の原因を知ることから始めましょう。

育毛剤の作用別種類を解説

■抜け毛が気になり始めた方は血行促進型。
ミノキシジル、フロジン液といった成分が有効的。
毛細血管を拡張させ、血流を良くします。特に後頭部の薄毛に悩む方に効果的。
■生え際と後頭部が気になり始めた方は男性ホルモンの抑制型。
女性ホルモンを含んだタイプが効果的。
■髪が細くなってきた方は毛母細胞の活性型。
ペンタデカン酸グリセリドの成分が有効的。
髪の毛の根(毛根)に栄養を与え、太くコシのある髪の毛を育てて行きます。
育毛剤の作用別の種類について、分かりましたでしょうか?
ご自分の薄毛になる原因が分かると育毛剤選びも困りません。

女性は女性用の育毛剤を選びましょう

無料の写真: 人, 女性, 女の子, ベッド, 髪, セクシーです, ヌード - Pixabayの無料画像 - 1281777 (2485)

女性でも男性用の育毛剤を使用していい、というわけではありません!

女性と男性ではホルモンの違いなどから薄毛や抜け毛になる原因が違ってきます。
なので、きちんと女性用の育毛剤を選んでくださいね。

では、女性の育毛剤選びについて詳しく解説していきます。

女性の薄毛になる原因は

薄毛や抜け毛は、男女問わずヘアサイクルの乱れによっておこりますが、成長期が短縮すると毛髪は十分に成長できなくなるため、ハリとコシのない細い毛髪になります。結果、頭髪全体の密度が下がることで地肌が目立つようになる悪循環のサイクルに陥ってしまいます。
この、女性のヘアサイクルの乱れは、主にホルモンバランスの変化が関係していますが、日々の生活をはじめストレスなど、様々なものが薄毛や抜け毛の原因として関与しています。
女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れ・ストレス・睡眠不足・栄養バランスの乱れ・過度なダイエット
などが主な原因とされています。
なので、育毛剤だけでなく生活習慣の見直しも大事になってきますね。

育毛剤の効果的な使い方

発毛剤や育毛剤を効果的に使用する為に、一番重要なのは「頭皮の状態を良好にしておく」ということです。成分をきちんと経皮吸収させるためには、頭皮の状態が良くなくてはいけません。二番目に「あせらない」ことです。そしてより効果をあげるには、入浴後の「夜」が良いといわれています。髪の成長を助ける副交感神経の働きがもっとも活発になる夜間(就寝中)は、一番髪が成長する時間帯なのです。しかも、就寝前はリラックスできる時間でもあり、ストレスから解放され、育毛剤を使用するのにもっとも適切な時間であるといえます。また、血管が拡張して血流がよくなる入浴後にあわせて使うことより効果も上がります。また、マッサージは神経をよりリラックスさせ、副交感神経の働きを活発にしますので、毛根に栄養を供給する効果もあります。入浴、洗髪、発毛・育毛剤、そして、マッサージをした後にたっぷり睡眠をとるとより効果的です。
発毛・育毛剤の使い方は商品によっても異なるため、確認して活用しましょう。
【タオルドライ⇒軽くドライヤー⇒育毛剤⇒しっかりドライヤー】という方法で乾かしています。くせ毛なので濡れたままだと髪の毛が徐々にくるくるしてきます。なので育毛剤の前に軽くドライヤーも使っています。育毛剤を付ける時は、髪の毛になるべく付かない様に意識しています。

まとめ

育毛剤の選び方と効果的な使い方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ご自分に合った育毛剤を選び、効果的な使い方をして再び髪が生えてくる環境を作りましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |