看護師さんの転職先<消化器内科>臓器すべてが対象になる診療科なのでちょっと忙しいかも。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師さんの転職先<消化器内科>臓器すべてが対象になる診療科なのでちょっと忙しいかも。

消化器内科とは、食道から胃や腸など、食べたものが消化しながら通過する器官や、消化を行うための成分を分泌する肝臓やすい臓、胆のうなどの疾患をあつかう診療科です。

消化器科では専門的知識を求められます。経験と実績が重要視されることも多く、消化器科での経験がない場合は、現在の職場が、がん患者さんの多い内科病棟だったり、肛門科、泌尿器科など消化器科に関連する科であったりすれば、そのような勤務経験がアピールポイントになるようです。転職の際の参考に。

消化器科の特徴

 (7280)

消化器科に多い疾患は、やはり「がん」です。食道がん、胃がん、小腸がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、胆嚢がんと消化器科で扱う臓器のほとんどで、がんが発生します。

消化器科に入院してくるがんの患者さんは、手術済みまたは手術適応外という人がほとんどですので、抗がん剤による化学療法や放射線療法での治療が主な治療法となります。

消化器科の看護師の業務内容

 (7281)

消化器科の看護師の業務内容は、外来やクリニックは医師の診療の補助や検査介助などが主な仕事となり、病棟の場合はバイタルサインのチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、診療補助が主な仕事内容ですので、基本的にはほかの診療科とそれほど違いはありません。

ただ、消化器科に多い業務内容はあります。それは、化学療法や放射線療法の看護や内視鏡治療の介助・看護です。

消化器科に入院しているがんの患者さんは、基本的に手術は受けません。手術をするのであれば、消化器外科に入院しますよね。そのため、消化器科のがんの患者さんの治療法は、化学療法や放射線療法になるんです。

仕事は楽?辛い?

 (7282)

消化器科は臓器すべてが対象になるので、検査、治療、手術の種類がとても多く特にハードな診療科だと思います。

専門的スキルも求められます。急性期からターミナル期、様々な疾患の患者さんと接しますし、亡くなる患者さんが多くいます。仕事だとわかっていても、終末期の患者さんと接するのは辛いことも多くあります。

体力面でも精神面でもハードですが、やりがいはありますしスキルも上がります。看護師業務で楽なことはありませんが、楽しいこともあります。

向いている人は?向いていない人は?

 (7283)

医療機器の進歩に伴って看護も進歩しますので、常に勉強が必要となります。向上心が高く積極性がある看護師には向いています。専門性も高い分野なのでスキルアップも出来ますし、消化器科で経験を積めばどこの科でもやっていけるでしょう。

認定看護師の資格を取りたいと希望する看護師も多いので、看護の幅も広がります。消化器科内科は経過がゆっくりで業務もケア中心となります。急変の患者さんもほとんどいません。行動力のある方、スキルアップ、認定看護師の資格を取りたい方には物足りなさを感じるかもしれません。

消化器も内科と外科と分かれますので、自分が内科タイプか外科タイプかで選択するのもいいと思います。

どこを観察するのか

 (7285)

消化器内科では、どの患者さんに対しても、排泄物、検査データ、症状など、共通する観察項目と、疾患毎に必要な観察項目があります。例えば、C型肝炎の患者さんに、C型肝炎ウイルスに罹患後、肝硬変から肝がんへと移行している方がいたとします。

移行中には、インターフェロンをしたり、栄養状態が低下したり、出血傾向が出たり、肝性脳症になったり、PEITをしたりと、様々なことがあります。そのため、GOTやGPTなど肝機能を中心としたデータの観察と、それに付随してくる黄疸や出血など症状の観察が増えたりしてきます。

沢山の観察項目はありますが、流れとポイントが分かれば日々の業務の観察に生かされるはずです。

症状に対する治療や看護の仕方を覚えよう

 (7286)

消化器内科の疾患の症状は、臓器が多くある為、その症状は多様にあります。例えば、下痢のある患者さんは、感染性、腸性、機能性など、その原因について医師から診断が下されます。しかし、下痢の症状に対して共通なのは、腹痛、腹鳴、便の性状や回数、脱水症状など観察する項目はほぼ同じという点です。

又、食事制限、輸液管理、安静の保持など、実施する治療や看護もほぼ同じなので、下痢に対する看護の知識を一度理解できれば、病名が変わっても対処ができるようになります。③の参考書は、症状ごとに看護の解説をしているため使いやすく、十分に頭に入るまでは時々振り返って看護や計画立案など実践に生かせるもとなるでしょう。

看護師の仕事内容

 (7287)

消化器内科の看護師の仕事内容としては、外来の場合は患者を順番に診察室に呼び入れたり、医師の診察の介助などが主な仕事で、場合によっては注射などを行うこともありますが、それほど多くはありません。病棟勤務の場合はバイタルチェックや投薬管理など、入院患者の日々の病状を管理したり、歩行や食事、排泄のサポートなどあらゆる面でのケアを行うことになります。

外科的な処置を行わない内科の看護は地味なように思われがちですが、目に見えない体の中で起こっている病変をいち早く察知するのは、看護師にとっても難しいもの。臓器の整理や病気に関しての深い知識と、患者さんの顔色ひとつで異変をキャッチするスキルも必要になります。

看護師に求められる仕事とは

消化器は体の中で最もがんになりやすい場所になりますので、消化器内科ではがん治療を行うことも多いです。日々進化する治療法やがん看護などに関心を持ち、日々勉強する姿勢も必要になるでしょう。外科にはないやりがいと難しさがあるのが消化器内科の仕事であり、簡単ではありませんが奥の深い仕事になのです。

消化器内科病棟での看護師の役割は大きく分けると3つあります。

 (7284)

①医師の診療補助
消化器内科では病気が解放に向かうための治療が滞りなく行われなくてはなりません。
内視鏡下で行われるもの、レントゲンの透視下で行われるものなど種類が多く、スムーズに治療が行われるためには、これらの使用物品の準備や手順については十分に熟知しておく必要があります。

②食事・排泄のケア
消化器内科では腹痛や嘔気などで食事摂取が困難となることが多く、点滴によって栄養を補うことになります。

③精神的ケア
入院中の患者さんは病気に対する不安を常に抱えていますが、消化器系疾患ではさらに食事を食べたいのに食べれないことによるストレスや、 抗がん剤治療中の副作用による苦痛なども加わります。 人によっては心療内科の受診が必要だったり、家族の面会によって軽快したり原因となる要素は様々です。 そのため看護師はそれぞれの患者さんが抱える悩みや不安を読み取り、少しでも早く解消できるように医療チームの橋渡し的な役割でケアにあたる必要があります。

消化器内科病棟の日常業務

 (7288)

日勤業務の大まかな流れです。

・申し送りの前に、その日の受け持ち患者さんのカルテを見たり本日の予定などをチェックします。
・夜勤者から申し送りを受けます。
・検温をします。
・ケアや処置、点滴などをします。
・経管栄養や食事介助を行います。
・検査や治療などに患者さんを移送します。
・検査や治療の介助に入ります。
・医師の指示受けをします。
・カルテに記録をします。
・夜勤者に申し送ります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |