心筋梗塞や心臓病など命に関わる病気が多い<循環器科>転職先の職場としては? | キュレーションメディア

心筋梗塞や心臓病など命に関わる病気が多い<循環器科>転職先の職場としては?

循環器系は心筋梗塞や心臓病など命に関わる病気が多く、看護師さんは心電図が読めることが必須。病状の細かい変化にも注意する必要があるので、かなり神経を使う職場です。

循環器科は心筋梗塞や心臓病など命に関わる病気が多くストレスがたまる職場ですが、やりがいのある転職先だと思います。心筋梗塞や心臓病は食生活のせいか最近とても増えてきたような気がします。現在の仕事内容に不満な看護師さんは循環器科への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

循環器科にもいろいろある

 (7017)

循環器科はスキルアップを考えている看護師には、オペ室、脳外科と並んで人気がある診療科の一つです。最新技術を駆使した専門的な治療を行っている医療機関を希望する方も大勢います。

検査入院をメインに行っているところや24時間体制で救急の受け入れを行っているところ、術後のリハビリに力を入れているところなどひとくちに循環器といっても様々な病院があります。

循環器科看護師の仕事内容

 (7018)

via goo.gl
循環器科における看護師の仕事内容は、他の診療科と同様、外来での診療介助や検査器具等の準備・後片付け、入院患者の健康管理や経過観察などといったことがメインとなります。

循環器科では主に、血液の病気や、心筋梗塞や狭心症、心不全などといった、心臓疾患の患者を看護することとなります。こういった疾患はとくに中高年の男性に発症するケースが多いため、看護師としても、中高年の男性の看護をするという機会が多くなります。

急患や重症患者の出やすい科でもあるため、専門的な知識や技術のほか、迅速に対応できる能力が求められることとなります。また重症患者の看護には、CCUでの業務も求められることとなります。CCUでは基本的に、患者の身の回りのケアというのが中心となります。

循環器科での役割

 (7019)

循環器科の疾患は心筋梗塞や致死的不整脈など命に直結するものも多いですので、「心電図の波形がいつもとちょっと違う」、「患者さんの汗の量がいつもより多い」などちょっとしたことを見逃さず、それを急変や病気の増悪と結び付けて考えられるか否かが、患者さんの生命の左右することになります。

また、循環器科の疾患は生活習慣病が原因となっているものが多いですので、日頃の生活習慣を改善する必要があります。心筋梗塞で入院し、一命を取り留めた人が、入院中は規則正しい健康的な生活を送っていても、退院し自宅に帰ったら、また元の不健康な生活習慣に戻ってしまい、病状が悪化して、再度入院してくることも珍しくありません。

そのようなことがないように、循環器科の看護師は、入院中からその人のライフスタイルに合わせ、無理のない実現可能な生活習慣の改善方法を提案し、指導していく必要があります。

注射・採血などの看護スキル

 (7020)

注射や採血、血圧測定などの基本的な看護スキルが正確に行えること。循環器の疾患は、命に関わるものも多いので、基本的な処置でもミスは許されませんし、必要とされる検査の数も多いです。

そのため看護師としても非常に忙しい職場になりますが、そのぶんやりがいは十分でしょう。

心電図を読むスキル

 (7021)

循環器系の看護師に必要なのは、心電図を読むスキルです。基本的な心電図の読み方は看護学校でも習いますが、細かい波形まではわからないという人は多く、循環器科の看護師になってから必死で勉強したという人も少なくありません。

心電図を読むのは簡単ではありませんが、循環器科の看護師にとっては必須ですし、読めるようになればオペ室やICUなどで働くときにも役に立ちますので、勉強しておいて損はありません。

循環器科の給料と給料アップの方法

 (7022)

循環器科での看護師の給料は経験年数、地域、医療施設によって差はありますが、基本的に一般的な診療科と大きな違いはなく、外来やクリニックだと20万円~25万円、夜勤ありの病棟だと25万円~30万円ということが多いようです。

ただ、循環器科の中でもCCUやHCUに配属されると、夜勤回数が増えますし、特別手当がつくことがありますので、お給料は少し高くなるでしょう。

循環器科での給料アップ方法は、CCUやHCUに配属希望を出すことのほかに、専門性を高めていく方法があります。循環器科の専門的な知識・技術を持てば、それだけ職場に貢献でき、評価されますので、昇進・昇給につながっていくでしょう。

循環器科の傾向

 (7023)

・患者回転率が早くとても忙しい
・入退院が多い
・緊急入院が多い
・救急対応が多く、覚えることがたくさんある
・循環器科を希望する看護師はとても多い
・希望者は学習意欲の高い人が多い

循環器内科と循環器外科の違い

循環器科には循環器内科と循環器外科の2種類があり、どちらかによっても、看護師の仕事内容や役割というものは多少異なります。

まず、循環器内科というのは、薬物療法やカテーテルなど、手術を行わない治療を提供する科となります。そして、循環器外科では、開胸手術など、大きな外科手術が行われています。

規模の大きな総合病院では、一括りに循環器科として診療科が設けられているというのが一般的となりますが、小規模の医院やクリニックなどでは、循環器内科のみが設けられているという場合が多くなっています。他にも心臓内科や、血管・心臓内科などと、呼ばれていたりします。

循環器内科での看護師の役割

 (7024)

・ 医師の指示に従って点滴や採血
・薬の管理
・入院患者の食事や排せつ介助
・心電図や心エコーといった検査の準備や補助
・患者の誘導

命を預かる”やりがい”

 (7025)

循環器科に転職する看護師のメリットは、忙しくとも患者の命を預かる大切な仕事をすることで、常にやりがいを感じることができるという点でしょう。心臓や血管の疾患をもつ患者が集まる循環器科は、まさに生命の維持に関わる大切な科です。

難度の高い手術が行われることも多く、そういった患者のケアを行うことで、看護師として日々成長することができます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |