訓練無しで楽しめるパラセーリングについて! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

訓練無しで楽しめるパラセーリングについて!

凧揚げの凧の気分になって楽しめるパラセーリングですが、パラセーリングは特別な訓練をしなくても楽しめるのです!そんな大空を舞う事が出来るパラセーリングについてまとめてみました!

もし海外でパラセーリングをする場合、チップはいくら渡せば良いの?

ハワイ・オアフ島旅行で参加したアクティビティのひとつに、「パラセーリング(parasailing)」があります。パラセイリングは、身体にパラシュートを装着し、海の上を走る船に引っ張ってもらうアクティビティです。
チップについては、全員のアクティビティが終わり、船が島に戻る頃になると、周りの外人さんが皆1人$10.0を手に持っていました。なので、参加者1人につき$10.0が相場なのかな?と思います。
ただ、口コミを見ると「チップは$5.0にしました」という方もいるので、満足度によって変えてみてもよいのかもしれません。
わたしは、船を降りる際、1人チップ$10.0を手渡しました。
海外でパラセーリングを楽しむ場合、チップを用意しておく事を考えておいた方が良いみたいです。
チップはおよそ5ドルから10ドルが相場であり、その時の気持ちなどでチップを変えてみると良いかもしれませんね。

サイパン2013 パラセイリング – YouTube

訓練は必要なの?

特別な訓練などが必要なのか?というものですが、大した練習なしで楽しめるのがパラセーリング最大の特徴といえます。同じ「パラ」が付くアクティビティでも、パラグライダーなどは練習は必要になりますが、パラグライダーの場合は基本はインストラクターさんが下で上手にナビゲートしてくれますので安心して下さい。着陸もインストラクター任せで大丈夫です。
是非、大空を舞う魅力を味わってみることをお勧めします。
パラセーリングは特別な訓練が必要なのかと思ったのですが、特別な訓練をしなくてもパラセーリングは楽しめるそうです。
これはパラセーリングの最大の特徴と言えるのではないでしょうか。
大した練習無しで大空を舞えるのは良いですよね。

パラセーリング@グアム – YouTube

凧揚げの凧になった気分になれる!

「キャー!!!」私達は大声で叫びます。さっきまで乗っていた船がどんどん離れていき、小さくなっていきます。風が強いからなのか、たまに体が左右に振られスリルを演出します。
しばらくたつと、しっかりとした安定感が訪れ、風に身体が降られることもなくなりました。下を見れば、青い海と周りに広がる山々が見えます。「わ~、すごいね、綺麗だね~」私達は上空で言い合いました。
あまりにも安定していて、感覚としてはまるで凧揚げの凧にでもなった気分です。もっと揺れればいいのに!と思ったほどです。しばらくして慣れてくると、私はきょろきょろと周りを見渡しました。
後に繋がれている友達の足がピーンと伸びていているのに気づき、ギューと握ってみました。「足が筋肉痛になりそう!」と彼女は言いました。彼女は恐怖から足の力を抜くことができない様子でした。
確かに、高さを意識してしまえば、恐怖心も湧いてきそうな高さです。この距離から、もし海に落ちたら・・・と考えてしまえば、怖くもなるかも知れません。
しかし、私達はライフジャケットを着ているので、もし海に落ちても海に浮くことができるでしょう。私は、まったく怖くありませんでした。
体が左右に振られればかなりのスリルがあると思いますし、思わず興奮して叫びたくなってしまいますよね。
ただ基本的にパラセーリングは安定感があると言われており、風が無くて安定した頃には青い海と青い空を眺めることが出来るそうです。
友達と一緒にパラセーリングをして会話をしながら上空を飛びたいと思いますし、その飛んでいる姿はまさに凧揚げの凧とも言えるでしょう。
高さを意識していると飛んでいる事に対しての恐怖心が沸いてしまうかもしれませんが、そんな時は高さを意識しないようにしたいところです。
ちなみに体験する方はライフジャケットを着用するそうなので、これならもし海に落ちた場合でも安全ですよね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |