姫路赤十字病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

姫路赤十字病院の看護師転職求人のご案内

姫路赤十字病院は兵庫県姫路市にあります。日本赤十字社兵庫支部が運営しています。赤十字に移管したのは1908年で100年以上の歴史があります。1968年には病弱学級を開設し、現在の日赤学級の前身となりました。平成にはいってしばらく経つと建物の老朽化等の理由で移転しました。姫路市の住民のかかりつけ病院として、地域に密着した医療を提供しています。

病院の紹介

 (12036)

移転前の日赤病院です。
 (12037)

こちらが移転後の新しい病棟です。
大きくキレイになりました。
 (12013)

院長の佐藤 四三先生です。
これからの日本社会は世界に類を見ない高齢社会を迎えますが、2015年はすべての団塊の世代が高齢者に突入する年であり、これに対応するため医療・介護分野にとって大きな改革を起こす出発点になります。
今までの医療は救命・延命、治癒、社会復帰を前提とした『病院完結型』の医療でありました。しかし高齢社会では、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう行政・医師会を中心に各医療機関、介護施設、福祉施設等がお互い連携をし、地域全体で治し、支える『地域完結型』の医療と介護、いわゆるより良い地域包括ケアシステムを構築することが重要と考えております。
姫路赤十字病院はこの中で高度急性期・急性期の機能を担い、その機能を強化し、このシステム構築に積極的に参加し、地域の皆さまとともに医療を支えていきます。これを目指すために当院では様々な取り組みを行っています。  
救急医療だけでなく高齢化社会に対応した、地域密着型の医療を提供しています。
当院は地域がん診療拠点病院としてがん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供等の機能を備え、地域におけるがん医療の充実に努めています。 
がん治療は手術療法・化学療法・放射線治療が大きな柱ですが、最近需要が伸びている放射線療法を充実するため、最新の放射線治療装置を更新し、昨年6月より稼働しています。  
現代の成人の発症率の高いがんにも積極的な治療を行っています。
とくに放射線治療においては最新の機器を導入しています。
病院理念である心のかよう安全で良質な医療を実践するには人材育成・研修は重要であります。これまでも教育研修推進室を中心に活動してきました。昨年2月大学病院で研修に使用しているような高度な機能を備えたシミュレーターを整備することができ、これを機に良質な医療を提供するため、そして安心の医療を提供するために、教育研修推進室のさらなる機能充実を計画中です。
平成16年に初期臨床研修制度が始まっていますが、臨床研修指定病院としてこれまで多くの研修医を育てて世に送り出しています。若い先生方が来ていただくことはこの地域が活性化されます。医師数を確保することは地域の皆様に有益でありますが、本年は初期臨床研修医の定数が10名より14名に増員許可を得ることができました。少しでも地域に貢献できればと考えています。
人材の育成にも力を入れています。
内科、循環器内科、小児科、小児外科、外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科・口腔外科
標榜診療科一覧です。
病床数は555床あります。

看護部の紹介

 (12019)

看護部長の三木 幸代看護師です。
心身の病院の基本理念に基づき、患者さん一人ひとりを尊重し、安全な療養環境を提供し、安心できる看護を実践できるよう、入院から退院まで担当看護師が中心となり、固定チームで関わっています。患者さんの安全を最優先した行動が取れるリスク感性の高い自律した看護師を育成しています。また、入院中のみならず退院後の QOL(生活の質)の向上を考えて医師・看護師・コメディカルがチームをつくり、家族を交え治療方針を話し合う試みを行っています。そして、看護師一人ひとりが看護の仕事を通してやりがいを感じ、この組織で出会えて良かったと思える様な組織づくりをめざしています。
チームでの看護、患者さんの安全を最優先にしています。
その中で、看護師一人一人が成長を実感できるような教育を施します。
1.一人ひとりを尊重し、患者・家族が医療に参画できる看護を実践します。
2.赤十字職員として災害救護活動に従事できる人材を育成し、積極的に活動します。
3.高度専門医療が提供できる地域中核病院の看護師としての責務を果たします。
4.知識、技術、人間性を磨く教育・研修・研究を推進し、看護の質の向上を図ります。
5.やりがいをもって働き続けられる魅力のある職場をつくります。
6.健全経営の維持に貢献できる看護体制を作り看護を実践します。
看護部の基本方針です。
当院では、入院患者さんの退院調整に力を入れているので、退院調整カンファレンス(患者さんの入退院に関して他職種で話し合いする場)をはじめ、若いスタッフでも積極的に退院調整に関わることができます。
看護スタイルです。
責任感を持って、自分で考えて行動ができるのでやりがいを感じることができます。
 (12030)

集合研修の様子です。
 (12031)

緩和ケア認定看護師の井上 豊子看護師です。
"緩和ケア"とは、がんの患者さんとそのご家族の方に対して行う積極的・全人的なケアです。痛みやその他の症状を緩和し、環境を整え、"その人らしく"生を全うできるよう援助することです。ですから、"緩和ケア"は、がんの治療ができなくなった人だけが受けるケアではなく、がんと診断された時点から苦痛 な症状を緩和するケアとして実践されるケアです。

活動内容
・疼痛への援助(鎮痛薬・麻薬の使い方・副作用対策など)
・疼痛以外の症状への援助(呼吸困難・消化器症状・リンパ浮腫・倦怠感など)
・精神的苦痛への援助(不安・不眠など)
・がん患者さんのご家族への援助
・療養場所の相談
緩和ケアチームの一員として、医師や薬剤師・MSW・臨床心理士などと協力して苦痛な症状が少しでも緩和できるように援助していきます。

認定看護師の方も多数活躍しています。
緩和ケア認定看護師を目指す方には先輩がきちんと指導をしてくれます。
 (12033)

小児救急看護認定看護師の不田 貴希看護師です。
男性の看護師の方も多数在籍し、活躍しています。
小児救急看護認定看護師には、救急医療現場で、子どもの身体状況の判断を確実に行い緊急度の判断、育児不安や虐待への対応、家庭における初期対応指導、子どもの事故予防指導などの役割があります。
子どもの救急医療現場において、緊急度や重症度に応じた適切な援助方法の選択が実践でき、速やかな対応ができるよう努めています。これを院内トリアージと言います。また、子育てをされる上で未然に防げる子どもの事故については幅広く情報を提供し、子どもの事故防止の推進を図っています。看護師および関連領域のスタッフを対象とした小児救急に関した勉強会を企画・開催するなどの活動を通して小児救急看護の質的向上に努めています。

活動内容
・小児トリアージの実施と普及
・子どもの一次救命処置・二次救命処置の普及
・子どもの事故予防
・家族に対して自宅での初期対応(ホームケア)の指導
・小児虐待への対応

子供のトータルな安全と健康を常に考えながら看護に当たっています。

中途採用情報

5.応募資格看護師(助産師)免許取得者または
       看護師(助産師)免許取得者見込者
6.応募方法
(1)自筆の履歴書(当院指定様式)
(2)看護師(助産師)免許の写し(取得見込者は不要)
(3)学業成績証明書
(4)卒業見込証明書(既卒者は卒業証明書)
以上の書類を揃えて姫路赤十字病院人事課人事労務係宛に郵送ください。
※希望する試験日をメモ等でお知らせ下さい。
7.応募締切
 応募書類は試験日の10日前迄に提出願います。
8.試験日平成28年6月4日(土)
 平成28年7月2日(土)
 平成28年7月29日(金)
9.選考方法筆記試験(作文)、面接
10.結果発表試験後1週間~10日(本人宛に書面にて通知予定)
募集要項です。
病院見学会も随時行っています。
詳しくはホームページを参照してください。

福利厚生の情報

 (12024)

すでにエアコン、洗濯機、冷蔵庫、オートロックが完備されているワンルームマンションです。
プライベートがきちんと確保されてます。
 (12025)

職員食堂です。
九階にあり、見晴らしが良い展望食堂です。
安くて様々なメニューがあります。
夕食会にも使うことができます。
 (12026)

クラブ活動で余暇を楽しむことができます。
 (12027)

子育て中の家庭には保育所などの育児を支援してくれる施設があります。

アクセス

 (12029)

姫路赤十字病院へのアクセスはバスでの通院が便利です。
「日赤病院前」駅で降車し、すぐです。
有料の駐車場も完備されています。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |