栄養管理のプロになろう。栄養サポートチーム専門療法士という資格。 | キュレーションメディア

栄養管理のプロになろう。栄養サポートチーム専門療法士という資格。

看護師の転職・給料アップに大切なのは資格の取得です。やりがいのある仕事を任されるためにも、資格取得を目指しましょう。

栄養サポートチーム専門療法士って何?

栄養サポートチーム専門療法士 - Google 検索 (6296)

基本的医療の代表格といえるもので、患者の状況・症例に併せて栄養管理を行うためのチームです。

もともとは1960年代から普及した中心静脈栄養(TPN)と一緒に普及したもの。欧米から始まり、徐々に世界的に広がっていきましたが、日本ではまだまだ充分に普及したとは言えません。

しかし、国際的にはNSTが施設内の全症例に対して意見を出す権利が与えられているほどで、NST専門チームの役割はどんどん向上しています。

栄養サポートチーム専門療法士は、NSTの中でチーム医療の一環として患者の栄養管理をサポートする仕事。今後、国内でも重要性が高まっていくことは間違いありません。

資格の概要。

栄養サポートチーム専門療法士とは、患者さん一人ひとりに合った食事や栄養剤の提供など、主として静脈栄養、経腸栄養に関して優れた知識と技能を有するスペシャリスに与えられる資格です。有資格者は栄養管理計画の立案から退院後のフォローなども行えるようになります。

この資格は取得するスペシャリストの職種によって呼称が異なります。栄養士を「NST専門栄養士」、薬剤師を「NST専門薬剤師」、看護師を「NST看護師」、臨床検査技師を「NST専門臨床検査技師」と呼びます。

栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)の現状。

栄養サポートチーム専門療法士 - Google 検索 (6297)

栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)は、日本静脈経腸栄養学会が資格取得先となります。平成16年から始まった資格でまだ歴史が浅いこともあって、保有者数はまだそれほど多いとは言えません。

とはいえ、栄養管理の大切が重視されつつあるのにしたがってその人気も高まりつつあり、目指す人は徐々に増えているのが現状です。

今はまだ知名度も低く、取得者も多くありませんが、今後増えるといわれている注目の資格なんです。
現在のところ栄養サポートチームの施設基準は加算要件であり、中小の病院ではなかなか取得できない施設基準です。しかしその重要性は高まっているので、今のうちに資格を取得しておいたほうがよいでしょう。

資格取得のメリットは?

【1】NSTチームに加わることができる
栄養サポートチーム(NST)の中でチーム医療の一環として患者の栄養管理をサポート。基本的にはカテーテルの管理を行うほか、食事チェック・NST診療録の管理などを実施します。

【2】コミュニケーション力アップ
患者さんの状態をチームスタッフに周知徹底させることや、患者自身に自分の栄養状態をしっかり把握して貰うための説明をすることが必要なため、コミュニケーション力は向上します。

【3】転職にも有利に
NSTを設置している病院に転職するのであれば、非常に役立つ資格です。

NST看護師は、栄養の内容はもちろん、嚥下・摂食障害のケアなどのケアについても専門知識を有するため、高齢者の介護などでも活躍での活躍も可能です。
NST看護師は栄養面の管理だけではなく、食事をするときに注意の必要な誤飲の可能性のある

高齢者の看護にも重要な役割があるのです。

高齢者が増え、老人ホームや施設に日あるお年よりも多い今、ニーズの高まる資格なんですね。

受験資格に注意。

栄養サポートチーム専門療法士 - Google 検索 (6299)

【1】学会員 (会員)の必要性…×
日本静脈経腸栄養学会の会員でなくても可

【2】臨床経験の必要性…○
①看護師5年以上
②栄養サポートに関する業務に従事した経験
※①②のいずれも有すること

【3】講習会等への参加の必要性…○
①同学会学術集会に1回(10単位)以上
②同学会主催の教育セミナー
・①②のセミナーに1回以上の参加が必須。
・合計単位は30単位以上
・認定教育施設において合計40時間の実地修練を修了

試験の合格率は例年70%前後ですので、試験の難易度としてはそれほど高いわけではありません。

どちらかというと試験を受けるための条件のほうが厳しく、それを満たすまで大変だといえるでしょう。看護師等の国家資格を持つのはもちろん、栄養指導の実務経験や、学会の認定する教育施設での実地習練が必要であるため、それまで違う分野にいた人が急に思い立って取ることのできる資格ではないのです。

どんな分野の看護師にも受験資格があるものではないのですね。

もし、あなたが受験資格の得られる病院で働いているのであればチャンスです。

栄養サポートチーム専門療法士(NST)における看護師の役割

栄養サポートチーム専門療法士 - Google 検索 (6298)

看護師の具体的な役割は下記の通りです。

栄養療法に関する患者日常情報の収集収集と分析
経腸栄養ルートの管理維持
経静脈栄養剤の適正管理
経腸栄養剤の衛生管理
養療法に関する合併予防・発生時の対応
経口栄養への移行推進(嚥下・摂食障害を含む)
栄養障害例の抽出抽出・早期対応
栄養療法に関する問題点・リスクの抽出
治療方針の早期確立・確認
在宅栄養・院外施設での栄養管理法の指導
生活状況についての退院指導(患者・家族)
特に看護師は①患者の身体状況を確認し、正確な情報をチームにアドバイスすること、②患者に栄養状態の実状を把握してもらい、協力してもらうことが重要な役割となります。

この資格はNSTを設置している医療施設はもちろんのこと、福祉施設でも需要が高まっているため、これからの高齢化社会に向けて資格を取得するメリットは大きいです。

特に摂食・嚥下障害認定看護師を目指す看護師にとっては相乗効果の見込める資格です。

栄養サポートチーム専門療法士 - Google 検索 (6300)

NST看護師の資格を取得するメリットは、やはり栄養管理に関するプロとして、やりがいのある業務を任されるようになるということ。しかも、栄養管理は患者さんとコミュニケーションを取りながら進めていくため、充実した看護業務ができます。
看護師はその資格だけで、十分に就職に有利な心強い資格です。

しかし、看護師資格に合わせて、必要分野の資格と取れば転職や給料アップも

期待することが可能なんです。

さらにやりがいのある仕事も任されることになるでしょう。

今の待遇に満足することなくスキルアップで給料アップを狙いましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |