転職するならどっちがお得?地方V.S都市の看護師事情。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

転職するならどっちがお得?地方V.S都市の看護師事情。

地方と都市部でお給与や働き方、忙しさなどを比べてみました。都市出身者には分からない地方あるあるもまとめてみました。

給与がいいのはどっち?

一人暮らし - Google 検索 (6323)

東京の最低労働賃金は850円程度、これに対して九州の地方部では650円程度。20%以上もの差が出てくるのです。給与にもその程度の違いが出るということを知っておく必要があるでしょう。
都市部だと、家賃や生活費が高くなるということが知られています。が、地方でも実家暮らし出ない限り、生活費は必要となってきます。車をもっていないと通勤もできないような状況も珍しくありません。給料の差ほど、生活費の差は大きくないのです。
私が東京の某大学病院で働いていた時、北海道の田舎から転職してきた看護師さんがいました。その看護師さんは、「お給料がすっごい上がってビックリした!」と言っていたのが印象的です。私は、最初から東京の病院に就職したので、東京でのお給料が高いと意識したこともなかったのですが、やっぱり地方と比べてみると、東京のお給料の水準はかなり高いようです。

その北海道からきた看護師さんは、「最初の給料明細見たときに、ビックリしすぎて、明細の名前と額を確認しちゃったよ。こんなにお給料が違うなら、もう地元に戻って働く気がしないなぁ。」とまで言っていました。基本給だけでなく、夜勤手当などの各種手当も高かったので、仕事の忙しさや夜勤回数は変わらないのに、手取りで5万円以上増えたそうです。忙しさや勤務時間が一緒なのに、それだけ違うなら、ビックリしますよね。

一人暮らし - Google 検索 (6324)

都市部の人材募集だと、夜勤手当を含めて月給50万円近く。これに対して、沖縄での人材募集は月収30万円程度。かなりの差があることが分かると思います。

実際の賃金は、各案件を詳しくみないと比較できませんが、都市部と地方では確実に1割程度の給与の差は出てくると思っておくといいでしょう。

沖縄と都市部では平均で月に20万ほどの違いが出てくるんですね。

都市部と地方では差があるのはなんとなく分かっていましたが、こんなにも違うものなんですね。

具体的な数字を見るとびっくりです。

同じ看護師だけど、仕事の忙しさに違いはあるの?

一人暮らし - Google 検索 (6322)

一般に、仕事は都市部の方が激務だと言われています。人材が不足し、少ない人数で現場を回さなければならない。三勤制ではなく、二勤制・・・などなど、労働条件が過酷な職場が多いと言われているのです。
しかし、これもあくまで一般論であって、例外はたくさんあります。地方でも、勤務条件が過酷な職場はたくさんあります。また、都市部であっても、入院施設がないクリニック・診療所なら夜勤はありませんし、定時労働が可能です。都市部・地方部というだけで、仕事の忙しさを語ることはできないのです。

需要と転職の難易度

看護師業界は、全体的に売り手市場(人材が不足しており、募集が多く採用されやすい状況)だと言われています。この傾向は、都市部か地方部かではさほど変わりません。敢えて言うなら、都市部の方が若干人材が不足している傾向にあります。

ただ、医療機関の競争も激しく入れ替わりが激しいのも都市部の特徴です。気軽に採用をしてくれる代わりに、多くの人材が気軽に職を離れています。長期で安定的に働きたいという場合には、都市圏の中でもかなり考えてから就職をしなければなりません。

ライフスタイルに合った働き方を見つけたいなら都市部。

一人暮らし - Google 検索 (6325)

地方は、クリニックにせよ病院にせよ数が限られているので、さまざまな働き方を選ぶことはできません。
これに対して、都市部では看護師の働き方の多様化が急激に進んできています。
ツアーナース・派遣労働・夜勤専業など、様々な種類をセレクトすることができるのです。
新しいライフスタイルを確立したいと言う方には、まさにピッタリの地域ということができるでしょう。
地方では看護師のキャリアアップと言える、専門看護師・認定看護師の資格を活かす職場の数は限られている。
せっかく苦労して、キャリアアップをしても、その資格が活かす職場が少ないのも地方看護師の悩みの種となるだろう。
都市部は病院も求人の数も多いので夜勤なしや午前中のみ・土日休みなど

いろいろな働き方が出来ますし、自分のやりたい仕事・科を選びやすいという利点があります。

一人暮らしをしたいなら都市部がお勧め。

一人暮らし - Google 検索 (6321)

看護師寮があるので転居しやすい
大都市近郊は看護師の給与が高いので、大都市近郊の病院に転職すれば年収をアップさせることができます。地方から東京に上京して看護師をしたいと思っている人もいるでしょう。

大都市近郊には、一人暮らしの看護師のための独身寮や借り上げ住宅を用意している病院がたくさんありますので、地方から転居してきても家賃の負担がありません。年収もアップし、自由に使えるお金も大きく増えることになります。

地方あるある?期間限定の求人が多い。

一人暮らし - Google 検索 (6327)

地方都市では、地域によっては期間限定の求人も出てきます。例えば東北などでは、冬季限定で求人が出てくる事も珍しくありません。
これは、冬の豪雪によって通勤が困難になり退職してしまう人や休んでしまうが続出するため、雪の期間だけ人員を補充するといった方法なのです。地方都市での転職には、こうした事も考慮して職場を探す必要もありそうです。
雪の間だけの求人!!
これは都市部出身者には分からないことです。
リゾートバイトのような感覚もありでしょうか。

地方あるある?地元の人間を優遇しがち?

地方都市での求人で多いのが、「地元の人優先」という扱いです。これは経験者にしかわからない事ですが、暗黙の了解のような形で、地元の人を優先的に採用する企業が多いのです。ただ、看護師の場合にはとにかく人材不足が問題となっていますので、地元優先とはならない可能性が高いと言えますが、訪問看護などの場合には土地勘がある事が優先される可能性もあります。ですから、地方都市への転職を考えている看護師は、豊富な経験と意欲を武器に面接を乗り切るのが良さそうです。

地方あるある?運転免許が必須!

一人暮らし - Google 検索 (6326)

地方都市では、運転免許が必要となります。公共機関があまり発達していない地方都市への転職では、車通勤が大前提になると考えてください。もちろん、地方都市でも公共機関の発達している地域なら問題はありませんが、運転免許は持っていた方が有利だと言えます。また、地方都市では、職場に無料駐車場が完備されている事が多く、都会と比べて経済的な負担は少ないようです。ただ、ガソリン代は都会より高いと思って下さい。車が絶対的に必要である事の足元を見るかのように、価格は高く設定されています。プライベートでも、車が必要になると言えます。地方都市では、バスや電車の数が少なく、深夜まで運行しているという事はまずありません。近所のスーパーへ買い物…も、徒歩で行ける事はあまり多くありません。場所によっては、コンビニエンスストアすら、車で行く必要がある…という事もあります。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |