グルコサミンサプリメントの選び方を考えてみた | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンサプリメントの選び方を考えてみた

グルコサミンの効果そのものは広く知られているところですが、どのサプリメントを選んだらよいかは難しいと思いますので、調べてみました。

グルコサミンを利用する方のほとんどは毎日飲み続けると思います。
そこで副作用があるのかどうかを調べてみたところ、絶対にないとは言い切れないようです。
グルコサミンは元々体内で生成される物質なので、ほとんどの方は多少多めに摂取しても問題ないそうです。
しかし稀に、皮膚の異常、胃のむかつき、頭痛などが起こることもあるので注意しましょう。

成分同士の相乗効果で関節が良くなったら沢山走りたいですよね。

毎日飲むからこそ効果・価格・安全には注意したいところです。
グルコサミンがコンドロイチンとの相性がいいのは有名ですが、MSMやケルセチンとの相性も非常によいようです。どちらの成分もグルコサミンと一緒に摂取することで、相乗効果があることが医学的に報告されています。どちらもサプリメントとして販売されているのでお勧めです。
サントリー健康科学研究所(所長:木曽良信、大阪府三島郡島本町)は、順天堂大学医学部 生化学・生体防御学講座 長岡功教授ら監修のもと、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸(サメ軟骨抽出粉末)、ケルセチン配糖体※1の組み合わせが、ヒトの膝関節の痛みを緩和することを明らかにしましたので、第38回日本関節病学会(2010年11月18-19日、京都府)にて発表しました。
グルコサミンと一緒に摂取するとよいといわれている「MSM」という成分があります。ここでは、MSMの特徴をお伝えするとともに、グルコサミンとMSMを組み合わせて摂取することで期待できる効果をご紹介します。
現状で、グルコサミンサプリに使われているグルコサミンには3タイプあります。

①N-アセチルグルコサミン
②グルコサミン塩酸塩
③グルコサミン硫酸塩

このなかで1番“生体内利用率”が高いと言われているのが“N-アセチルグルコサミン”です。分子が小さいので吸収されやすいのです。
今までメジャーとされていた“グルコサミン塩酸塩”の約3倍と言われています。

グルコサミンと他の成分との組み合わせ

一口にグルコサミンサプリメントと言っても、その種類は非常に多いです。
販売しているメーカーも多いですし、成分に違いがあったり、他の成分が含まれていたりと、選択肢が多すぎて迷ってしまうと思います。
ここではそんなグルコサミンサプリの選び方を調べてみましたのでご覧ください。

グルコサミンのサプリメントはどう選ぶ?

1. 不純物のないもの
不純物が多いとせっかくの有効成分の働きを阻害してしまう恐れがありますので、購入する際は必ず成分表をチェックしましょう。
2. 分子量の小さいもの
同じ量のグルコサミンを摂るとしたら、分子量の小さいもののほうがより効率的に摂取できます。
3. 飲みやすい形状のもの
一般的には錠剤のものが多いのですが、錠剤やカプセルが苦手な方は、水などにサッと溶ける顆粒のものもありますので、飲みやすい形状のものを選びましょう。

グルコサミンって副作用はあるの?

グルコサミンは人間の体の中で合成される成分であり、サプリで適切に摂取することについても大きな危険性はないと考えられます。しかし、グルコサミンを過剰に摂取することによって、胃痛や胸焼け、便秘、下痢などの軽い胃腸症状が発生する危険性が指摘されています。
1日あたりのグルコサミンの適切な摂取目安は、1,000mg~1,500mgとされています。何でもそうですがグルコサミンもまた摂取すればするほど良いというものではありません。
●甲殻類にアレルギーがないかどうか
グルコサミンの原料によく使われるのが、カニやエビなどの甲殻類。これらの食材にアレルギーがある人は、アレルギー反応を起こす可能性があるので気をつけましょう。その場合は植物性のグルコサミンを服用するのがベストです。

●糖尿病を患っている場合
市販のサプリであれば、基本的に悪影響はないそうですが、血糖コントロールが上手くできない患者さんは飲まない方が良いそうです。グルコサミンを摂ることで、インスリンが効きにくい状態になってしまうとのこと。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |