塗るプロペシア?【ポラリスNR-10】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

塗るプロペシア?【ポラリスNR-10】

プロペシアといえば医師が処方する経口薬ですが、最近では外用薬として開発が進んでいるようです。そんな外用薬のプロペシアについて情報を集めてみましょう。

プロペシアといえば錠剤

プロペシアといえば錠剤の経口薬といったイメージがあります。
ドラッグストアでは手に入れることはできません。
通常は医師の処方のもとで手に入れることができますが、個人輸入といった手段で手に入れる人もいるようです。
プロペシア通販!本物を格安価格で通販する方法 (1591)

ロペシアは、FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で98年1月21日より処方が開始されました。世界60ヶ国以上で販売されている、最強の「経口育毛剤」との呼び声が高いAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。国内でも2005年12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では13,000の医療機関で髪に悩む人に処方されています。プロペシアを入手するためには、リアップなどのOTC薬品とは違い医師の処方箋が必要となります。
日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売開始されております。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤です。
国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。
またプロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。 改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがございます。
プロペシアは医薬品であるため病院や専門のクリニックに通院し医師に処方してもらうことで入手できます。ただし、AGA治療は健康保険適用外となり、高額な治療費がかかってまい、診察費と薬代をあわせると毎月1万~3万円ほど治療費がかかってしまいます。

塗るプロペシア【ポラリスNR-10】

[NR10]ミノキシジル+αクリーム | 育毛剤・ED治療薬 海外医薬品個人輸入代行 オオサカ堂 (1582)

ミノキシジル16%の他、フィナステリド0.1%など、特別に選りすぐられた補助成分を配合。また、体内への浸透性が高いコラーゲンやエラスチンを加え、頭皮や毛包の弾力性を高め、頭皮が髪をしっかりとつなぎとめておく役割を果たします。
NR-10は、5年以上抜け毛が続いている方に有効とされています。
ポラリスnr10には、ミノキシジル以外にも、フィナステリドが0.1mgが配合しています。

しかし、海外の実験データによると、最低でも0.7~1.0mgのフィナステリドを服用しないと、効果を発揮することはできないそうです。

高濃度のミノキシジル16%をはじめ、フィナステリドやその他特別に選りすぐられた補助成分を配合し、すでに進行してしまった抜け毛に対して効果を発揮する育毛剤。
その上、NR-10は体内への浸透性が高いコラーゲンやエラスチンを配合し、頭皮のエイジングケアとして、そして長期間抜け毛に悩まされてきた男性のための頭皮をサポートするよう処方。コラーゲンやエラスチンは、頭皮や毛包の弾力性を高め、頭皮が髪をしっかりとつなぎとめておく役割を果たします。

ミノキシジル16%!副作用も心配かも。

ミノキシジルが高濃度なので高い効果も期待できそう!というのは危険な考えかもしれません。
ミノキシジルはもともと降圧剤として使用されてきた経緯もあるので、副作用が気になるところです。
薬と同じように「高濃度である=副作用の心配も多い」といった考え方が妥当でしょう。
心配性の人に秘められた能力とは : ZAPZAP! (1601)

ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」です。さらに頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状も副作用として確認されました。

ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生する割合も高まるため、ミノキシジル1%の場合は利用者の約5%、ミノキシジル5%の場合は利用者の約9%に、このような副作用が見られました。

ミノキシジルの含有量は商品により1%~15%まで様々ですが、1%だと効果が実感しづらい、10%以上は副作用が懸念されるので、5%からのスタートが妥当だと思います。

ミノキシジル16%!フィナステリド0.1%!使用には注意が必要

親に注意できますか? | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (1594)

塗るプロペシアとして話題になっているポラリスNR-10ですが、使用に関しては注意が必要です。
ポラリスNR-10は、ミノキシジルは16%と高濃度であるうえに、通常は医師が処方する必要があるフィナステリドが0.1%配合されている育毛剤です。
女性(特に妊婦)や子供が触れてはいけないフィナステリドも低濃度であるものの配合されているポラリスNR-10を使用する際には、自分に対する副作用だけではなく、家族が触れてしまうかもしれないといったことも想像しておきましょう。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |