携帯電話は「ぜいたく品」?自己破産しても持ち続けられる? | キュレーションメディア

携帯電話は「ぜいたく品」?自己破産しても持ち続けられる?

多大な借金や多重債務などで自己破産を考えている人にとって、破産によって持っている財産を処分されるということが一番の心配ごとだと思います。今では生活必需品となっているスマートフォンや携帯電話などは、端末代金も高額なものが多いですが。処分する必要があるのでしょうか?

自己破産するのに処分する必要があるものは?

Free photo: Money, Currency, Inflation, Crisis - Free Image on Pixabay - 93515 (13573)

「自己破産」と聞くと、全財産を処分してまる裸になるようなイメージを持ってしまいがち
ですが、実際はそうでもないようです。自己破産で処分する必要がある財産というものは
どのようなものでしょうか?
破産手続は,破産者の財産を処分して金銭に換価し,それを債権者に公平に弁済・配当するという手続です。したがって,自己破産においては,破産者の方の財産を処分することが必要となってきます。

この処分しなければならない「財産」には,不動産・動産などの物だけではなく,金銭の請求権などの債権,著作権などの無形の権利なども幅広く含まれます。

さらに,換価できるのであれば,権利とはいえないノウハウなども,ここでいう財産に含まれると考えられています。

Free illustration: Keys, Hands, Own, Buy, Sell, Home - Free Image on Pixabay - 1317390 (13572)

うーん・・なんとなく分かったような、分からないような感じですが。
それでは逆に処分しなくてもいいものは何でしょうか?

自己破産で処分しなくてもいい「自由財産」とは?

Free photo: Credit Squeeze, Taxation, Purse - Free Image on Pixabay - 522549 (13571)

従来の破産法においては、自由財産となる金銭の額については、 標準的な世帯の1ヶ月間の必要生計費(民事執行法131条3号)を基準として政令で定める額(33万円)の2ヶ月分(66万円) とされていました。新しい破産法では、破産者の生活の維持を図るため、3ヶ月分に相当する額(99万円)の金銭を自由財産とし、 破産者の経済的生活の再生の機会を更に確保することとしています。
最高で99万円まで手元に残しておいてもよいということですから、当面の生活は確保できる
ということですね。現金のほうは分かりましたが、家にある家財道具や「携帯電話」などは
残しておけるんでしょうか?
Free photo: Wallet, Cash, Credit Card, Pocket - Free Image on Pixabay - 1013789 (13576)

差押禁止財産とは?

◎差押禁止財産(家財道具・電化製品)

☆1点のみ差押禁止動産(複数ある場合は1点のみが対象)

・テレビ
・ビデオデッキ
・DVDレコーダー
・ラジオ
・パソコン
・冷蔵庫
・エアコン
・掃除機
・洗濯機
・電子レンジ
・湯沸かし器
・鏡台

※複数ある場合でも、その他の財産と合計して「99万円以下の財産(現金を含む)」であれば、裁判官の判断によって、処分されない場合もあります。

☆すべて差押禁止動産

・洋服タンス
・ベッド
・食器棚
・食器具
・調理器具
・冷暖房器具(エアコンは除く)
・DVD(ソフト)
・CD(ソフト)
・漫画
・ゲーム
・生活していくのに必要な衣類

その他、「実印・仏像・位牌・礼拝に欠かせないもの・農業、漁業、大工さんなど、その職業に欠かせないもの・義手・義足などの身体補助具」なども差し押さえの対象外となります。

Free illustration: Appliances, Refrigerator, Microwave - Free Image on Pixabay - 993782 (13574)

意外といろいろなものを処分せずに持っていても良いということで少し安心ですね。
しかし肝心な「携帯電話」のほうが入っていませんでしたが、こちらは少し複雑なので
別に紹介しますね。
自己破産後に行う携帯電話の新規契約ですが、基本的には、携帯電話の各事業者が判断することになります。その判断材料ですが、重要なのは、携帯電話会社のネットワーク情報です。各社では料金延滞記録を持っており、それを共有していますので、過去に他社で延滞の実績があれば、新規契約の審査に通るのは難しいでしょう。

その他のケースとして、自己破産前から継続して使っていた携帯電話については、利用料金を滞納していて、それが自己破産の対象に入っている場合は、免責後は当然使えなくなります。
また、利用料金ではなく、携帯電話端末の購入費を、利用料金とあわせて分割支払い中に、自己破産した場合は、どうなるのでしょうか。これは、携帯電話会社と交渉して端末代と使用料を分けてもらい、端末代を免責する、という対応が可能です。

Free photo: Ios, New, Mobile, Gadget, Pad - Free Image on Pixabay - 1091302 (13575)

なるほど、すでに携帯電話を持っている人が自己破産をした場合は、端末の料金の残債があるか
ないかによって違うということ。
自己破産後の新規購入に関しても「一括購入」以外は難しいということですね。
また、当然のことですが携帯電話の使用料金を滞納していて、それを自己破産して債権免除にした
場合は強制解除されてしまいますので注意して下さいね。

これなら一括購入もOK!格安携帯電話

もし自己破産によって携帯電話の契約を解除されてしまったという人は
少しでも早く、安く次の携帯電話を手に入れたいですよね。
「一括購入」も難しくないおすすめの格安携帯電話を紹介しちゃいます。

価格.com – 格安スマホ – 端末・料金プランを徹底比較

価格.com - 格安スマホ - 端末・料金プランを徹底比較
【価格.com限定キャンペーン実施中!】最新格安スマホを徹底比較。端末本体やデータ量で料金プランを比較・検討し、通信料金を節約しましょう。格安スマホは安いだけでなく、大手携帯キャリアと同じ回線を利用するのでインターネットや通話の品質も安心です。
端末の分割購入は出来ないので「一括購入」で探してくださいね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |