男性用の育毛剤は使うべからず・・・女性には女性用の育毛剤を! | キュレーションメディア

男性用の育毛剤は使うべからず・・・女性には女性用の育毛剤を!

薄毛が気になる女性は、年齢とともに増えてきています。育毛剤を使ってみようと考えて、ご主人の育毛剤を使っていたりしませんか?女性と男性の薄毛のメカニズムは全く違います。余計に薄毛を進行させてしまう可能性もありますよ!

薄毛で悩む女性は急増中!

女性の薄毛治療|大阪市梅田のAGA治療専門病院 脇坂クリニック大阪 (191)

年々、髪に悩みを抱えている女性が増えてきています。
薄毛・抜け毛は男性特有のものと思われがちですが、現代社会において薄毛に悩む女性は意外と多く、日本国内でも推定600万人もの女性が薄毛に悩んでいるというのが現状です。

つまり10人に1人の女性が「女の命」ともいえる髪の薄毛・抜け毛について悩んでいるのです。

かつては50歳以降の女性が圧倒的でしたが近年は30代の女性でも薄毛で悩み来院が増えています。 食生活の乱れ、過度なダイエット、ストレス社会の現代において、更年期とおなじような症状が30代、40代でも現れるようになりました。

ここ数年で頭髪治療・薄毛専門病院に訪れる女性患者数が増加しています。頭髪治療専門クリニックに訪れる女性患者数は3年間で約2.7倍の伸び率となっています。女性が病院での発毛や薄毛治療を考える事は、珍しい事ではなくなってきました。

薄毛で悩む女性は年齢を問わず多い!

薄毛の原因|AACクリニック銀座 (199)

薄毛や抜け毛などの髪の悩みは20代から50代にかけての幅広い年代に渡っていて、年齢は問わないようです。
「薄毛」は一度気になり出すと、周りからどう見られているのか気になって仕方がない、という方もいらっしゃいます。
髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピーク。その後は密度・太さともに衰えていき、30代後半ころから髪のうねりも目立ってきます。そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えます。

旦那さんの育毛剤を使っていませんか?余計に薄毛を進行させますよ!!!

シャープ製の携帯電話に2016年から日時を正しく表示できない不具合 | ちほちゅう (197)

近年は、女性の社会進出が進んだ結果、女性の方も生活習慣が不規則になることが増えてきました。
また、髪の毛を染める人が増えたので、頭皮や髪の毛が傷みやすくなり、その結果育毛剤を使用しないといけないような状態に陥っている女性が増えているようです。
最近、薄毛、抜け毛になってきたから育毛剤を買おうかしら、でも、お店で買うのも恥ずかしいし夫の育毛剤を借りて使ってみよう!と思っている奥様はいませんか?
でも、夫の育毛剤を使うと返って髪の発育を遅くしてしまう可能性もあります。
女性が育毛剤を使用する時、気をつけなければいけないのは、「女性は女性用の育毛剤を使用する」ということです。
男性は皮脂の分泌量が多い、女性よりも刺激に強い傾向にあるので、皮脂を排除する成分や、さらなる血行促進する効果が高い成分を育毛剤に配合しているのです。そのため、女性は男性用育毛剤を使用しない方がいいのです。
男性にいい成分はあるけど女性にはあまりよくない成分が入っている場合もあり、そのせいで女性ホルモンのバランスを崩してしまい体調を崩してしまう事もあります。

男性と女性では薄毛の原因が違います

男性の薄毛には男性ホルモンの影響が関与していることが多いようです。
しかし、女性の薄毛には加齢やストレス、生活習慣の乱れといったことが関与していることが多く、薄毛の原因がそもそも男性と女性で違うことが分かります。
薄毛の原因|AACクリニック銀座 (198)

薄毛は、ヘアサイクルが乱れることによって起こります。
そのヘアサイクルの乱れにも、男性と女性で違いがあるのです。
男性は、男性ホルモンによって髪が成長する「成長期」の期間が短くなります。
それにより、髪の毛の成長が途中で止まり抜けてしまいます。
女性は、髪の毛の成長がストップする「休止期」に抜け毛が増え、髪の毛が減ってしまいます。
男性ホルモンには髪の毛の増殖を抑えてしまう効果があります。そのせいで髪の毛がどんどん薄くなっていき抜けてしまう髪の毛が増えていくのです。

男性用の育毛剤には男性ホルモンが増えるのを抑える効果が入っている物が多くあります。しかし、女性にはもともと男性ホルモンは少ないです。むしろ、無いに等しいかもしれません。
女性が男性育毛剤を使った所で男性ホルモンを抑える効果があるものを使っても大きな効果は見られない場合が多いです

男性型脱毛症は、前頭部から髪が薄くなるケースと頭頂部から薄くなるケースがほとんどです。前頭部の薄毛は男性ホルモンの影響、頭頂部の薄毛は老化や生活習慣の要素が強いと考えられます。これに対して女性は、頭頂部を中心に全体的に頭髪が薄くなることが多く、主に老化や生活習慣の乱れによる毛根への栄養不足が原因と思われます
男性と女性では抜け毛や薄毛の原因が異なっていることがあります。
男性が薄毛になってしまう原因は男性ホルモンが影響していることによって、薄毛になることが多いのです。
よって、育毛剤では男性ホルモンを抑制させることによって、育毛を促進させることが多いです。

一方で女性の薄毛の場合は、生活習慣の乱れや老化によって引き起こされることが多いです。

男性用と女性用の育毛剤、その違いは?

男性と女性で薄毛のメカニズムや原因が異なることが分かりました。
そうなると当然、男性用と女性用の育毛剤が違う成分でできていることが分かりますね。
知ってると、ちょっと便利な日常で使える計算方法を集めてみました! (201)

男女それぞれの育毛剤に含まれている構成成分に、違いがあることは事実です。
なぜ、構成成分に違いがあるのかといいますと、そもそも男性が薄毛になる理由と、女性が薄毛になる理由が違うからです。
薄毛に悩んでいる女性の方が育毛剤を使う際は、必ず女性用の育毛剤を使ってください。

男性と女性では、同じ育毛剤の成分でも、男女で成分の許容量が異なり、副作用の心配があるからです。

例えば、育毛剤に使われることの多い、「ミノキシジル」や、妊婦が触ることすら禁止される「フィナステリド」といった成分などは、女性には刺激が強いです。そのため、女性でも安心して使える成分と含有量を守った育毛剤であることが重要です。

男性用の育毛剤には男性ホルモンの働きを抑制させる成分が含まれていることが多いです。
また、髪の毛を正常に生やすための栄養分が豊富に含まれていて、血行を促進させるような成分も含まれています。

女性用の育毛剤に関しては、男性ホルモンを抑制させる成分は含まれておらず、それ以外の成分は男性用と共通していることが多いです。

女性の薄毛の原因としては、老化、ストレス、間違ったケア、生活習慣や食生活の乱れを挙げることができます。
また、髪の毛が薄くなる場所は、ほとんどの場合頭頂部が多く、男性とは違って全体的に薄くなっていきます。
そのため、女性用の育毛剤の構成成分としては、頭皮の乾燥を防ぎ、栄養分を与える成分が多く含まれていると言えるのです。
女性の場合、年齢のせいで脱毛してしまったりストレスで脱毛してしまったりすることがほとんどです。
また、過激なダイエットで脱毛してしまうこともありますし髪の毛の脱色やパーマの繰り返しで脱毛してしまうこともあります。
つまり女性の場合、ホルモン調節は必要ありません。
男性育毛剤は男性ホルモンをおさえる成分が入っているのですが、女性育毛剤には入っていません。
女性育毛剤は頭皮を清潔に保つための成分や、頭皮が元気になる成分が中心となり入っています。

女性は女性用の育毛剤を使いましょう。

【恋愛心理】女性が男性の前で「髪をさわる」ワケ|KamiMado(かみまど) (202)

年齢とともに髪にボリュームが無くなってしまったような・・・。
そんな薄毛の悩みは多くの女性が抱えている問題です。

育毛剤を考えている女性のみなさん、旦那さんの育毛剤を使ってはいけません。
育毛剤にも種類があり、男性用の育毛剤の多くは男性ホルモンを抑制するタイプのようで、女性が使っても効果が現れにくいことがあります。

また、男性用では刺激が強すぎて頭皮を傷めてしまうことがあり、余計に薄毛を進行させてしまうことも考えられます。

女性には男性と違った薄毛のメカニズムがありますので、女性専用の育毛剤がお勧めです♪

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |