FXにおけるトレンド戦略を知りましょう | キュレーションメディア

FXにおけるトレンド戦略を知りましょう

下落も上昇も中国?

米国株安、為替の円高などを嫌気して、売り先行の展開が想定される。中国株式市場の反発が下げ渋りにつながる可能性もあるが、目先は中国の金融緩和に伴う人民元安、円高の流れが強く意識されそうだ。米国製造業関連指標の落ち込みも警戒視される。本日はISM製造業景気指数などの発表があるため、警戒感が先行しやすいとみられる。昨日の商品市場では、資源価格が総じて高くなっている。

http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=301337
himmelstor-1002810_960_720
https://pixabay.com/ja/himmelstor-%E4%B8%AD%E5%9B%BD-%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB-%E5%B1%8B%E6%A0%B9-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2-1002810/

世界中が「中国元の切り上げを要求したい」と思っていますし、中国も「ゆっくりと上昇してほしい」と考えているため、中国の中国元は上昇する確率が高いです。
特に米国は中国からの輸入ばかりが増加して、「対中貿易が不均衡になっていることを早急に変えたい」と思っています。
まあ、日本も隣国ということで、現在の米ドルのように日本円が中国元の動向に左右されることも予想されます。このような動きがあり、「中国は変動相場へ向かうほど、中国元が高くなりやすい」と予想されています。
2012年8月時点、日本の銀行による定期預金の利率が0.4%ほど、中国元預金の利率は1.6%ほどですが、FXでCNHを買うことによる中国元の利回りは約1.8%にも達します。

http://www.tetujin-vinegar.com/cat17/post_109.html
今回の景気低迷は中国が発信源という意見もあります。世界第二位と言われる経済大国だけに中国の動向には注意が必要みたいです。また資源系の下落にも下落感が薄まったという考えもあるようなので、こういった点に注目をしながら戦略を立てていくと有効かもしれませんね。

底値を考えてみる

昨日で2月の全営業日が終了。今年の2月は1月と同様に世界同時株安になり、前半が株安で後半はややリバウンドという同じ展開だった。ただし日経225平均を見ると、1月の場合は一旦底をつけたのが1月21日、2月は12日とやや底をつけた時期にずれがある。2月15日以降の2週間は目立った暴落は見られなかった。
USD/JPY – G20の結果と低調な米指標から円高進行
先週末にG20が上海で開催され、各国が通貨安競争に一定の歯止めをかけることで合意した。これを材料として週明け29日は円高・米ドルが進行し、夕方には112円台に。さらに夜に発表されたアメリカの景気指数が予想より悪かったため、1日未明になってさらに円が買われ、1日朝には112円台前半をつけた。

http://www.iforex.jpn.com/analysis/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%8C%E6%99%82%E6%A0%AA%E5%AE%89%E3%81%AE2%E6%9C%88%E3%81%8C%E7%B5%82%E4%BA%86-4155
20160301USDJPY
http://www.iforex.jpn.com/analysis/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%8C%E6%99%82%E6%A0%AA%E5%AE%89%E3%81%AE2%E6%9C%88%E3%81%8C%E7%B5%82%E4%BA%86-4155
景気指数が予想よりも悪かったとは言え、112円前半をつけた後は上下が交差しているのがわかると思います。これは未明という朝早い時間であったために、市場参加者が少なかったというのもありますが、もしかすると『通貨安競争に一定の歯止め』というのからドルがこれ以上安くなるのかという考えもあったのではないでしょうか。現に1日の午後からはドルは上昇を始めました。下がり続けているからといって売りの戦略だけではないということですね。

上昇は円だけではない

終盤のニューヨーク外為市場では、円やスイスフランがドルやユーロに対して上昇した。最近見られた原油や株式相場の反発が勢いを失い、リスク回避の動きが強まって安全資産とされる通貨が買われた。
原油価格が5%近く下げ、米株式相場の売り圧力が強まるなかドル/円JPY=は12日以来の安値となる111.78円に下落。終盤は0.8%安の112.04円となっている。ドル/スイスフランCHF=は0.75%下げ、約3週間ぶり安値の0.9891スイスフランまで売られた。

http://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKCN0VW2N3?pageNumber=1

連日円高がピックアップされていますが、通貨高となっているのは円だけではありません。世界の基準通貨はドルなので、ドルを中心にしたトレード戦略を立ててみると、思いもよらぬ通貨が上昇していることに気づくかもしれません。こういった上昇通貨と下落通貨を組み合わせた戦略を盛り込んでいくと、リスクヘッジにもつながるので心理的負担も軽くなります。得にスワップ戦略を立てている人は総残高を一定に保ちながら安定的にスワップを受け取る方法にもつながっていきます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |