ショートステイで働くやりがい及び必要な資質とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ショートステイで働くやりがい及び必要な資質とは

看護は終わりが見えない戦いです。看護する人の強い味方になっているのが、ショートステイです。そこで働く看護師のやりがいや、働くにあたって必要となる資質、ショートステイのおすすめポイントを見てみましょう。

ショートステイで働く看護師のやりがいとは

いつもと様子が違うと介護士から報告があった場合もどうするかは看護師が決めます。ショートステイの中には、要介護度の重い人もいるため看護師の果たす役割も高まってきています。
看護師の責任も重いので、やりがいを見つけることもできます。
 (8124)

医師がいない場所で、判断を自分で下す場面も出てきます。

ショートステイのおすすめポイントは

ショートステイで働く看護師のメリットは、比較的残業が少ないということです。基本的に元気な人たちが滞在するショートステイでは、何らかのトラブルがない限り残業は行いません。
ショートステイでの勤務は基本的に利用者の健康管理になりますから、急なトラブルのない限り、命にかかわるようなことにはなりません。そのため、精神的にも楽に勤務ができるのもメリットです。
 (8150)

命が関係するような緊迫した場面は少ないので、緊張せずに働くことが出来ます。

ショートステイで働く看護師に必要な資質は

•老人看護が好きな人
高齢者の気持ちや状態、必要な介護や看護を考えながら接していくことのできる看護師が働いています。
患者様は様々な今後の不安や現状の病状に関する不安を打ち明ける表出の場が必要です。その中で様々な不安を受容し、前向きに解決策を模索していく過程が重要です。ですから、患者様から不安を打ち明けられてもすぐに安易に解決策を提示するのではなく、患者様の主張を引き出すような傾聴の仕方が重要です。
 (4895)

相手の話をよく聞き、理解を示す態度が必要です。
ショートステイでは毎回利用者が変わるため、介護状況や病状、服薬している薬なども多種多様です。そのため看護師はなるべく多くの知識が必要とされます
 (4900)

お世話する人の顔ぶれが毎回違うので、管理しないといけない薬の種類も変わります。
ショートステイでは少なからず家族や介護者の方のリフレッシュ期間としての役割もあります。そのため家族の方が負担に思っていることはないのかなどを聞き、総合的にアセスメントすることが大切です。
介護者の問題や状況を理解できる看護師が求められています。
高齢者の看護経験があるとより働きやすいでしょう。
 (4898)

高齢者のお世話の経験があると役立ちます。

ショートステイで働く看護師が目指すものは

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護をこころがけましょう。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成は自信と満足感をもたらします。
 (4901)

出来ることは自分でしてもらうことで、自尊心の維持に役立ちます。
ショートステイでは看護師がカバーする仕事が増えるので、病院で働くのとは別のやりがいがあります。介護が必要な高齢者のお世話が主な仕事なので、話を聞く姿勢や、お世話に必要な知識があると役立ちます。
高齢者とその家族を支える仕事をしている実感が持てるので、やりがいを感じられる転職先と言えるでしょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |