日本大学医学部附属板橋病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

日本大学医学部附属板橋病院の看護師転職求人のご案内

日本大学医学部付属板橋病院は、東京都板橋区大谷口上町に所在している医療機関です。日本大学医学部の附属病院で、特定機能病院の承認を受けています。略称は日大板橋病院です。

病院の概要

病院長

病院長

日本大学は,明治22年(1889年)に学祖山田顕義によって創設された日本法律学校を前身として開設され,以後,自主創造の精神で芸術,科学,政治,経済,文化など多くの分野でわが国の発展に寄与してまいりました。
その一環として,国民の健康と福祉を守る医療を担うため,大正14年に現医学部の前身となる専門部医学科を開設し,その後,昭和10年に板橋区のこの地に日本大学医学部附属板橋病院を開院いたしました。以来,今日に至るまで80年の長きにわたり,医学部の教育理念である「よき臨床医の育成」を柱に,大学病院としての役割を担い,現在では,高度で先進的な医療を提供する特定機能病院として貢献しております。
また,地域の中核病院として,住民の皆さまの医療ニーズに応えうる病院としてご満足いただけるように努め,この間,多くの病める方に適切な医療を提供できるよう35を越える専門の診療科を中心に診療体制を整備してまいりました。
まず,厚生労働省から,がん専門病院として「地域がん診療連携拠点病院」の認可を受け,がん医療の中心的役割を果たしています。また,突然発症に対応する救急医療の最後の砦となる3次救急医療を担う「救命救急センター」「外傷センター」「スーパー周産期医療センター」(母体救命対応総合周産期母子医療センター)及び「こども救命センター」の認定を受けております。その他,緊急手術を必要とする急性大動脈解離など急性大動脈疾患の患者さんを常時受け入れる「緊急大動脈重点病院」として,地域の救急医療の一環を担うことができるようになりました。同時に「災害拠点病院」「災害医療派遣チーム東京DMAT」の指定を受け,災害医療における緊急時に対応すべき体制も整備しております。
当病院は,皆さま方のご支援と培われた伝統を重んじて,「愛と責任を基幹とし病者の権利と生命の尊厳を重視して,安心・納得の得られる医療を実践する」という理念のもと,地域の医療機関ならびに住民の皆さまから常に信頼される病院として,全教職員一同たゆまぬ努力を続けてまいります。
今後とも日本大学医学部附属板橋病院をよろしくお願い申し上げます。
たくさんの地域貢献を行っていることからもわかるように、患者様を第一に考え、ニーズに沿った医療をお届けしています。
理念

理念

● 本院は,大学付属病院として,各地域医療に貢献できる“よき臨床医の育成”に努める。
● 本院は,公共的医療を行う施設であり,“病者のための医療”をめざし,病者の満足が得られるように努力する。
● 本院は,愛と責任を基幹とし,病者の権利および生命の尊厳を遵守して,倫理的医療を提供する。
● 本院は,特定機能病院として,高度で先進的な医療を提供するとともに,医療水準の向上・安全管理に努める。
● 本院は,他の医療機関との緊密な連携により,人々の健康と幸福につながる効果的な医療に努める。
スタッフを育てたり、患者さんのための医療を目指したりと、これからの成長も期待できます。

基本方針

1.「患者の権利・尊厳を重視し,安心・納得の得られる医療」「基本に忠実な医療」を第一とする。
2.医療に対する社会的ニーズに答えるため,がん医療を含む高度の専門医療を行い,また,救急患者の最後の砦として高度の救急医療を実践する。
3.優れた医療安全管理体制の構築を実践する。
4.本学建学の理念である「良き臨床医の育成」および医療者の教育に重点を置く。
5.大学病院の使命として,「優れた医療教育者の育成」,「優れた医学研究者の育成」にも重点を置き,自分のための学問よりも社会のための学問を目指す。
6.地域医療機関との医療連携を重視し,シームレスな医療を実践する。
当院は「高度の医療,救命救急医療,臨床研修」などを行う特定機能病院としてそれらの機能,責任を果たすべく当院の基本理念を基に努めております。こうした医療の中心は「患者さんの権利を重視し,かつ安心・納得の得られる医療」であるとの認識のもと,「基本に忠実な医療の実践」を第一にいたしております。また,こうした医療の実践に不可欠なものが医療機関との連携であり,診療における情報共有であると考えております。一方で,高度な医療,難治症例への対応はともするとリスクを伴うことがありますが,充分な説明と患者さんの自己決定意思を尊重することといたしております。そのためには紹介元医療機関でのご意見などが患者さんには大変重要な意味を持つと考えられますのでご協力をお願い申し上げます。

また,当院は,認知症やご高齢者など,身体的・精神的病や障害を抱える方々に対する社会的偏見を取り除くべく努力し,患者さんの権利を擁護するよう努力してまいります。

本年は当院としては医療に対するニーズへの対応とともに医療制度改革にむけてさまざまな取り組みをいたしております。当院では診療面では内科,外科を中心に臓器別の専門医療を行うとともに,整形外科,脳外科などでの特徴ある診療,ならびに関連する科が連携してのアレルギー専門外来などを行ってきております。救命救急センターでは脳外科とともに発症後3時間以内の急性期脳卒中を扱う脳卒中センター,急性心筋梗塞の急性期高度医療を行うCCUなどを含め三次救急センターとして活動をいたしております。また,新しい救急医療システムとして,東京都から「スーパー周産期医療センター」(母体救命対応周産期医療センター)および,「こども救命センター」の認定を受け(都内4施設のみ),重篤な病態にある周産期の母子および重篤病態の小児に対する高度な救急医療を行っております。さらに急性大動脈解離などの急性大動脈疾患の患者さんを常に受け入れる「緊急大動脈重点病院」(都内9施設)の指定も受けております。「総合周産期母子医療センター」も引き続き地域との連携のもとで運用してまいります。加えて,呼吸器内科などを中心に「睡眠センター」を開設いたしました。複雑な社会にあって睡眠の科学,睡眠の医療によるQOLの向上の重要性へのニーズに的確に対応できるものと確信いたしております。

また,医学部に新設された総合内科教授,総合外科教授職を中心に本学の理念である「良き臨床医の育成」のために研修医および若手医師の臨床の基礎の充実を院内で実践致してまいります。あわせて両教授には地域医療機関との交流の柱としての役割を期待いたしております。

当院は平成15年から「地域がん診療連携拠点病院」の認定を受けており,高度のがん医療を実践いたします。当院では,各診療科におけるがん治療の臨床に加えて,現在までの「院内がん登録」,「外来化学療法室」,「痛みの外来」,「医療連携室」,「在宅支援室」,などをもとに「腫瘍センター」,「緩和ケア外来」,「がん相談支援室」への組織を構築し,機能の充実を図っております。また,国庫補助事業による「がん遠隔地画像診断装置システム」,「セカンドオピニオン制度」の充実,さらに板橋区医師会を中心とする地域医師会ならびに在宅療養施設などとの連携の強化を推進しております。すなわち,高度の医療の実践のみならず,「地域医療機関との連携によるシームレス(切れ目のない)医療」のための各医療機関との情報の共有を図っております。

患者さんに納得してもらったうえで治療を勧めていくためのセカンドオピニオン制度は、治療に関する相談だけを受けというものです。また、他の医療機関での試飲団や治療で悩んでいる方の相談もお受けしています。確かな知識と技術で、きっと良い結果になるようにとしっかりと相談をすることができます。
レストラン

レストラン

病院内にはレストランが備え付けられていて、様々な種類の食事を楽しむことができます。また、全品テイクアウト可能になっています。

看護部の概要

看護部

看護部

看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

日本大学医学部附属板橋病院は、1935年(昭和10年)板橋に開設、78年の歴史ある病院です。
地域に密着した医療を提供し、中核的役割を担っている大学病院です。
救急医療、急性期医療を主体とし、がん連携拠点病院としての役割をはじめ高度先進的医療を提供するために専門性の高い医療・看護の提供に努めております。
患者さん中心の「安全」で「安心」「信頼」のできる看護サービスの提供を目指し、専門性の高い、心の通う看護を提供できる看護師の育成に努めております。
新人看護師の基本的看護技術習得研修(ポートフォリオ研修)の充実を図り、参加しやすい環境を整えています。教育体制はクリニカルラダー制を取り、ジェネラリスト育成からスペシャリスト育成へと個人の目標が達成できるプログラムとなっています。
看護師としてどのような看護をしたいのかは皆さん一人ひとり違います。そこで私達は少しでも良いサポートができるように支援してまいります。
一緒に頑張ってみませんか。お待ちしております。
看護部長  立原 幸子
新人教育の風景

新人教育の風景

新卒の入職希望がとても多いので、少しのミスが命取りとなる病院では教習中でさえも失敗することは許されません。ですが、ここ日本大学医学部付属板橋病院では、新人なのだからできなくて当たり前、と言った考えの新人さんはほとんどいません。新人さんが自分自身でしっかりと努力していく姿勢が見られます。また、プリセプターがつきっきりで仕事を見てくださっているので、疑問などはすぐに解決し、少しの間違いでも指摘してもらえるので、細かなミスもどんどんと減っていきます。
看護師寮

看護師寮

看護師専用の寮です。大阪大学医学部付属板橋病院では3箇所に設置されていて、どの寮も板橋病院まで徒歩10分以内で、家賃は月に25,000円で済むことができます。エアコン、キッチン、ユニットバスが完備されていて住み心地も抜群です。また、年に1度忘年会が実施されていて、仕事のことを忘れて盛り上がることができます。家から職場が遠いという方におすすめします。
看護部

看護部

看護部の募集要項

募集要項

募集要項

応募方法・選考方法

応募方法
試験希望日を明記の上,下記の書類を提出してください。
1.履歴書(写真貼付) 1通(本学指定履歴書 PDF)
2.成績証明書(免許取得予定者) 1通
3.卒業(見込)証明書(免許取得予定者) 1通
4.免許証の写し
※助産師・保健師学校の方は,看護師免許証の写し

選考方法
書類選考,小論文,面接,健康診断

新卒者はもちろん、看護経験のある方なども募集しています。

昇給

年1回 4月に実施

給与例(平成28年度)

資格学歴初任給主要手当賞与等年収見込
助産師大学卒221,70068,8001,452,2004,954,100
保健師大学卒221,70068,8001,452,2004,954,100
看護師大学卒217,50068,6001,424,7004,873,700
3年課程卒216,10068,5001,415,5004,846,900
2年課程卒210,50068,2001,378,9004,739,800
説明会

説明会

就職を考えている人向けに看護部の説明会を行っています。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |