最新の技術を使った医療チームで働くことができる転職先<放射線科>とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

最新の技術を使った医療チームで働くことができる転職先<放射線科>とは?

大変ですが、最新の技術を使った医療チームで働くことができるという自負がやりがいにつながる仕事です。チーム医療が好きで、スキルアップの意欲がある人には、非常に充実した毎日が過ごせる診療科になるでしょう。

放射線科は大まかに言うと、放射線によって検査を行う画像診断部門と、治療部門である放射線治療科とに分かれます。他の科に比べるとあまりなじみがないのですが、最先端医療を行っていると言う満足感を味わえると思います。今の職場に満足していない方は転職してみてはいかがでしょうか。

放射線科とは

 (7193)

放射線科は、放射線を用いて疾病の診断、検査、もしくは治療を行う診療科です。放射線科は大きく3つの部門に分けることができます。

①診断
治療のための画像診断として、エックス線、レントゲン線、CT(コンピューターによる断層画像)、MRI(電磁波による画像)、超音波やガンマ線などを用いて、患部の画像を作成し、診断を行います。

IVR(インターベンショナルラジオロジー)を用いた血管内放射線治療・カテーテル治療も放射線科で行います。X線やCT、MRIを使いながら血管などにカテーテルを挿入し、血管塞栓術や血管拡張術、血管溶解、肝細胞がん治療などに利用します。

②核医学検査
心疾患、脳血管障害診断に使用するSPECT、がんの早期発見に使用するPETなどがこれに当たります。ガンマ線を放出する薬剤を静脈注射し、ガンマカメラで臓器形態・機能を画像化します。

③放射線治療
放射線治療のほとんどががん治療です。手術、化学療法以外のがん治療の大きな選択肢であり、色々な放射線を使ってがん細胞や一部の良性腫瘍に放射線を照射し、治療します

看護師に必要なスキル|看護師は新しい技術の勉強が必須

 (7194)

看護師も常に新しい技術について勉強を続ける必要があるのです。ここでも看護師の仕事は患者さんやその家族への説明が主となります。放射線での治療ということで不安を感じる患者さんも多いのですが、それを説明・説得するのが看護師の役割です。

看護師のメリット|看護師として高い知識と経験が身につく

 (7195)

最近は、「放射線」に対して過剰に反応する人も増えており、その安全性について詳細な説明を求められることも少なくありません。看護師自身が放射線や機器についての十分な知識を持っていないと、素人である患者さんやその家族がわかるように説明するのは難しいので、看護師も説明できるだけでなく、内容をしっかり理解しておく必要があるのです。

このように放射線についての高い知識と経験が身につくのは放射線科の特徴であり、常に最新の技術についても勉強する放射線科の看護師は、やりがいのある仕事だと言えます。

画像診断部門(一般的な放射線科)

 (7196)

まず放射線科で働く看護師の仕事内容のうち、従来の画像診断部門について、レントゲン造影、消化管造影、血管造影、SPECT、CT、MRI、PET、超音波検査などを行います。

これらの仕事は、放射線技師や放射線科医が主体となって行い、看護師の仕事は意思や技師と連携し、手助けをすることです。具体的には検査前の各種検査器具を準備すること、検査の前後に患者さんとその家族に対して検査内容を説明し、納得してもらうことです。

放射線科における看護師の役割は重要で、こうした説明役がいないと患者さん自身が不安になり、最悪の場合検査に悪影響を及ぼしかねません。身近な存在である看護師が検査内容を伝え、検査の重要性について説くことで不安要素を取り除いていかなくてはならないのです。

治療部門(放射線治療科)

 (7197)

放射線科看護師の仕事内容・役割のうち、放射線治療科と呼ばれる治療部門の仕事があります。一緒に放射線科・放射線治療科と呼ばれることもありますが、放射線治療科では検査だけでなく治療も行うのが最大の違いです。

放射線の強さを加減し、人体をすり抜けて内部を見ることができ、体内に放射性物質を注入して反応する部位を見ることで検査を行います。放射線治療科においては、放射線を強く照射して、疾患の原因となる部位を除去するのが基本方針です。

こうした治療のほとんどががん治療であり、放射線治療科の役割はほぼがん治療と言えます。手術や抗がん剤治療の前に、もしくは手術や抗がん剤治療と並行して放射線による治療を行います。

正直、放射能が気になります…って人へ

 (7198)

女性なのであれば、自身がレントゲン検査を受ける際、妊娠の有無について聞かれた事もあると思います。 妊娠中はレントゲン検査はダメ、というイメージからか、放射線科で勤務していると、放射能を浴びる事になると思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。

実際、放射能を浴びますか?と聞かれれば、答えはYES、少なからず放射能を浴びる事にはなります。しかし、その量は年間に自然界から浴びる放射線量のほうが多い位で、健康、妊娠、出産には全く影響がないと考えられる数値です。

悲しいかな、看護師の仕事は3交替と昼夜逆転で働かないといけないことや身体介助など肉体労働的要素を含むことからか、流産や早産の多い職種と言われています。 そう考えた時、放射線科での勤務は病棟付きじゃなければ夜勤もありませんし、身体介助もないため、放射線科のほうが安心して働きやすいとも言えなくもないかもしれません。

放射線科へ賢く転職するには

 (7199)

もしも「年収」を重視して転職を考えるのであれば、診療内容や夜勤の有無をしっかりと確認したほうがよいでしょう。 比較的検査数の多い病院のほうが年収は高い傾向にありますし、夜勤の有無だけで年間60万円ほどお給料に差が出ます。

また、放射線科は病棟を持たないところのほうが多いですので、放射線科で経験を積んで、ゆくゆくは経験値でお給料を上げながら日勤のみで働く、という手もあります。

様々な機器を用いた検査がある分、放射線科では経験がものを言います。ゆくゆくは夜勤をしたくないけれど、それなりのお給料はほしいという方は今から放射線科の知識を身につけておくのも賢い選択です。

放射線科の看護師のやりがい

 (7200)

放射線科には、様々な診療科の患者さんが検査や治療のために訪れます。また、核医学やIVRは現在もどんどん進歩していて、いろいろな治療法の向上に役立っています。そのため。放射線科で働くと、たくさんの患者さんの治療を支えていながらも、最先端の医学に携わっていることを実感し、それがやりがいへとつながっていくでしょう。

また、IVRの場合、治療の成果をその場で放射線による画像で確認できるというメリットがあります。そのため、自分の行った業務が患者さんの治療に役立ったことをはっきりと感じ取ることで、放射線科で働くやりがいを実感することができます。

放射線科の給料と給料アップ方法

 (7201)

放射線科は外来のみの日勤業務で病棟勤務はありませんので、残念ながらあまり給料は高くなく、20~25万円が相場となっています。ただ、先進医療を行っていたり、IVRの症例数が多いような大規模な病院だと基本給やボーナスが平均より良い傾向にありますので、相場よりもお給料は少し高くなるかもしれません。

放射線科に転職した場合の給料アップ方法は、とにかく大きな病院を選ぶことです。大きな病院は、基本給やボーナスが良いだけでなく、昇給もしっかりあるところが多いですので、長年勤めればそれだけお給料がアップしていくでしょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |