《転職を考えている人に警報》ブラック病院の求人に注意! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《転職を考えている人に警報》ブラック病院の求人に注意!

転職した後、再就職した会社がブラック企業だったらあなたならどうしますか?そんなことのないようにブラック企業とは何か、見分ける方法はないのか、まとめてみました。

ブラック病院ってなに?

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1071)

ブラック病院の定義は色々なものが存在しますが、看護師から見たブラック病院の見分け方を紹介しています。いくつか定義はあります。
・働いている看護師に過度な心身への負担がある。
・看護師に極端な長時間労働。
・定めている残業時間が極端に長い。
・友人の看護師に入職を進めれない病院である。
上記のような病院がブラック病院としてまずは認められます。上記なような病院は通常存在しますが、看護師不足により、かなり過度な病院が増えています。だからこそ看護師転職を考えるときには、かなりの注意が必要になってきます。
看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1074)

ブラック病院ってどんな定義

若い看護師職員を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使い潰し、次々と離職に追い込む。ブラック病院問題の被害の対象は主に正職員である。将来設計が立たない賃金で私生活が崩壊するような長時間労働を強い、なおかつ若手看護師を「使い捨て」るところに「ブラック病院」といわれる所以がある。

ブラック病院の定義については多少のブレはありますが看護師の働きにくい環境であることには

間違いありません。

せっかく意を決して転職しても、こんなブラックな病院ではまた1からやり直しになってしまいます。

ブラック病院ってこんなところ。

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1069)

常に募集している病院はブラック病院の場合が多いよ。
20代と50代の看護師が多い病院は悪いって聞きますね。
看護師求人サイトのコンサルタントがやけに押す求人かな。
患者への態度や対応が悪いところはブラックでしょ。
患者の口コミが悪いところを私はブラックと判定!
給与がやけに高いところは危険!
「当病院は働きやすくアットホーム」と掲載がある求人。
面接で残業時間答えないところ。
勤続年数は必ずチェックしようと思う。
電話対応が悪いとブラック率も高いと思う。
新設オープンは確実ブラック病院化してる。
見学で挨拶しない看護師がいる病院はブラックだ!
一般企業でもありますよね。ずっとパートさんを募集している会社。

残業が長かったり、残業代が出なかったり。

病院でも同じなんですね。でも看護の仕事は誰にでも出来るものではないし、

患者さんにとってもマイナス要素です。

絶対避けたい!ブラック病院を見分けるコツ。

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1066)

全職員数に対して求人数が多い
当たり前のことですが、医師やスタッフ、看護師を含める病院側の従業員数が300名に対し、募集する看護師数を100名募集している職場だった場合、あなたはどのように思いますか?
①新設部署やかなりの事業拡大を考える病院
②看護師が不足していてアップアップの病院
③看護師の退職や転職が相次いでいる病院
この3つのパターンの内どれかになります。お分かりになると思いますが、新設部署ができる場合はそのような募集方法を取るので、①だという可能性は低く、”いい病院”ではなくブラック病院と言えます。しっかりと数字で確認することが大事です。
常に看護師求人を出している病院

看護師の口コミの中にもありましたが、常に看護師求人を出している病院は危ないんです。私は看護師求人サイト(紹介会社)を利用して転職を行います。その際にブラック病院に転職しないためにやることは、紹介された求人が求人募集を色々なところでしていないか、インターネットを利用して調べます。病院のホームページなどに行くのではなく、どれぐらいの求人を募集しているかを注目することで、ブラック病院かどうか判断しますね。また、「病院名 評判」などでも患者に声を聞きます。

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1067)

ブランクOKどころか、経験者限定の病院は注意!
特殊な業務を担うセクションや専門性が高い職種以外は注意が必要です。経験者限定の病院であれば、即戦力がほしいぐらい、看護師スタッフの質はあまり良くないでしょう。さらに新人やブランク明けの看護師職員を教育する余力や教育制度が整っていない病院は経営方針として看護師を育てようという意識が低いのでブラック病院になりがちですので注意しましょう。

ブラック病院の逆。ホワイト待遇病院はこんなところ。

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1072)

看護師にとって働きやすいホワイト待遇の病院とは?

病床数に対して看護師の割合が多い
年間104日以上の公休がある(120日以上だと◎)
給与・福利厚生・雇用条件のバランスがとれている
人間関係や職場の雰囲気が良好
ドクターの数が充実している
転職してきた看護師が多く定着している病院

これだけの条件が揃っていたら、転職先の候補にしても良いでしょう。

自分ではブラック病院を見分ける自信がない人のために。

看護師 ブラック病院 - Google 検索 (1075)

転職サイトでは、これまでの数多くの看護師の転職をサポートしているため、
色々な看護師から病院の評判や口コミを聞いています。

だからこそ「○○病院は先月集団退職があったばかり」という情報や、
「○○病院は昔医療事故があったので医療安全面が危険」など、
普通は聞けないようなブラック病院情報を聞くことが出来ます。

失敗のない転職活動をするためにも、
ぜひ看護師転職サイトに相談してみてください(^^)

一般的に見てホワイトな待遇の病院だったとしても、『やりがいが見いだせない』『通勤が不便』『必要な託児施設が完備されていない』『スキルアップできる環境がない』といった不満があるとしたら、それは自分にとって良い職場とは言えません。

「最低条件としてブラックな待遇の病院は避け、さらに自分が理想とする条件を満たす職場を探していく」ために、看護師転職サイトを上手に活用していきましょう。

自分ではなかなか気づかなかったことも第三者の人材紹介会社が間に入ってくれることで

うまくいくこともありますし、自分だけでは探しきれなかった情報も簡単に手に入るので

利用する価値あり!ですよね。

しかも利用料は一切かかりません。

うまく利用して、素敵な職場とご縁があるといいですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |