FXで勝ちたいならソロスを追え | キュレーションメディア

FXで勝ちたいならソロスを追え

ジョージ・ソロスとは?

ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 – )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人の投資家・投機家、慈善家。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。「イングランド銀行を潰した男」(”The Man Who Broke the Bank of England”)の異名を取る。
投資家及び慈善家であると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで哲学の博士号(Ph.D.)を得た哲学者、自由主義的な政治運動家、政治経済に関する評論家としても広く認められている。自身を「国境なき政治家(”stateless statesman”)」と称す(この呼称はもともとマケドニアの元首相ブランコ・ツルヴェンコフスキから与えられたものであり、それを気に入ったソロスが以来自称するようになった)。また、ブルームバーグの億万長者ランキングによれば彼は、2015年9月の時点で世界で24番目に、米国で17番目に裕福な個人である[2]。個人資産は277億ドル[3](2015年9月)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B9
240px-George_Soros_47th_Munich_Security_Conference_2011_crop
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B9
すごい肩書きの多さに知らなかった人は本当か?と思わず疑ったりなんかしないでくださいね。中でもイングランド銀行を潰した男ということなどは国に正面切っての為替戦争を仕掛けたりと様々なサプライズを生んでいます。これらのことについて少し深く見ていこうと思います。とは言っても85歳にして未だに現役の為替トレーダーというから、そちらの方にも驚いてしまいます。

嘘のような本当の話

1990年、イギリスはEC諸国の為替を一定の枠に収めようとする通貨管理体制ERM〔欧州為替相場メカニズム〕に参加しました。
ERMは現在の統一通貨『ユーロ』を実現させるための第一歩でした。
ソロスは、「これは誤った行動だ。」と考えました。
イギリスの経済は強くない。ERMへの加盟はイギリス経済を西ヨーロッパ最強の経済力にリンクさせることを意味する。・・・つまり東西ドイツ統合を完了した 新生ドイツに。
(中略)
ポンドに対して攻撃を仕掛けてもいい時機だと考えたのはファンドのチーフ・トレーダーであるドラッケンミラーでした。彼はソロスに相談を持ちかけ、ソロスは彼にゴーサインを出し、ドラッケンミラーが当初考えていたよりも大きな額を投入するよう指示しました。
そして、ドラッケンミラーはソロスのために100億ドル相当のポンドを売ったのです。
その夜、ソロスは良く眠れたそうです。
翌朝7時、ソロス宅で電話がなりました。ドラッケンミラーからのいい知らせでした。
「全てうまくいった。」との報告でした。
ジョージ・ソロスは眠っている間に9億5800万ドルの利益を上げました。

http://www.gaitameonline.com/academy03.jsp?GNO=214
frankfurt-66840_960_720
https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E8%A1%8C-%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E9%8A%80%E8%A1%8C-66840/
一夜にしての利益が凄すぎです。自らの信念の過程で莫大な利益を気づき上げたソロスだけに、その言動が世界に与える影響というのは未だに計り知れないものがあります。結局、ご存知のようにイギリスはユーロを導入していませんが、おそらくこの時の出来事も若干は考慮されているのではないでしょうか。

天才が生んだチャート

ソロスチャートとは、冒頭で述べた通り「比較対象国家間のマネタリーベース比と為替レートの関係」を見たものです。投資家として有名なジョージ・ソロス氏が考案した事でこの名が付いています。
マネタリーベースとは、「中央銀行が供給する通貨」の事で、ここでの中央銀行は、日本なら日本銀行、米国ならFRB(連邦準備制度)にあたります。ハイパワード・マネーやベースマネーと呼ばれる事もあります。中央銀行によってマネタリーベースの定義が若干異なりますが、日本銀行の定義なら、
マネタリーベース =「市中に出回っているお金である流通現金」 + 「日銀当座預金」
=(「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」)+「日銀当座預金」

天才投資家、ジョージ・ソロスが考えたソロスチャートの有効性!


天才と言われたソロスだけに通貨の対象というだけにとどまらず国と国の分析にまで及んでいます。FXの統計で経済関連の分析と通貨に関する分析の両方を同時に、ある程度行いたいという場合には非常に参考になるのではないでしょうか。FXをやっていくのなら今後もソロスに関する話題はチェックしておいたほうがいいかもしれません。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |