【人気】ニュージ―ランド産のローヤルゼルの品質とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【人気】ニュージ―ランド産のローヤルゼルの品質とは

ローヤルゼリーは日本だけでなく、世界中の地域で生産されています。特に暖かい気候に蜂の飼育環境が適しているので、ニュージーランドには品質の良いローヤルゼリーがあるそうです。

【女性】ローヤルゼリーの体験談

ローヤルゼリーは更年期の女性の味方

著作者Stuck in Customs

著作者Stuck in Customs

「ローヤルゼリーカプセル ニュージーランド産」の評価が非常によいことが分かりました。お値段も比較的安く,これなら続けていけると思います。

実際に飲んでみると,わたしにとっては非常に飲みやすいです。
飲み始めてまだ1ヶ月ほどですし,わたし自身先にあげたような持病を持っているわけではありませんので効果の方はまだ分かりませんが,これからの健康にきっと良いということを信じて,これからもこのローヤルゼリーを飲み続けていこうと思っています。

ロヤルゼリーには女性ホルモンに似たデセン酸という成分が多く含まれています。
このデセン酸は自然界ではローヤルゼリーにしか存在しませんが、ホルモンバランスを正常にする作用があるんです。

また、自律神経を整えるアセチルコリンもローヤルゼリーには豊富です。
このようにローヤルゼリーには女性に嬉しい成分が多く含まれているので、更年期の方には特にお勧めします。

ローヤルゼリーが多く生産されている国は台湾やタイなどです。
中国の青海省や、オーストラリアのニュージーランドも生産国として知られています。
日本もそうですが、生産されている国はどこも温暖な気候です。
これは蜂の飼育環境にとっては欠かせない条件だからです。

ローヤルゼリーは世界中で生産されている

温かい地域ほどローヤルゼリーの品質は上がるようです。
そういう意味では世界のどこでも管理をきちんとしていれば、品質は問題ないと言えます。
海外生産されるローヤルゼリーの場合は鮮度のほうが重要かもしれません。
広大な土地と恵まれた環境で養蜂されており、気候の関係もあって生産量は余り多くはありません。更に日本から遠い所に位置するため、鮮度保持が難しいこともあり、輸入量もそれほど多くはありません。

「ニュージーランド産」日本での流通量は少ない

さすがに生ローヤルゼリーは少ないです。
乾燥・調整タイプであれば、ネットから見つけることができます。
デセン酸は自然界でローヤルゼリーにしか含まれていない物質でローヤルゼリーに特有の物質です。ローヤルゼリーの効果の多くはこのデセン酸によるところが多く、そのためデセン酸の含有量が多いローヤルゼリーほど効果が高いと考えていただければと思います。

デセン酸含有量の高い高品質ローヤルゼリーは一般的にお値段も高くなります。一方でデセン酸が1.0%未満のローヤルゼリーは比較的安価で販売されています。

品質を決めるのはデセン酸含有量

ニュージーランド産でよく見られる乾燥ローヤルゼリー。
デセン酸が6.0%以上あれば、間違いなく最高級の品質です。

ニュージーランド産ローヤルゼリーの体験談

紅茶やコーヒーで飲んでしまうと『タンニン』という成分がローヤルゼリーの中の鉄分と結合してしまい吸収率が悪くなってしまいますのでこちらも注意したいですね!

ローヤルゼリーを飲むときはタンニンに注意

健康や美容に良いローヤルゼリー。
出来る限り、効果は落とさないように注意したいですよね。

麦茶であれば、タンニン量は紅茶やコーヒーの10%ほどです。
ローヤルゼリーと一緒に飲むときはお勧めです。

毎朝体がだるく朝起きるのが大変なのと、肌荒れや生理痛のつらさを緩和したいと思いローヤルゼリーを飲み始めました。

購入前から即効性がないことは分かっていましたが、飲み始めて1ヶ月頃から朝起きるのが楽になってきました。また、飲み始めて3ヶ月くらいすると肌にも張りが出てきたような気がしました。周りの人から言われたわけではないので、目に見えて肌の調子がよくなったわけではないと思うのですが、自分自身で感じられとても嬉しく思いました。

更年期障害の中でも悩んでいる女性「ホットフラッシュ」にも効果があるといわれているんですよ。ホットフラッシュは放っておいても治るものではありませんので、ローヤルゼリーで緩和するのならうれしいですよね。ローヤルゼリーはなぜホットフラッシュをはじめとした更年期障害によいのでしょうか?「デセン酸」という成分が更年期の女性の強い味方になってくれるんですよ!
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |