働きたいのに働けない。潜在看護師って知っていますか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

働きたいのに働けない。潜在看護師って知っていますか?

働きたいけど子育てがある。働きたいけど家のこともしなくきゃ。潜在看護師の中には働きたいと思ってはいる・・・という方も多いのです。そんな方が安心して働ける!と思っていただける情報をまとめました。

潜在看護師とは・・・

潜在看護師 - Google 検索 (1258)

子育てや介護などの理由で離職し、働いていない看護師。厚生労働省の推計では約71万人いるという。団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、医療・介護の分野で看護師は200万人必要とされるが、現在154万人にとどまる(12年調査)。
潜在看護師 - Google 検索 (1262)

潜在看護師になる理由は、まず職場の人間関係や労働環境の悪さに耐えられなくなってという事情があります。
その他には、看護師はいまだに女性中心の職場です。
このため、結婚や出産をして、家事や育児の担当をしないといけないので看護師の仕事ができないというケースもあります。

看護師は、あるデータによると90万人ほどいるのではないかといわれています。

慢性的に人手不足な医療機関。

潜在看護師 - Google 検索 (1259)

看護師が慢性的に不足している医療機関が、非常に多いです。
このため、看護師の配置に問題が出てきています。

たとえば、病棟勤務になれば、夜勤を担当しないといけなくなります。
看護師一人に対して、夜勤では14~15人程度の患者を担当しないといけないケースもあります。
これでは看護サービスの質がダウンしてしまいますし、医療ミスなどの重大な事象が発生する可能性も大いにあります。

そこで潜在看護師をいかにして人材活用して、看護師にかかる負担を軽減するかが問題になるわけです。

潜在看護師を職場復帰させることが看護師の人手不足を解消する近道ですね。

では、潜在看護師はどうやって職場復帰させるようにすればいいんでしょうか。

安心して看護師復帰できる環境を作ればいいんです。

潜在看護師が復帰できない理由。

潜在看護師 - Google 検索 (1263)

育児のために病院を離れた女性は、数年間のブランクがあることも決して珍しくありません。
医療の世界は日進月歩で、新しい治療法がどんどん登場します。

そうすると、自分がいま復職したところで、果たして現在トレンドの看護活動になじめるのかどうかという不安を覚える看護師の方も、少なくありません。
このため、復職できずにずるずると潜在看護師の状況を続けてしまうというケースも多くなります。

看護師が離職した原因として、看護師の職場環境の劣悪さを上げる人がかなり多いです。

たとえば、夜勤の負担が大きく、一人で何人もの患者の面倒を見ないといけないからという理由を挙げる人も少なくありません。
何人もの患者を担当することになれば、なかなか夜勤中に休憩を取ることもできなくなってしまいます。

その他には、勤務時間が長いことを離職の理由に挙げている人も多いです。
自分の担当の勤務時間を過ぎても、患者記録や報告書の作成などを担当して、残業を強いられることも少なくありません。

潜在看護師から職場復帰!失敗しないためには?

潜在看護師 - Google 検索 (1260)

ただでさえ職場選びでミスマッチが起きやすい看護師の世界。ブランクがある潜在看護師にとっては復職がしやすい状況とは言えません。

求人探しの段階では…

■条件の良い「ブランク可」の求人が見つからない

入職後には…

■復職支援体制がしっかりしていないので、仕事についていけない
■すんなり入っていけるような人間関係が構築されていない

潜在看護師 - Google 検索 (1264)

こんな失敗をしないために、潜在看護師の復職活動で強い味方になるのが、看護師専門人材紹介会社です。

条件にマッチする求人の紹介から採用対策まで、すべてのサポートを無料で利用できます。

看護師転職支援のプロのアドバイザーが「その人にどれだけのブランクがあるのか」「そしてどれだけの能力があるのか」「その人が復職する最良の方法は何か」などを的確にアドバイスしてくれるので、理想の復職が成功する可能性が格段に高くなります。

ブランクがあっても再就職ができる職場はあるの?

 (1261)

もちろん復帰できます。

安心して復帰できるようなイベントやセミナーもあります。

病院側も潜在看護師発掘に力を入れているところは多いです。

潜在看護師の多くは、ふたたび看護師として復職したいと考えています。そしてそれは医療機関でも同じことで、少しでも多くの看護師に復職してもらいたいとかんがえているのです。看護師として働いたことのある人ならご存じでしょうが、看護師は常に人手不足と言えます。その状況を改善するためにも、潜在看護師の職場復帰が望まれているのです。

医療の現場において潜在看護師の復帰が望まれている以上、ただ来て欲しいと考えているだけではありません。医療機関などで、職場復帰しやすい環境を作りあげて応援してくれています。

時間帯を指定して働けるパート形式での採用や、研修をしっかり受けられるようにするなどの環境整備が行われているので、潜在看護師の方はチェックしてみてください。

潜在看護師さんの多くは子育て中の方も多いでしょう。

そんな方の不安は「子育てと看護師の仕事を両立できるか」だと思います。

人材紹介会社を利用することで自分の病院側に対する条件をはっきり伝えた上で、

就職活動をすることが出来ますし、人材紹介会社で復職セミナーをしているところもあります。

無料なのでどんどん活用して、安心して働ける環境作りをしてくださいね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |