最近増えているんです。若年性脱毛の原因と対策を知りましょう。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

最近増えているんです。若年性脱毛の原因と対策を知りましょう。

髪の毛の問題は40歳すぎてから・・・なんって思っていませんか?最近若い人の薄毛が問題になっているんです。

「若年性脱毛症」とは。

若年性脱毛症 - Google 検索 (298)

若年性脱毛症の場合、10代や20代のうちから
急速な脱毛が始まってしまうケースがあります。

医学的には「若年性脱毛症」という特定の疾患があるわけではなく、
本来、脱毛がはじまる年齢ではない青少年に起こる症状を
まとめて若年性脱毛症と総称しているようです。

若年性脱毛症の特徴。

壮年性脱毛症が主に生え際から後退していくのに比べて、
特定の原因による若年性脱毛症では、
円形脱毛症のように、一部分が集中的に抜け落ちてしまうこともあります。

一方で「若いうちから始まる壮年性脱毛症」のケースでは
M字型、U字型のような生え際からの抜け毛になります。

若年性脱毛症の症状としては
男性型脱毛症の症状でも書いた
ように

・髪の毛の生え際
・頭頂部

などから抜け毛や薄毛が多くなって
いきますが若年性脱毛症の特徴として

一部分だけが特に抜け毛や薄毛が
多くなってしまう円形脱毛症に
似たような症状もあります。

若年性脱毛症の原因は?

若年性脱毛症 - Google 検索 (299)

若年性脱毛症になってしまう大きな
原因としては

・食生活の乱れ
・睡眠不足
・遺伝(男性ホルモン)
・ストレス
・病気

などのいくつもの原因があり
人によって様々なのですが
これらの事が原因となって

髪の毛のヘアサイクルが短くなって
しまって抜け毛や薄毛へと繋がって
いってしまいます。

若年性脱毛症 - Google 検索 (300)

男性だけではなく、女性にも起こりえる若年性脱毛症。

女性ホルモンの分泌が盛んに行なわれていれば問題ないのですが、女性ホルモンは加齢と共に減少してしまいます。早い人では35歳前後から女性ホルモンの分泌量が減少してきます。その結果、男性ホルモンの影響によりAGAが発症するメカニズムが起こりやすくなります。

加齢以外に女性ホルモンが減少する原因には、ストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

若年性脱毛症 - Google 検索 (297)

若年性脱毛症の対策。

男性型脱毛症(AGA)の範疇とはいえ、若年性の場合は対処さえ間違えなければかなり高い確率で回復に向かうケースが多いのです。

若年性脱毛症の場合、通常の男性型脱毛症の原因に加え、栄養の不足と運動の不足、そして睡眠時間の不規則というものの改善がとても重要になってきます。

それらの原因は人それぞれですので、ここで「これ」という決定的な改善方法は一概に言えないのですが、頭皮への血行の促進と冷えを改善する為に半身浴や足湯を積極的に導入することをお勧めします。

そして、いい加減な情報を真に受けて、育毛剤の浸透を目的とした洗浄力の強いスカルプシャンプーなどで必要以上の皮脂や角質を取り除いたりしないように注意してください。

必要以上の皮脂の除去や、フケを気にするあまり角質を過剰に取りすぎたりするとかえって症状は悪化します。

発毛の本質は皮脂や角質の除去ではないということだけは必ず肝に銘じて、ヘアケアに取り組んでいただきたいものです。

何かひとつ改善すれば良いというわけではなく、食生活や生活習慣、そして育毛剤と内服薬の使用というトータル的な治療や対策を図ることで、若ハゲは改善されていきます。
「育毛剤を使って効果が出ないからもうダメだ・・・。」とか、「食生活に気を使っているのに改善されない・・・。」、と決め付けるのではなく、ひとつひとつ対策を講じていけば、おのずと若ハゲの改善効果が出てくるはずです。

育毛促進剤を使用するのも手。

若年性脱毛症 - Google 検索 (301)

養毛剤

養毛剤は現在生えている髪の毛に対して、脱毛を阻止したり、髪の毛のツヤやコシを守るということを目的とした商品です。
どちらかというと、薄毛に悩んでいる方が使用する商品ではなく、今の髪の毛の元気を取り戻したいというときに使うのが養毛剤といえるでしょう。養毛剤は男性のみならず女性用の商品として多く流通しています。
成分的にも副作用が現れるものが入っているケースはほとんどなく、分類としては医薬部外品となります。

育毛剤

育毛剤は現在生えている髪の毛の維持、脱毛防止、細い髪の毛や産毛の強化といったことを目的とした商品です。養毛剤より強い作用を求めていて、髪の毛の質を変えたいと考えている方が使用する商品といえるでしょう。
こちらは薄毛に悩んでいる男性が主に使用している商品ですが、男女兼用のものや、女性用のものもあり、近年増えている女性の薄毛にも対応した商品といえます。

若年性脱毛症 - Google 検索 (302)

発毛促進剤

発毛促進剤は養毛剤や育毛剤とは違い、今生えている髪の毛だけでなく、新たな毛髪を生みだそうという作用がある商品です。
薄毛の進行が激しい方は、発毛促進剤を使用した方が良いでしょう。ただ、現在日本では発毛促進剤と呼ばれる商品はごく一部となっています。発毛促進剤と認定されているものはミノキシジルが配合されたもののみ!
こちらは第1類医薬品の扱いとなり、薬剤師から商品について使用上の注意など、説明を受ける必要がある商品です。作用が高まる反面、かゆみやかぶれなどの副作用が出る確率もあります。発毛促進剤は第1類医薬品に該当する商品です。

養毛剤・育毛剤・発毛促進剤とどれも効果が違ってきます。

今生えている髪の毛を強く健康にするのか・抜けないようにするのか・あたらしい髪が生える

ようにするのか・・・

自分の状態に合ったものを時間をかけて試してみることです。

そのときにはあわせて、生活習慣や食生活の見直しもしてみることが大切です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |