保険センターでも看護師が働いています | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

保険センターでも看護師が働いています

保健所と似て非なる保険センターでも看護師の募集があります。仕事内容、やりがいを見てみましょう。

保健センターとは

市町村保健センターは、住民に対し、健康相談、保健指導および健康診査その他、地域保健に関する必要な事業を行うことを目的とする施設である。
市区町村には保健センターが設置されています。そこには保健師、看護師、栄養士等が配置され、地域住民に対する健康相談、保健指導、予防接種や各種検診そのほか地域保険に関して必要な事業を行っています。
対人保健サービスを総合的に行うことを目的として,市町村ごとに設置される施設。
 (5543)

保健センターと保健所の違いは

保健所と保健センターの具体的な違いとしては、保健所は広域的・専門的な保健サービスを行ない、保健センターは、住民に身近な保健サービスを直接無料で実施するという点があります。また、保健サービスの対象の違いから、保健所の運営は都道府県などが多く、保健センターは市区町村で行ないます。
保健所の業務が専門的になることが多いのに対し、保健センターではより対人サービスが基本となってきます。
保健所所長は原則として医師であること。
保健センター長は医師である必要はない。
 (5544)

保健センターはより地域密着型です。

保健センターの看護師の仕事は

市町村保健センターは子供の予防接種などの母子保健サービス、健康相談や保健指導、健康教育、健診(健康診断)などの保健サービスを提供する役割とともに健康相談窓口としての役割なども担っています。
冬場は風邪やインフルエンザなどが流行しやすい季節ですから、本格的に流行シーズンが到来する前に予防接種の準備を整え、ワクチン接種を促すのが仕事になります。
 (5545)

予防接種も実施しています。

保健センターで働くやりがいは

保健所と比べて担当する地域も狭まりますし、地域住民一人一人へのきめ細かいサービスが期待されます。保健所の業務が専門的になることが多いのに対し、保健センターではより対人サービスが基本となってきます。
どちらかというと、病気と向かい合うというよりも、病気にならないようにしてあげる明るく楽しい仕事になるのです。
人と接するのが好きだったり、地域に貢献したい思いが強いのでしたら、保健センターでの勤務は活躍できるぴったりの場所かもしれません。
 (5546)

地域の一人一人に密着したサービスを提供するので、役立っている実感が持てます。

保健センターが看護師に人気の理由

夜勤や残業がない
市町村保健センターは昼間の時間帯にサービスが提供されているため、勤務時間も日勤となります。
安心の公務員
市町村保健センターで働く場合、公務員に準じたお給料となります。
休みは多いです。普通にいけば、年間20日の有給休暇に、自治体に よって違いますが、3~5日の夏季休暇もありますし。有給は消化しなければいけませんし、他の人との調整は必要だと思いますが、まとめて休む事も可能です。ちなみに夏季休暇は7~9月くらいまでに取ればいいので、楽に消化できると思います。
 (5547)

有休が取りやすいです。

保健センターの求人時期

多くの保健センターの求人が出回るのは基本春先で、市町村の公務員採用の告知と共に発表されます。急に市町村保健センターを辞める人が出たりして、緊急に欠員が出た場合は随時募集がかけられることもあります。
保健所の仕事と比べて、より地域の一人一人に密着した仕事内容になります。
保健センターで働く看護師も公務員扱いです。立場も安定しますし、土日の休み、有休のとりやすさなど看護師の転職先として魅力がありそうです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |