【バラ科?ツツジ科?】意外と知らないブルーベリーのコト! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【バラ科?ツツジ科?】意外と知らないブルーベリーのコト!

目の疲労回復で有名になったブルーベリーですが、そのルーツを知っている人は少ないようです。ここでは、ブルーベリーが何科で原産地はどこなのか?他のベリー類との違いは何なのか?について調べてみました。

真紅、紫、青などの色素をもった植物に含まれている、水溶性のフラボノイドです。ブルーベリーは目によいといわれていますが、それはこのアントシアニンの作用によるもの。アントシアニンには、紫外線や化学物質による目の細胞のDNA(デオキシリボ核酸)の損傷を防ぐ働きや、活性酸素による目の組織の酸化ダメージを改善する働きがあります。また視力や視点調節機能を改善したり、生理不順を改善する作用も報告されています。  アントシアニンを含む代表的な植物は、ブルーベリーのほか、グランベリー、赤カブなど。最近話題の黒豆にも含まれています。

マキベリーの原産地はチリの南部パタゴニア地方です。
他のベリー類とは違い、現在も天然のマキベリーしかないみたいです。
味としては、濃厚なぶどうジュースに近く、別名、チリのワインベリー、もしくはパタゴニアン・ブルーベリーと呼ばれています。
最高の抗酸化作用を持つ「デルフィニジン」、それから目の疲れに効く「アントシアニン」が豊富に含まれています。

・デルフィニジンの効果
抗酸化作用・抗炎症作用・血糖値を下げる(糖尿病予防) が有名です。
他にも動脈硬化の予防や光障害の抑制など、豊富なメリットを持ちます。

・アントシアニンの効果
目の疲れ(眼精疲労)改善・育毛作用・抗炎症作用・抗酸化作用

なんと、マキベリーにはブルーベリーの約12倍のアントシアニンの量が含まれています。

マキベリーって何?

アントシアニンはポリフェノールの一種です。
つまり、ブルーベリーの濃い青紫色に含まれています。
貯蔵性はないが、即効性はあるので、パソコンなどを使う3~4時間前に摂取するといいでしょう。

ブルーベリーの有効成分『アントシアニン』とは?

ビルベリーは北欧ではジャムやジュースでお馴染みのようです。
日本だとサプリメントの印象が強いでしょうか。
効果としてはブルーベリーの強化版ですから、サプリメントで摂取するならお勧めですね。

サプリメントでよく聞く『ビルベリー』って何?

ビルベリーはブルーベリーの一種で、濃い青紫色の果実をつけます。フィンランドやスウェーデンなどの北欧のラップランド地方で野生に育っており、約7mmの小さな果実が特徴で、果肉が柔らかく、つぶれやすいことが特徴です。

ビルベリーの果実は、内部までしっかりと色素が詰まっており、一般栽培種のブルーベリーと比べて約5倍ものアントシアニンが含まれています。
ビルベリーの果実は、太陽の光を受けてアントシアニンを作りますが、北欧のラップランドでは、夏、一晩中太陽が沈まない『白夜』と呼ばれる現象が起こります。
ビルベリーにアントシアニンがたくさん含まれるのは、北欧特有のこの自然条件によるものなのです。

ブルーベリーの原産地は北米。アメリカの先住民にとっては貴重な果物だったようです。ただし、本格的に栽培が始まったのは一九二〇年ごろ、日本へ入ってきたのも五一年以降。食用の栽培果樹としては比較的新しいフルーツと言えます。

 最近ではガーデニングブームや栽培の手軽さから、家庭園芸にも取り入れられやすく、低木の小果樹として人気があります。根が浅いことから鉢植えも可能で、春には白色(または薄紅色)した小さな釣り鐘状の花を咲かせ、夏には青い実を付け、秋には照葉として紅葉も楽しめます。

ブルーベリーの木は背が低いので、ベランダでも栽培可能です。
また、あまり手間も掛からない上に育てやすい特徴があります。
それほど園芸の知識がなくても、余程のことがなければ果実が食べられますからお勧めですよ。

北米原産でも家庭菜園できるブルーベリー

同じベリーと付いていても、それぞれ全く違う科のフルーツなんですね。
でもよく見てみると、ラズベリーとブラックベリーはイチゴのような粒々がたくさんあります。
クランベリーとブルーベリーとは色は似ていますが、見た目がけっこう違いますよね。

ベリー類の違いを知ろう!

ラズベリーやクランベリーなど「○○ベリー」という名前のものは同じ仲間のように思いますが、じつはそれぞれ分類が異なります。ラズベリーとブラックベリーは「バラ科キイチゴ属」で、いわゆる「木イチゴ」の一種です。

クランベリーはブルーベリーと同じ「ツツジ科スノキ属」で、グーズベリー(スグリ)とカシス(クロスグリ)は「スグリ科スグリ属」です。 北海道の特産であるハスカップは「スイカズラ科スイカズラ属」になります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |